2014-03-02 05:02 | カテゴリ:季節モノ

最近ミュージカル関係の記事が続いていましたが(って、ネタはもっといっぱいあるんですが。。)、ちょっと箸休めに、ウィーン観光の話題をお送りしますね。

 

ちょうど阪急交通社の記事を書いたついでに、写真が余ってしまったので、ウィーン市庁舎前広場で冬に開かれている、野外スケートリンクを写真でご紹介します。

 

第一回目の今日は、この時期に美しくライトアップされている市庁舎の写真を中心にお送りします。

 

IMG_1109_thumb[2]

横から見たウィーン市庁舎。ライトアップがかっこいいです!

 

IMG_1059

ブルク劇場側のリンク近くからだと、市庁舎がとってもきれいに見えます。

 

スケートリンクは次回もっとご紹介しますが、こちらが市庁舎前の大きいほうのリンクです。

 

IMG_1011

 

こちらは、ブルク劇場側から。二つ目のリンクの照明が素敵です。

 

IMG_1076

 

これが今年の市庁舎前広場の全体像。すごい規模です。

 

IMG_0982_thumb[2]

 

そういえば、ミュージカルでスケートと言えば、「ルドルフ」で皇太子ルドルフとマリー・ヴェッツェラがスケートを滑るシーンがありましたが、これはもちろんこの市庁舎前ではなく、市民公園の裏にあるEislaufvereinのスケート場です。こちらは、市庁舎前に比べてすいているので、しっかり滑りたい方にお勧め。

 

次回は、この時期しか楽しめない!巨大スケートリンクをご紹介します。

 

 


ルドルフ ウィーン版DVD



ルドルフ ウィーン版 全曲ライブ版CD<2枚組み>



ルドルフ ウィーン版 スタジオ版キャストアルバムCD

2014-01-04 18:37 | カテゴリ:季節モノ

今日は、ウィーンでの大晦日の過ごし方を軽くご紹介します。

 

参考記事:

ウィンナーワルツとシャンパンで楽しむウィーンの大晦日とお正月

 

日本では大晦日は家族で過ごすのが定番ですが、オーストリアでは家族でそろって過ごすのはクリスマスなので、大晦日は若者は友達と集まってパーティーで新年を迎えることが多いです。

 

過去、新年を日本以外では、ローマ、パリ、ベルリン、ウィーンで迎えたことのある私としては、ウィーンの大晦日は結構好きです。

 

私は大体、例のモーツァルトの後援者ヴァルトシュテッテン男爵夫人の末裔シルヴィアの自宅(最近までホーフブルクに住んでいました)のパーティーで腹ごしらえをしてから、市街地に繰り出して別の友達と合流し、カウントダウンは市庁舎前、というのが定番ルート。もう最近はそんなやんちゃできませんが。。(汗)

 

 

IMG_5137

市庁舎前は、大晦日の昼間から多くの人や屋台、野外ステージで盛り上がります。

 

ウィーン旧市街全体+市庁舎前が、老若男女楽しめる野外パーティー会場と化します。この大晦日の旧市街の散策をSylvesterpfadといい、町中に野外ステージが組まれ、グリューワインの屋台が並び、アミューズメントパークに来たみたいでとっても楽しいです。

 

IMG_5146

こちらはフライウングの野外ステージ。昼間から何かショーをやっています。

 

人数制限もないので、ふらっと行って、ふらっと気に入った野外ステージの前で、グリューワインを飲みながらのんびりおしゃべり。

 

ただ、シュテファン広場は、爆竹をぶつけられる可能性があるので、あまり通らない方がいいとよく言われます。最近旧市街は爆竹禁止令が出たので、爆竹事故は減っているとは言いますが、なにせ若者がお酒飲んで外で騒ぐ夜なので、注意するに越したことはありません。

 

何となく真夜中になったら、野外ステージで勝手にカウントダウンしてくれるので、自分たちはシャンパン持参で盛り上がるだけでいいんです。真夜中が過ぎるとちゃんと「美しき青きドナウ」をかけてくれるので、もれなくこれでワルツを丸々8分くらい踊れます。んー。のんびり新年気分♪

 

IMG_5160

こちらは市庁舎前。まだ真夜中でもないのに、既にステージではワルツを踊っています。

 

