FC2ブログ
2005-09-14 21:57 | カテゴリ:事件
昨日、駅で自転車に乗って帰ろうとしたら、なんと、私の自転車がなんか変!!

サドルがはずされて、前輪のチェーンロックのあたりにぶら下がっている!よく見ると、車輪を止めてあるチェーンロックにサドルの棒の部分を入れて、ぐるぐると激しくねじってある!!チェーンロックはもう修復が不可能な形に捻じ曲がっていて無残な状態に。。。

誰かが自転車を盗むつもりだったんだけど、あきらめたっぽいオーラでいっぱい。盗まれなくてよかったー。と思いながらチェーンを逆方向にねじってたんだけど、どう考えてもおかしい。自転車を盗むのに失敗しても、自転車のアクセサリは盗むことができたはず。荷物を停めておくバンド(ほぼ新品)とか、後ろのライト(取り外し可能で結構いい)なんかはそのままで、中途半端な状態で放置してある。。

そこまで考えて、ふと思い当たった!私が自転車置き場に歩いていったときに、自転車置き場のそばに立ってた女性が、自転車置き場の中にいた男性に声をかけて、二人は足早に立ち去ったんだった。。男性は自転車を停めてるもんだと思ってたんだけど、見てみたら、そこにある自転車は私のだけだった。。つまりこの男性が、チェーンねじねじ作戦で自転車を盗もうとして、女性が見張り役だったんだ!!っていうか、まさか盗もうとしている自転車の持ち主本人が現れるとは思ってなかったんだろうねえ。ざまあみろ。

と思うと急に怒りが湧いてきて、チェーンからサドルを取り出すのに成功。後は、チェーンロックをかぎで開けるだけさ!超簡単!!と思って、かぎを差し込んでみたらば、多分ねじりすぎて金具が変になっちゃったらしく、ロックがあかない!!!

もう暗くなってくるし、田舎の駅で人通りも少ないし、さっきの自転車窃盗犯が戻ってくるかもしれないので、怖くなって居候先の人に電話をして、車で来てもらうことにしました。車を待っている間に、再度かぎで開けようとしたら、力を入れすぎて、かぎが鍵穴に残った状態のままちぎれてしまった!!!

これじゃチェーンロックはもう外れないじゃないか!と思って、泥棒さんたちが使った手を再度試してみることにする。もしかしたら泥棒さんたちは、私が現れなかったらチェーンねじねじ作戦でロックをねじ切るのに成功していたかもしれないからだ!ところが、いくらサドルでねじねじしても、チェーンロックはねじれるだけで、捻じ切れる気配がない。。っていうか、泥棒さんたち、このやり方じゃ絶対無理だよ。。盗めないっすよ。。本人がそういってるんだもの。間違いないって。

そうこうしているうちに次の電車がついて、人が通るようになる。なんか、私が窃盗犯に見えるんじゃ。。と思っていると、やっと救いの車が来た!それに、お迎えに来てくれた人はのこぎりを持参!!チェーンロックなんてのこぎりじゃ切れないよ。。と思ってたんだけど、やってみたら超簡単に切れた!!!わーい。私の自転車は救われたのだ!!!!

でも、泥棒さんたち、あんな面倒で非生産的なねじねじ作戦じゃなくて、普通ののこぎりを使えば簡単に盗めたと思うんですけど。。

とりあえず、新しい頑丈なかぎを入手するまでは、自転車通勤は控えます。。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/964-c93edbea