2007-07-25 10:42 | カテゴリ:ミュージカル映画レポ
来週Robのヘアー見に行くわけですが、予習しないとなーと思いつつ、あまりCDも聞く時間ないなあ、っていうか、ビデオ見ないと。。と思ってたら、昨日テレビで偶然やってた!なんてタイミング!!ま、見たのは途中からで多分後半2/3くらい見た感じかな。あとで前半はビデオで見直すよ。

ヘアーって何となく、時代遅れやら何らや言われてますが、はっきり言ってすごいいい映画だと思った!!やられた!!って感じ。もう、あんな発想無理。音楽、振り付け、歌の入り方。もう、オリジナルすぎる!!!

まあ、JCS映画も最初は受け付けなかった人なので、60年代文化への慣れがキーになると思うんだけど、60年代ヒッピー面白!って思う人はヘアー見たら超わくわくすると思うよ!父親の世代だけど、生き生きしてるし、テンションめちゃめちゃ高いし!

色々とレビュー読んでると、オープニング(見逃した!)がすごいらしい。あと、前半はちょっとだれるが、後半がぐいぐい進むらしい。ふむふむ。前半どんな感じなのかな。

あらすじは、ベトナム戦争に徴兵されるクロード(マジメ君)がアメリカでの最後の日々を楽しもうとNYにやってきて、ヒッピーのバーガー(長髪ワイルド)に出会う。クロードは上流階級のシーラに一目ぼれするが、すぐに徴兵され、訓練のためネバダに送られ、バーガーやシーラと離れ離れになる。バーガーたちヒッピーとシーラはクロードに会いにネバダまで車で駆けつけ、最後の再開を果たす。そして衝撃の入れ替え劇が。。

最後は驚いた。いや、一番怖い結末で、びくびくしたよ。すごい皮肉だ。。。この映画すごいわ。。。

どうやら、調べたら映画と舞台の結末は違うらしい。。映画はクロードはマジメ君で、ヒッピー文化に触れて感化される→徴兵&訓練→驚きの結末、なんだけど、舞台はクロードは元々ヒッピーで、他のヒッピーが召集令状を燃やす中、クロードだけは徴兵される決意をする、という内容。確かにヒッピーと戦争の対立を描いてはいるけど、内容全然違うね。。

で、Robがマジメ君クロードすると思ってたんですが、どうやらクロードはMarkで、カリスマ長髪ワイルドヒッピーのバーガーをRobがするらしい。そして、映画ではクロードの恋人、舞台では二人共に恋するシーラをRobの奥さんSabineが。Robは黒髪長髪の役で刺青も活かせる役だし、なかなか出番が多そう。バーガー、クロードとも脱ぐシーンも多そうだしねー。

●歴史背景

どうやら、今年はヒッピーの何かの記念の年らしく、テレビやラジオでヒッピー解説の番組が多いよ。Summer of Loveの40周年だったかな。ウッドストックの記念日かな。とにかく、テレビつけたら60年代ばっかり。最初はふうんって思ってたけど、ヘアー見たら60年代気分になってきた。

実はヘアーの続きで、60年代ヒッピーの歴史的背景をヘアーと絡めて解説している番組があってすごい勉強になった。日本の運動の様子も映ってたよ。そういえば、父親は大学の受験か入学式かに思いっきりかぶったとか言ってたなあ。それに、昔の写真見たら長髪だったしと思うと、そういう時代がすごい身近に思える。

そういう時代背景とベトナム戦争、ヒッピーの流れって調べてみるとほんと面白い。時代って文化なんだね。そして、その中、当時のミュージカルは全て政治的意図を持って作られていたと言うのが新鮮。メッセージのない作品なんて舞台に上げる価値はないといった考え方で、ヘアーもそんな中ブロードウェイで上演され、世界中で大ヒットとなったわけです。舞台が世界中の若者に火をつけたんだね!すごい影響力だなあ。今はそんな政治的な作品なんてほとんどないしね(かろうじてレント?しかし、どちらかと言うと最後はラブストーリーだし)。

ヘアーは戦争反対という明確なメッセージのほかにも、人種差別、同性愛差別に反対の姿勢があり、メッセージを全て内包してる。それに、戦争反対のメッセージをあんなに皮肉な形でラストに使うとは。。あのラストを思い出すと身震いする。。

あと、「ヘアー」と言うのは、ヒッピー文化の象徴の長髪のことで、映画ではバーガーが「ヘアー」代表。(おそらく舞台ではクロードもバーガーも全員。)バーガーは両親に「髪を切れ!」といわれるが、絶対に切らないというエピソードもある。

解説によると、ヒッピーにとって髪の毛をぼーぼーに生やすことは、自然回帰、支配されない生き方、制服(軍隊)に縛られない生き方を指す、重要なシンボル。その自慢の長髪をバーガーは友人クロードを連れ出すためにばっさり切ってしまう。象徴的だー。しかし、髪を切ったことがバーガーの破滅につながるんだけどね。。。

というわけで、映画とそのあとの解説番組で60年代にかなり詳しくなったよ。親の世代はあの中で普通に生活してたんだねー。私の子供の世代は、21世紀始めをテレビで見てどう思うんだろう。。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/929-e2cbc379