電車は一晩中15分間隔で走っているので、そのまま帰ってもよし、朝までパーティーを続けてもよし。私なんか、何度か旧市街のたまり場で散々酔っ払い、そのままそこで朝まで寝てしまったことも。。

 

まあ、日本と違って大晦日は大騒ぎする日なので、昼間から朝方まで爆竹の音が聞こえ、日本のように静けさのある新年というわけではありませんが、これはこれでなかなか伝統行事って感じがして私は好きです。

 

あと、ウィーンでは新年のラッキーアイテムにテントウムシ、赤いキノコ、ブタ、煙突掃除人、四葉のクローバー、蹄鉄などがあって、そのアイテムの小物を友達に贈りあう習慣があります。

 

私はわざわざこの大晦日パーティー用にブタの被り物まで持っていて、この時は大活躍するのですが、この帽子をベルリンで被っていても、単なる変人扱いでしたw。これってウィーンだけの伝統なんでしょうか?

 

 

IMG_5130

ブタグッズを売っている屋台

 

IMG_5153

色んなラッキーグッズをまとめたポスター。グラーベンにて。

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

2014-01-03 18:37 | カテゴリ:季節モノ

ちょっと写真を整理していたら、2009年年末に大晦日を祝うためだけにベルリンに行った時の写真が出てきたので、ご紹介します。

 

この時はチェコの外交官の友人に誘われて行ったので、ウィーン→プラハ→ベルリンというルートを大雪の中駆け抜け、めちゃくちゃ便利なロケーションにあるチェコの外交官寮でまったりしすぎたり、アクシデント続きでしたが、あのものすごいブランデンブルク門周辺もある程度楽しむことができた久々のベルリン訪問でした。

 

DSC08326

ブランデンブルク門を入った巨大野外ステージ会場。

 

DSC08332crop

ものすごい大雪が舞う中、このレーザー光線は見ごたえがありました。

 

まあそれでも、ウィーンの大晦日のほうが私は雰囲気があって好きな気がします。ベルリンのこの野外パーティー会場は人数制限があり、真夜中直前に行っても入れないどころか、その辺の道にものすごい人数の人たちがただ立っている状態で大晦日を迎えることもあり、テレビとかで有名な花火も結構すぐ終わります。

 

この会場に入れなければ、カウントダウンも大騒ぎも自前で、結構盛り上がりに欠けるのが残念です。けど、この会場に入ろうと思うと極寒の中早い時間から会場入りしなければならず、それはそれで体力が心配なところ。

 

まあ、真夜中過ぎたら、巨大会場内の人たちは減るので、そこから入場して雰囲気を感じることはできますが、まさに後の祭り。。

 

以前ウィーンの大晦日をご紹介しましたが、やっぱり大晦日はウィーンのほうが何かと気軽で、ウィーンらしさが楽しめる気がします。

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

2014-01-01 02:34 | カテゴリ:季節モノ

ドイツ語の「よいお年を」はGuten Rutsch(グーテン・リュッチュ!)、「あけましておめでとうございます」はFrohes Neues Jahr!と言います。

 

Guten Rutschは直訳すると、「上手に(新年に)滑り込んでね!」って感じの意味です。受験生だったらどうするんだろう。。とか変な心配をしてしまいますがw

 

というわけで、再び季節のご挨拶は写真で♪

 

AT_20120101_01

ウィーンの新年のラッキーグッズはブタとテントウムシとキノコと煙突掃除人。ひょろ撮影。

 

IMG_4114

クリスマスマーケットにいた雪だるま。ひょろ撮影

 

IMG_1174

グラーベンのライトアップ。ひょろ撮影

 

 

今年も、当ブログとウィーンミュージカル専門店、ウィーン・ミュージカル・ワールドをよろしくお願いします♪

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

2013-12-25 02:35 | カテゴリ:季節モノ

オーストリアではクリスマスの本番は24日。この日に初めてツリーを飾り、Christkind(赤ちゃんのキリストの意味。外見は赤ちゃんだったり、金髪の女の子だったり)が24日の夜に持って来てくれることになっていますので、サンタの出番はありません。

 

来年のクリスマスあたり、日本やアメリカとも全然違う、オーストリアのクリスマスの伝統も紹介できたらな、なんて思っています。かなり奥が深いですよー。

 

