2007-08-26 22:24 | カテゴリ:スポーツ
色々とレポがあるのは分かってるんですが、現実的にレポ対象のイベントが多すぎて。。今週末はカイトサーフィンという、珍しいスポーツのレッスンを受けてきました。

カイトサーフィンはカイトの推進力を利用し、スノボ状のボードに乗ってサーフィンするスポーツ。水上をスキーくらいのスピードで滑るように走り、華麗に何十メートルもジャンプし、波乗りもこなしちゃう、比較的新しく、急成長中のエクストリームスポーツの一つ。(こんな説明でわかるのか?この辺の写真みてください。http://www.kitebozu.com/ http://www.kiteboardingjapan.com/what_is.php。あと参考Youtube http://youtube.com/watch?v=cChS0YeGvoA とか、雪バージョン http://youtube.com/watch?v=m1_iYmbWkl4)

日本ではカイトボーディングということもあるようですが、こちらで使っている名称Kitesurfingカイトサーフィンを私の中では正式名称にさせてもらいます。あと、カイトは凧なんですが、日本人が普通イメージする凧とは形状も機能も違うので、カイトという呼称で行きます。あと、凧はドイツ語でDracheなんですが、カイトサーフィンに使われるものは英語のカイトという言葉を使います。

4メートルくらいのカイトを20-30メートルくらいの紐とバーを使って操作し、風を受けて推進力にするわけです。バーの傾きで自分の動きを操作するので、ウィンドサーフィンやセーリングの基礎があれば理論的にはかなりわかりやすい。足元にはスノボ大のボードを装着し、ターンやジャンプをします。なのでスノボ経験があれば役に立つかも。あと、上級者は波乗り(日本で言うサーフィン)も出来ちゃうので、サーフィン経験があればこの辺りで楽しめる。

こんなスポーツ、つい3週間前まで見たことも聞いたこともなかったんですが、いまいちスポーツマンでもない友達(例のマジシャンのハリー)が大興奮してレポしてくれたので、急に興味が出てやってみることに。場所はウィーンから1時間のノイジードラーゼー。最近よく来るなあ。土日2日間のレッスンで200ユーロ(機材込み)。いまどきカイトサーフィンやったよ!とか言えると超かっこいいかもー!とか、すごい不順な理由で申し込んでみる。(あと、筋力はそれほどいらないから、私でもできそうと思った)

もう夏も終わりかけのウィーンなんですが、奇跡的に今週末は夏日だったので、超ラッキー。レッスンは最大6人で、初日は地上でのカイトの操作レッスンと理論や緊急時の対処法の練習。二日目は海に入ってカイトの操作に慣れ、ボードに立てるくらいまで行くはず。

初日は順調。午前中の地上用練習カイトで既にカイトの奥の深さに驚愕。地上では大して風がないみたいなのに、すごい力で引っ張られる。空中は風の強さによって、パワーゾーン(風下地面近く)、ソフトゾーン(パワーゾーンの上)、風の窓(Windrand, Wind Window、風と90度の角度と頭の上、一番風が弱い)に分けられる。この間をうまくカイトをコントロールさせて移動させることでスピード調節をするわけです。

最初はカイトの力に引っ張られて何度も前に飛んでたわけですが、慣れてくるとかなり思ったところにカイトが行ってくれるようになる。カイトで遊ぶだけでも相当面白い!!!っていうか、腕とか背中の筋肉がいるし、これだけでも相当スポーツだよ!!!カイト買って遊びたいーー!!

午後は機材の説明と緊急時の対処法などを勉強。機材はカイトの他に、紐、バー、バーを体に固定する腹巻のようなもの、ボードなど。普通はウェットスーツ、靴、ヘルメットも装着します。(エクストリームスポーツだしね)緊急時としては、風が強すぎて自分が吹き飛ばされたとき、風がなくなって、沖合いから帰れなくなった時にどうするかなど。風も水も直に感じるスポーツだから、かなりいろんなシチュエーションを考えとかないとね。

土曜日のレッスンはここでおしまい。翌日に水に入って、うまく行けばボードに立てるレベルになるかなあ、とどきどきしてたわけですが、日曜にノイジードラーゼーに行ってみたら、なんと予想に反して風が弱すぎる!天気は夏日なのに。。結局、日曜日は湖に入って遊んだり、更にカイトの技術を磨いてたんですが、実際に水に入ってカイトを上げるほどの風がありませんでした。。。ほんとはこのレポで全部紹介できると思ったんだけど、二日目のレッスンは延期に。。天気がよければ来週いけるけど、寒くならなければいいなあー。

(ここからは独り言。。)

オーストリアにいると、日本で見たことも聴いたこともないスポーツがメジャーだったりして、よく連れて行ってもらったりするんですが、これもそのうちの一つ。オーストリア人って危険でスピードがあって装備にお金がかかるスポーツが好きなんだよねー、とここに住んでて思った。だからサッカーとか人気ないのか(爆)。

オーストリア人が見るのが好きなスポーツ代表はやっぱりスキー。ダウンヒルとかジャンプとか、日本の野球並みにテレビでやってる。雪の少ないシーズンはF1がメジャー。やっぱり速くて危険なやつだ。。

こちらに来て初めて触れた&始めたスポーツは、山スキー、クロスカントリースキー(これだけは安くて安全)、ローラーブレード、ウィンドサーフィン、セーリング、そして今回のカイトサーフィン。やったことないけど人気なのはロッククライミングくらいかな。これはさすがにムキムキじゃないとね。。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/906-105a3c2b