2007-08-08 11:21 | カテゴリ:スポーツ
土曜日はLeobenというシュタイヤーマルクの村の結婚式に招かれていたので、結婚式が始まる前にちょうど真ん中あたりにあるノイジードラー湖Neusiederlseeにてセーリングをしてきました。(結婚式レポは別レポ)

島国日本人なんだから、セーリングくらいしたことあるだろうと思ってたんですが、やったことなかったわ。船に乗ってから分かった(爆)。何で海のないオーストリアがセーリング初体験なんだろうとか思いつつ、オーストリア人男子でセーリングライセンス所要率がかなり高いのにもびっくり。海はないけど湖が多いからねー。

今回4人でセーリングしたんですが、私以外の男の子3人中2人ライセンス持ってるし。それもどちらも高校時代にとったとか。結構、夏休みの間に集中して取っちゃう人が多いらしく、それはそれで楽しそうだなあ。

で、ウィーン朝8時発。メンバーをピックアップして11時ごろNeusiedlerseeに到着。レンタルは1時間17ユーロで1時間半借りた(24ユーロ)。4人で割るとかなりお得。しかし、土曜日の朝早いので、人が少なくてよかった。

しかし、寒いし、曇り気味で風がかなり強いので心配。ウィンドサーフィン経験はあるけど、この風だったらサーフィンはしないというくらいの風だよ。。原理はサーフィンもセーリングもいっしょなので、吹き飛ばされないかどきどき。船も思ったより小さくてすぐ転覆しそうだし、第一、船の中に常に水が入ってきてるんですけど!これは船っていうかボート!

しかし、後悔してももう遅い!冷酷にも風はびゅーびゅー。10年くらいセーリングしてないライセンス持ちだと相当心細いよ。。それに、この後結婚式に行くんですが、湖に落ちたら髪の毛とかびしょびしょになっちゃうじゃないかー。っていうか、っていうか、デジカメとか携帯とか車においといたらよかった。。観光気分だったのが間違いだった。。これはスポーツだ。。

何となく、二人のライセンスもちがかなりチームワーク的なものを発揮してがんばってるので、とりあえず私ともう一人(マジシャンのハリー)は、ちょっとした傾きにもぎゃーぎゃー言いながら、びしょびしょになって応援してました。しかし、傾く時にはすごい傾くので、人間が高いほうに移動してバランスとらないといけないくらい。そんな簡単にふちから水入ってくるし!!!!

まあ、Neusiedlerseeは水深浅いし、被害出るとしてもデジカメと携帯くらいで、まあ何とかなるか。。と思ってたんですが、どうやら一旦ボートがひっくり返ったら、それをもとにもどすのが大変なんだとか。それに、ボートを元に戻せなかったら、引き取りに別のボートが来たりするので50ユーロ余分にかかるし、30分以上寒い湖で立って待たないといけないので、相当きつそう。

しかし、ほんと、何度も転覆の危機にあって、相当どきどきだったよ。。途中から舵を取らせてもらったんだけど、そのあたりから色々と説明してもらってセーリングの楽しさがすごい分かったー。っていうか、これ、やばいくらい楽しいんですけど!!!!!(←今更気がつく)それに、風がきついからスピード出る出る!楽しいーーー!!!それに、原理を理解するとかなり面白いし、ハマりそう。ライセンス取りたいーー!

まず、ボートは全長3メートルくらい。両側に座るところが付いていて、前には物置のように収納スペースがちょっとだけついている以外は全部屋外。帆は二つあって、中央のものがメイン、前のものがサブ。後ろには舵がついていて、これが重要。後は念のためオールが二本ついてましたが、これは使わなかったよ。

基本はメインの帆と舵。帆で風を受けて大体の方向を決め、舵で細かく方向を調整するって感じね。サブの帆はメインの帆と原理は同じ。二人で乗るときは、一人がメインの帆と舵を取って、一人が前に乗ってサブの帆を操るって感じになります。一人で乗るときは、片手でメインの帆の綱を、もう片方の手で舵を固定し、サブの帆はクリップのようなもので固定します。とりあえず、一人で全部するのは大変そうなので、2人は経験者が乗ってるほうがよさそうな感じ。

とりあえず、普通に走るだけなら帆が風を受けて、舵が方向を調節するだけでいいので、やってるうちに段々慣れてきます。難しいのはターンするところ。帆は風を右面か左面からしか受けられないので、ターンする時には右から受けていた風を一気に左から受けるように切り替えなくてはいけない。このタイミングが難しいんだよー。でも、チームワークって感じで楽しいーー!

まず、ターンすると決めたら、舵をゆっくりと回して、船を風下に向くように回します(これは風上の方向でもいいが、難しいらしい。)要するに風と平行になり、帆がどちら側からも風を受けなくなる状態を一瞬作り出す。この一瞬の間に、みんな頭を下げ、帆の方向を反対側に移動し、風に合わせて帆の張りの強さを調整する。ここまで出来たら、後は舵で方向を調整するだけ。何度やっても、このターンの瞬間は緊張するー。一回は舵を取ってる私が失敗して、転覆しかけたし。。

風や波や、色んな条件が重なるので、ほんとに自然を相手にしたスポーツだよ。ウィンドサーフィンほど筋力は要らないし、一度ライセンス取ったら一生楽しめるし、これはちょっとライセンス取ろうかなーって思った。調べたら、2週間コースで400ユーロほど。ううむ。めっちゃライセンス欲しいーーー。この夏にとってしまえるかなあ。。。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/919-6c7bd12c