というわけで、今日は時間もないので、写真でご挨拶♪

 

IMG_1608

アドヴェントクランツのロウソクも四つとも灯りました。

 

IMG_4118

美術史美術館前のクリスマスマーケットにて。

 

IMG_4669

Wilhelmienenbergのクリスマスマーケットの屋台にて。ひょろ撮影

 

 

 

年末年始はショップとブログが不定期になりますが、どうぞよろしくお願いします。

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

2013-11-18 08:40 | カテゴリ:季節モノ

前回の記事で、オーストリアでは11月11日聖マルティンの日に、Martini Ganslとうガチョウを食べる習慣がある、というお話をしました。

 

それでは、なぜ11月11日にガチョウを食べるのでしょうか?何となく、クリスマスやイースターのように、キリスト教の伝統の陰に隠れた、とある「におい」を嗅ぎつけたので、直観に従って調べてみました。

 

その「におい」とは!オーストリアがキリスト教化される前に住んでいた(そして今でもオーストリア人と同化している)ケルト人のにおいなんです!

 

オーストリアはカトリックの国で、クリスマスやイースターなどのキリスト教の伝統を重んじる国ですが、実は、このクリスマスやイースターも、ほんとは、土着のケルトの伝統をもとにしていて、キリスト教的解釈は後付けのことが多いんです。

 

なんだか、ガチョウを食べるってあまりキリスト教っぽくなくないですか?(笑)ガチョウってキリスト教とあまり関係ない動物だし(羊とか魚とかじゃないしね)、なんだか、土臭い感じ(爆)がするでしょ?これがケルトのにおい!(笑)

 

というわけで、調べた結果をまとめてみましたー。

 

11月11日の聖マルティンの日にガチョウを食べる習慣は、古来からのケルト人の伝統と、あとから来たキリスト教の後付解釈が入り混じっていて、典型的な「土着の伝統がキリスト教化された」オーストリアの伝統行事の一つのようです。

 

古来からこの地域に住んでいたケルト人たちは、家畜としてガチョウを飼っていました。そして、ケルトの暦で冬が始まる11月11日に、1つのつがいを残して全てを殺して食べる習慣がありました。このことから11月11日にガチョウを食べる習慣が始まったとされています。

 

その後、キリスト教がこの地域に広がり、クリスマスやイースターなどの他の多くの土着の習慣と同じく、この11月11日にガチョウを食べる習慣も、キリスト教の教義が後付されました。

 

おそらくキリスト教宣教師たちは、ケルト人たちにお祭りでたらふく食べさせた後、この翌日から40日間を「断食期間」とし、この期間が後のクリスマスの到来を待つアドヴェント期間となりました。(カーニヴァルとイースター前の断食期間の場合と同じロジックで、たらふく食べるお祭りを妨げず、そのままどんちゃん騒ぎさせておいて、その後で断食をさせる作戦です。)

 

 

そしてこのガチョウと肝心の聖マルティンとの関係ですが、結構こじつけっぽい感じですw。

 

聖マルティンは4世紀にハンガリーで生まれ、イタリアで育ち、フランスで従軍した時に奇跡を起こし、その後司教になった人物です。11月11日は聖マルティンがなくなった日のため、キリスト教の暦では「聖マルティンの日」と定められています。(この日が定められた理由は、ガチョウやケルトの伝統とは無関係です)

 

ケルトの伝統的にガチョウを食べる日が偶然「聖マルティンの日」である11月11日だったために、「聖マルティンの(日に食べる)ガチョウ」と呼ばれることになった、というのが理由のようです。

 

 

一応、聖マルティンとガチョウのエピソードは、ポツポツ三つほど出てきましたが、イマイチ決め手に欠けます。(そのうえ、なんだか結構ひどいエピソードばっかりww)

 

・司教に任命されるときに、嫌がったのでガチョウ小屋に隠れたが、ガチョウが騒いだため市民に発見されて司教になったから。(このエピソードが一番有名なようで、これについての歌もあります)

・農民が妻の病気を治してくれと、隠者をしていた聖マルティンにお願いに行った。聖マルティンは農民の家を訪問したが、よほど姿が汚かったのか、ガチョウ小屋に入れられた。

・教会でガチョウが騒いで、聖マルティンの説教を邪魔したので、ミサの後で殺してみんなで食べた。

 

