FC2ブログ
2005-05-08 00:20 | カテゴリ:バルカン半島
大学からの旅行で上記3都市を1週間で回ってきました。まず、国名と首都名から、おさらいです。

クロアチア
 首都:ザグレブ
 首都の人口:70万人
 民族:クロアチア人
 宗教:カトリック

ボスニア・ヘルツェゴビナ
 首都:サラエボ
 首都の人口:公式には50万人。非公式には80万人
 民族:クロアチア人、セルビア人、ボスニア人
 宗教:カトリック、正教会、イスラム教

セルビア・モンテネグロ
 首都:ベルグラード
 首都の人口:150万人
 民族:セルビア人
 宗教:正教会


研修旅行だったので、ただの観光旅行ではなく、現地でいろいろな人のお話を伺い、知識を深めるための旅行でした。

現地では、大使館でレセプションがあり、国連やOSCE,現地のNGO,大学教授、政府関係者(大統領に直接会ったり!)など、さまざまな視点からこの10年のバルカン半島の動きを聞くことができ、思っていたよりもずっと有意義な旅行になりました。

しかし、この間まで戦争していた国を訪れるって言うのは相当ハードで、爆撃された政府の建物や弾痕の残る民家を見ると、普通では感じないような感情湧き上がってきます。新しく建てられた、大量の白い墓石を見ると、ひどく胸が痛みます。

歴史的に他民族が共存してきた地域が20世紀になって分断され、戦争を引き起こした過去は、都市に消せない傷を残しています。

というわけで、この3都市を5回に分けてレポートして行こうと思います。

=============================

クロアチア@ザグレブ。

ウィーンからスロベニアを通過して7時間ほどの距離。そんなに遠くない!それに、クロアチアも一連のバルカン戦争を経てきた国なので、相当の惨状を覚悟してましたが、町としては普通の小さな平和な町でした。オーストリアで言うと、グラーツサイズで、ちっちゃい国の平和な首都と言う表現がぴったりです。

あまりにもちっちゃくて、これで国が機能するのかと思うくらいです。ちっちゃい国会議事堂(普通の建物と区別がつかない。。)ちっちゃい最高裁判所、ちっちゃい国で一番重要な教会、など、かわいらしい町でした。

あまりにも先進国っぽいので、拍子抜け。。あとは、戦争犯罪人ゴトヴィナ将軍の国際司法裁判所への引渡しさえ実現すれば、EUに普通に入れるんじゃ。。

というわけで、平和な平和なクロアチアでした。。

16703396_44.jpg

しかし、本当のバルカンはこれから始まるのです。。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/938-b207bf2e