また、動物全般と仲のいい聖人だったらしく、狩猟や収穫の聖人とも言われています。

 

 

聖マルティンとガチョウのエピソードがあるのはフランスですが、実際にガチョウを食べるのはオーストリアなんですから、場所が違いすぎじゃないですか?そんなに聖マルティンがガチョウと仲良しだったなら、現地のフランスで「聖マルティンと言えばガチョウだ!」って食べるはずでしょ?それが、ガチョウを食べるのはオーストリアとドイツとスイスのドイツ語圏で、フランスでは食べないんです。怪しい。。

 

 

また、この日には、ドイツ語圏の国々では、更にケルト的な行事があります。幼稚園等では、この日に子供たちがランタンを持って行列を作って進むSt Marting Umzug(聖マルティンの行列)が年中行事として行われます。

 

また、行列を作って聖マルティンの歌を歌ったり、たき火を炊いたりする習慣もあるそうです。こういうのもとってもケルト的。

 

というわけで、11月11日にまつわる伝統行事を調べていくと、やはりケルトの伝統が先立ち、キリスト教的解釈は後付けのにおいがプンプンします。

 

 

こういう、実はケルトの伝統だけど、キリスト教徒の宣教師たちが苦労してケルト人を手なずけて、いつの間にかカトリックの伝統みたいな顔をしていた、みたいな行事を調べるのが大好きなので、ガチョウのおかげでまた一つそんなイベントに巡り合えてラッキーでした♪

 

なんでそんなに、キリスト教の仮面をかぶったケルト文化が好きかって?だって、キリスト教徒ってなんだかストイックで、理屈っぽくて、あまり面白みがないのに対して、ケルト人ってなんだかワイルドでどんちゃん騒ぎして人生楽しそうなんだもん!(爆)

 

やんちゃなケルト人を、何とか理屈を付けてキリスト教に改宗させる、宣教師の苦労を思うと、なんだかほほえましくなっちゃうんだよね。ケルト人は正直キリスト教なんてどうでもいいけど、自分たちのお祭りで腹いっぱい食って騒ぎたい。けど、宣教師たちはなんだか押し付けてくる。とりあえず、こまけーことはわかんねーが、食って騒いでいいんだったらあとは好きにしていいぜ!みたいなノリだったんじゃないかなあ(笑)。

 

そのせいで、大事なお祭りは後世には全部キリスト教の看板が付けられちゃったけど、実はそれは名前と建前だけで、実際現代でも、オーストリア人がやってることはケルト人の伝統に則ってるんだよね。クリスマスの後付け感も、宣教師の苦労を考えたら、結構微笑ましいものがあります。。

 

参考サイト

Martinstag – Wikipedia

http://www.martinigans.at
http://www.vienna-expats.net/component/content/article/159-martinigansl
http://www.ffortune.net/calen/xmas/saint/martin.htm

 

 

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD

 

ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD

2013-11-17 08:40 | カテゴリ:季節モノ

ちょうど阪急交通社のブログの方で、先日食べたガチョウMartini Ganslの記事を書いたときに整理した写真をご紹介しますー。

 

オーストリアに来てこの時期にガチョウを食べるのは結構好きで、何度か有名店Zum Martin Seppで食べてるんですが、季節モノ感や、専門店で予約して食べる感じが、なんだかワクワクしますね!

 

clip_image002

秋の飾りつけがかわいいホイリゲの店先

 

 

正式には、このガチョウを食べる日は、聖人マルティンを祭る11月11日と決まっているのですが、実際には10月末から11月中旬までの間に「ガチョウあります」と看板がかかったレストランで食べることができます。

 

clip_image004

ガチョウの絵とともに、Martini Ganslと書いてあります。

 

ここで私も何度かガチョウを食べに来ていますが、皮がパリッとしていて中がジューシーで、とっても美味しいです。付け合わせには通常赤キャベツと甘いソースが付きますが、この店の栗のキャラメル風味のソースは絶品です!このソースだけデザートに食べてしまい程の美味しさですが、この甘さがガチョウに意外にピッタリです。(ガチョウよりこの栗のソースのほうがインパクトあるかもw)

 

clip_image008

ガチョウは二切れで、結構おなかがいっぱいになります。奥の白いお皿に入っているのが、キャラメル風栗のソース。その左横にはジャガイモのクヌーデル(団子)。

 

メインのガチョウ料理だけではなく、他にもガチョウ入りスープやレバーのムース、ガチョウ肉のラグーなど、ガチョウ料理のバリエーションも豊富です。また、有名なホイリゲ街のレストランだけあって、ガチョウに合ったワインのお勧めも。今回は赤のBlaufraenkischを頂きました。

 

clip_image010

ジビエ料理(狩りの獲物を使った料理)も旬ですので、鹿肉のラグーもとても美味しかったです。

 

clip_image006

今回ガチョウを食べた、有名店Zum Martin Sepp店先。

 

 

clip_image012

店内は明るく、ホイリゲ風にセリフサービスのカウンターが広々しています。ウェイターのお姉さんはモダンなディアンデル。

 

ちなみに、ドイツ語でガチョウはGans(ガンス)と言いますが、「ガチョウさん」と言った親しみを込めて語尾にLを足し、通常はGansl(ガンスル)と言います。

 

この記事は、11月第3週くらいに阪急交通社のブログに載りますー。(その前に11月第1週くらいに、ザルツブルクのサウンド・オブ・ミュージックの記事ga

出るので、こちらもどうぞ!

 

今回はMartini Ganslのご紹介でしたが、次回が本命!「なぜ聖マルティンの日にガチョウを食べるのか?」の記事です!阪急交通社の方に時数の関係で書けなかったけど、個人的にはこっちの方が気合が入ってます。

 

 

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD

 

ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD

2013-04-30 07:58 | カテゴリ:季節モノ
さて、フライウングのクリスマスマーケットと平行して開かれている、隣の広場アム・ホーフのクリスマスマーケットもついでにご紹介しておきます。

アム・ホーフのマーケットの入り口の看板は、ウサギがタマゴトとひよこを背負っています。

IMG_3460.jpg

アム・ホーフは普段から骨董品のマーケットが週一回開かれている関係で、ここのイースターやクリスマスマーケットも、いつもの骨董品のお店が、それらしい屋台に入るだけ、と言う感じです。

屋台の屋根のライトアップの感じがクリスマスマーケットを思い出させます。

IMG_3474.jpg


ただ、奥の方はこの時期だけ登場する、手作り工芸品のお店が並びます。フライウングに比べてもっと芸術的な工芸品が多く、私も毎年楽しみにしているガラス細工屋さんや竹細工屋さんもここにあります。

ガラス細工のイースターエッグ。

IMG_3476.jpg


ウサギの指人形

IMG_3487.jpg

最後に、とても今年のイースターらしい写真を載せておきます。春の到来を待ちわびて、少し早めに顔を出したクロッカスですが、季節外れの大雪に首をすくめているようです。

というわけで、いつの間にか4月末までかかってしまいましたが、ウィーンのイースターの様子を一ヶ月遅れでお届けいたしました♪

IMG_3488.jpg


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD



応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-29 07:52 | カテゴリ:季節モノ
フライウングのイースターマーケットは、真ん中にたまご売り場があり、その周りをハンドメイドの工芸品を売る屋台が囲んでいる、という形をしています。今日は、そんな屋台をいくつかご紹介します。

IMG_3415_20130404075320.jpg

お店はこんな感じで並んでいます。

こちらはおもちゃ屋さん。イースターらしく、ウサギのおもちゃが沢山ありました。手作り間のある木のおもちゃが、手軽な値段で買えます。プレゼントにちょうど良さそうです。

IMG_3421.jpg

こちらはろうそく屋さん。クリスマスマーケットと同じところにお店を出していますが、卵形のキャンドルを前面に出して、こちらもイースター風味。カラフルでいい匂いで、値段もお手軽です♪

IMG_3406.jpg

こちらは絵本のお店。イースターのお話を絵本にしたものを主に売っています。

IMG_3405.jpg

こちらは、壁掛けのお店。奥でおじさんが手作りしています。

IMG_3404.jpg


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-27 22:16 | カテゴリ:季節モノ
さて、シシィやフランツヨーゼフ、クリムトなどの有名人のたまごの次は、ウィーンゆかりの建物などの卵もご紹介します。どれも手描きとは思えない緻密さ!

こちらはシュテファン大聖堂の模様。

IMG_3446.jpg


オペラ座もありました。

IMG_3444.jpg


ベルヴェデーレまで!

IMG_3439.jpg


スペイン乗馬学校のもかわいかったです。

IMG_3434.jpg


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD



応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-25 22:07 | カテゴリ:季節モノ
色々な玉子を見ながら歩いていたら、ウィーンならではの玉子たちを発見しました!

エリザベート皇后のイースターエッグ。かなり欲しくなりました。。

IMG_3451.jpg

しかし、こんなに並んでいたらちょっと笑ってしまいます。キッチュ!

IMG_3449.jpg

ちゃんと、フランツヨーゼフの玉子もありましたが、シシィエッグの方が断然多かったです(笑)

IMG_3448.jpg

さらに!!クリムトのあの名画たちが玉子になりました!
キス!

IMG_3437.jpg


アデーレ!

IMG_3445.jpg


どれも手描きで、サイズによって8-20ユーロくらいです。シシィなどはかなり大きなたまごもあって(何の鳥のたまごだろう。。)、家に飾るとかなりの迫力になりそうな感じです。

住民としてはちょっと気恥ずかしいですが、観光客も沢山来ていたので、それなりに需要があるようです。私も観光客だったら買っていたかもしれません(笑)。


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD



応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-25 06:00 | カテゴリ:季節モノ
(翌日くらいにがーーっとまとめて、投稿前に見直した頃にはすでに、これで全部網羅しているのか、書き落としがあるのかもさっぱり分からないくらい記憶が消えていた。。とりあえず、9割方こんな感じだったかと思います。エイプリルフールから間があいてしまいましたが、下書きが沢山あって埋もれてしまっていたので。。)

さて、今年も結構がんばりました!やはりオーストリアにいると時差のおかげで、前日の16時から勝負ができるし(とは言っても、翌日がエイプリルフールと思い出したのはその20分くらい前で、ネタすら考えてなかった。。(苦笑))、今年4月1日はこちらは祝日!爆撃し放題!

と思ったけど、もちろん古くからの皆さんは普通に気をつけてるわけで、年々爆撃数は増えるものの、着弾はほとんどせず、かわされてしまいます。そうなるとこちらもネタに走って、むちゃくちゃ言ったりするわけですが、そのむちゃくちゃに思わず引っかかってもらったりして、もうカオスww私も引っ掛けるつもりで付いてない、ギャグ系の嘘なのに、真剣に取られたらなんだか変な気分ww

それも、数打ちゃ当たる方式なので、自分がいくつくらい嘘ついたかもうわからなくなってきて、誰が引っかかったかとか、もうフォローが追いつかない!スマホとPCと、手元にある方を使ってるので、アプリごとに仕様が違ったりして、もう当日はひたすら打ちまくることに専念。フォローはよっぽどひどく引っかかってる人を救うためだけで翌日に回し、あとはとりあえず打つほうをがんばりました。

冷静になって考えると、ここまでエイプリルフールに気合を入れるので変人扱いされるんですが(笑)、この、嘘をできるだけ考える!(それも、騙される人ごとにカスタマイズされて、できるだけ笑えるやつw)ということに頭を使ってると、ちょうど頭の歯車が切り替わって、逆回転になるような気がして、なんだかいい頭の運動になるのだよ。相手のことを良く知らないと、楽しんでもらえる嘘はつけないからねー。

あと、昔からの方はご存知だと思いますが、私がこの日についた嘘は本当になる確率がかなり高いので(エリザ来日、DVD化など)、嘘は本当になってほしいことを書いています。

というわけで、まとめー。

<ウィーンミュー系>

・ウィーンエリザ、主要キャスト変更のお知らせ来たーー!!トートは夏以降今年中Drewで、来年1月はThomas!!これはどちらも通わなければ!!シシィは迷走キャストで、夏以降毎月変わるらしい。WietskeとかCaroの名前も上がってるかと思えば、無名の人も。

しかし、少し最近私も通えてなかったし、キャストで人を呼ぶ作戦になったのかな。こんなキャストになったら、通いまくるしかないじゃないですか!!マークはやっぱりほかの舞台やコンサートに引っ張りだこで、ウィーンに長くいれなかったのね。。

あ、キャスト変更はまだ内輪の発表らしいから、ちゃんとしたソースが出るまで拡散は控えてね。

←これ、Twitterで引っかかってくださった方が2,3名。拡散防止かけてたのでよかったー。Wietskeファンの方が引っかからなかったのはさすが!

・あー!寝るところだったのに、嬉しいウィーンミューニュースが。なんとウィーンでレント上演!エンジェルはなんとAndy!!これ以上彼に似合う役はあるのだろうか!!

←これはもう、昼寝直前、日本時間でタイムアップの直前にいいアイデアが!!ウィーンでAndyエンジェルでレント見たい!って思ったからw

・えーーー!!こんな駆け込みでビッグニュース!!ウィーン版ロミジュリ来日公演だとーーーー!!30代のLukas&Marjanはさすがに厳しいのでは?マークは人気出たけど、RasmusやMatthiasも人気で過ぎて、あのメンバーを集めるのは無理かなあ。。

←そして、まだ興奮して昼寝できず、ウィーンロミジュリ来日とか最高だろうなー!と思って。こんなにギリギリにミュージカルニュース大量に投稿して、明らかに怪しいのに、それでも引っかかってる方が2人ほど。。オーストリアは祝日真っ最中なので、ミュージカルニュースも出ない日だよー(笑)。

<その他>

・オーストリアのハプスブルク家復活につき、ホーフブルクの大改装が行われ、今のシシィミュージアム部分が新皇帝の居室になるそうです。新皇帝カール2世の初仕事は、建国記念日に予定されている、リンク大通りのパレード。

←これは、ウィーン行きのチケットを取らないといけませんねー、ってスウェーデン在住の方が言ってくださったんですが、多分見破られてました。

・そういえば、本体を振ると充電されるアンドロイドアプリをかなり重宝してる。電池がやばくて、充電器もってないときは助かるー!「振ると充電」で検索してみて。

←これ、私がちょっとまえにほとんど騙されかけたんだけど、結局誰も反応なし。。ほんとに振って充電できたらいいのにねー。

<家族系>

家族や子供の写真を気ぐるみとか雑誌の表紙とか、ポスターとかに合成して20枚くらい作成し、家族に送りつけてみた。まあ、家族は毎年のことでわかってるので、嘘とか嘘じゃないとか言うのを超越して、ネタとしての質で勝負(笑)。

<一本釣り>

・アサイチで「ねー。えっとー。billa(スーパー)のキャンペーンでねー。」って言った時点で見破られたー!悔しいーーー!!!

←いつも身近なお店の割引キャンペーンネタで釣り、実際に買い物に行かせて「割り引きなかったよー」ってがっかりさせるのが楽しいのに、もう第一声でばれてた!!

・シェーンブルン動物園のパンダの赤ちゃんが産まれたって!早く見に行きたいー!あと、オットセイも!ゾウも!水牛も!

←パンダで騙された(っていうか、あまり聞いてなかったw)人に、矢継ぎ早に他にも言ったら、とうとう見破られたww

・ウィーンの仲のいい友達(日本人も外国人も混ぜ混ぜで)7人に「今夜18時15分ORF3で、私のインタビュー番組が放送されるよ!見てね!(内容はネットショップについてとか育児についてとか色々相手に合わせて)」

←見破ったのは昔からの友人の3人だけ!Kは「いいジョークだ!」って上から目線w。ロシア人のRはイースターで帰ってたロシアから「今ウィーンにいないから見れないー!St. Petersburgはブリザード!」って、嘘か本とか分からないロシアのお天気情報を送ってくれた。オランダ人のRは毎年散々やられてるのに、ふつーーに騙されてテレビ見てたwww

Eちゃんは、翌日会う約束をしてたのに「ちょっとした事故で入院した!病室にテレビがあるから見てみる」って。思いっきり私が騙されて、「えーーー!大丈夫???」って心配メールしちゃったら、横にいた人が「それ嘘ちゃう。。」って冷静に突っ込んだので、われに返ったw。やっぱり大丈夫だったww結局引っかかったのはこれだけ!!

もう一人、毎年激しく騙され、家族中に拡散しまくる友達Iが激しく引っかかり、テレビを見ながら「まだ映ってないけど。。」って心配してくれた(笑)。ちなみに彼女は次のネタで派手に引っかかってくれて、ホント心配になったくらいw。

去年新しく知り合った友人2人も、しっかりテレビやオンデマンドビデオを見て、「やってないよーどこー」ってメールくれた。やっぱりご新規さんは引っかかってくれるね!うれしいね!!

結果的には、放映予定時間に7人中4人もテレビ見てくれると思わなかったからびっくりだよ!

・ちょうど1ヶ月ほど前に本を出版した友達Iに、友達が書いた本の日本語翻訳を私が担当して、日本で出版されることになった!という嘘を送ったら、激しく騙され、翻訳話をものすごい喜んでくれたので、なんかほんと悪い気がした。。ごめん。。この友達の著書については、そのうちブログで紹介するねー!しかしこの子5年連続で騙されまくってるのに、全く嘘に耐性がない。。

この友達、弟もお父さん(故人)も有名な俳優で、そのあたりをネタに使った嘘で毎年釣られまくってる(笑)。「弟さんを○○のセレブニュースで見たよ!」とか「○○銀行のポスターにあなたの娘の写真が使われてるけど、これって前の撮影のやつ?」とか、そんなメールをすると、「ほんと?!家族に知らせるわ!」って返事が返ってきて、私が嘘だって知らせる前に、彼女の周り5人はもう釣られているという。。っていうか、自分の家族のメディア出演情報なのに、何で私のほうが詳しいのよ。。(笑)

○まとめ

というわけで、今回はもう、騙されない前提でうそをつくようになってしまったんですが、だからこそ、引っかかってくれたらなんか得した気分で嬉しいわ(笑)。

ご新規さんはやっぱりひっかかり率が高いので、大事にせねば。。(笑)

それでは、皆さん、今年もありがとうございました!来年は気をつけてね!(爆)


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-24 22:02 | カテゴリ:季節モノ
さて、前回から引き続いて、個性的でかわいい玉子たちのご紹介です。

こうやって吊り下げて飾ってあると、かわいらしくて欲しくなってしまいます。

IMG_3397.jpg

IMG_3384.jpg

ペイントしてあるだけではなく、色々な飾りが付いていたりして、どれもアイデアが満載です。

IMG_3389.jpg

IMG_3400.jpg

イースターは終わってしまいましたが、それでも欲しくなるようなかわいい玉子がたくさんありました。来年使おうかなー、と手に取りかけましたが、来年は手作りしようと思っていたので、買い控えました(笑)。

IMG_3383.jpg

IMG_3387.jpg

次回は、キッチュ?ロマンチック?シシィやフランツヨーゼフ、クリムトも玉子になってしまった!ウィーンらしい玉子たちをご紹介します。


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-23 21:55 | カテゴリ:季節モノ
さて、フライウングのイースターマーケットのご紹介、第三弾は、やっと登場!主人公のタマゴたちです。

このマーケットの一番の目玉は、その多彩な玉子たちにあります。

こんな風に、延々と様々なイースターエッグが並んでいます。

IMG_3388.jpg

行けども行けどもタマゴばかり。。笑

IMG_3377.jpg

こんな風に、玉子ケースに入れて売られています。

IMG_3358.jpg

IMG_3361.jpg

手の込んだものから、小さくてシンプルなものまで色々有り、お値段は5-20ユーロくらいとお手頃です。全て手作りとのことです。

IMG_3390.jpg

まだまだ個性的な玉子たち、続きます!


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-04-21 21:49 | カテゴリ:季節モノ
今回は、フライウングのイースターマーケットで見つけた、イースターならではの飾り付けをご紹介します。

イースターと言えば、ウサギと玉子が多産の象徴とされ、色々なところでモチーフが見られます。また、イースターの一週間前の棕櫚の日曜日にちなんで、棕櫚の小枝もよく登場します。

かわいいウサギの人形が、棕櫚の枝と。

IMG_3372.jpg

こちらは、屋台の屋根に付けられた共通の飾り。棕櫚の小枝と春らしい色合いが素敵です(雪降ってましたが。。)

IMG_3418.jpg

棕櫚の小枝には、こうやって玉子をつるします。

IMG_3490.jpg

にわとりもいました。

IMG_3412.jpg

おもちゃ屋さんにあった、木の玉子のおもちゃ。色とりどりですね!

IMG_3407.jpg

次回は、個性的なイースターエッグをご紹介します!


ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>



ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD



ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD



応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村