FC2ブログ
宝塚で上演が決まった、ウィーンミュージカルI AM FROM AUSTRIAですが、やっと二回目の観劇に行くことができました!

参考:過去の観劇レポや訳詞を含む、I AM FROM AUSTRIA関連の記事は、こちらのカテゴリからどうぞ。

観劇してから結構時間が経ってしまいましたが、見たのは3月8日です。当日のツイートをまとめておきます。

==

I AM FROM AUSTRIA見てきた!産後初観劇!それもなかなか出かけづらいので、ゲスト(ショップのお客様)の観劇に合わせて、家族に対して「お仕事観劇」ムードをかもし出しつつ、行かせてもらった。本当に観劇に飢えてたから、生き返ったよ。。やはりミュージカルは命の泉だ。。


今回はラストミニッツ狙いが成功して、3列目ど真ん中99ユーロの席を22ユーロでゲット。前回は三階席一番後ろだったから、真逆。すごくいい席だったけど、すごい見上げるので首痛いw あと、お客さんの反応や紙吹雪が見れないので、やっぱり私は最後列が好きかもw 最後のオケ演奏は生音聴けてよかった!

なんと言っても、派手派手で満足感すごい!!色々ツッコミどころはあるのに、最後はもうお腹いっぱいで劇場をあとにするのが、まさに宝塚的w この幸福感!劇場に来て良かった感!ダンスシーンがどれも派手で、おまけに振り付けが好みで(キム・ダディほんと好き。。)、畳みかけてくる!

●前回との違い

今回はJosiがOliver Arno!! なんと言うタイミング!ほかは全員ファーストで、前見逃したファーストのママも見れた!しかし、サッカー選手が全然違うすごいムキムキで、どうやら最初のファースト(元サッカー選手)の後釜らしい。いやあすごいムキムキだった。。けど、オチの信憑性は前の人の方があったかもw

前見た時と違うところで泣けた。。前は愛国心や、オーストリア人がこの作品をどう観るか、みたいな所で泣けたけど、今回はパパママの関係性で泣いた。。あと、若い方のカップルは別にいいかな、と思ってたら、OliverのHerzの歌とBergwerk(鉱山)の歌にやられた。。彼の声好きすぎる。。

そして極めつけは、最後の短いI am from AustriaのOliverソロ!めっっっっちゃ良かった!!やっぱり彼の歌い方好き。。ほんと一フレーズだけど、涙。やはりオーストリア人にとって、この歌は特別だよね。。

●宝塚的にどう?

宝塚での上演が決まった後の初観劇ということで、ちょっと宝塚の舞台に載せた時の雰囲気を想像しながら見ちゃいました。というか、この場面や振り付け残せる?」みたいな感じで突っ込んでますw。

宝塚に向いてるなー、と思ったのは、ダンスシーンの派手さと多さ、女性が男性の服で踊るシーンの多さ(警察とサッカーとお金のタンゴ)、脇役のキャラ立ちなど。逆にどうするの?と思ったのが、ムキムキとオチ、パパママの馴れ初めの歌、山羊w、パンツw(ネタバレでまともに書けないw)。

エマ・カーターの本名が、Adele Waldvogelってだけで笑いが起きるんだが、これも宝塚じゃウケないよね。。Adeleといえば、オペレッタの「こうもり」とかの連想だし、苗字は「森の鳥」って意味。田舎くさいw

まだまだレポに、これ宝塚だったらできるかな?みたいなことも書いてあるので、実際のどのくらいウィーン要素が残るのか、ちょっと楽しみ。

●ダンスと振り付け

ダンスシーンは沢山あって、最初のシッケリアからNix ist fix(Josiソロ)の連続ダンスには度肝を抜かれる。そこから、Bussi Bussi (これ「キスキス」って訳されるのかw)を経てブロンドになるんだが、かなりいろんな曲調が混じってる。っていうか、今思ったらブロンドってGo Westのオマージュ風w

今回前から見てて、ブロンドの振り付けの奇抜さとテンポの良さはかなり気に入った。よく見たらさすがよく考えられてる。閉じ込められてからの、魔法的な窓の透過(Josiは出れないw)、バービーとケンのダンス、最後はコーラスラインのオマージュ的写真を顔に掲げる振り付け。Josiが透過できる様子も、魔法っぽい。日本版でキム・ダディの振り付けってことは無いとは思うけど、あのアイデア(ケーキポッポとバービーとコーラスライン)残ってほしいな。。

マッチョマッチョはサッカーの曲で、これも映写でトリック再現できるかなw 画面の端っこの方で、アルゼンチン国旗(水色白水色)「Pablo Garcia」VS オーストリア国旗(赤白赤)「Josi Edler」って書いてて、サッカーの点数になってたの笑ったw Josi負けすぎw そして、ダンサー全員が男性ストリップの定番、長ズボン一気脱ぎしたのには圧巻!

ムキムキ、男性ストリップ、ゲイ要素は、キム・ダディらしいな!と思うよ。ほんと、好みドンピシャw それ以外でも、ほんと彼女の振り付けは大好き。ぜひ細かい動きに注目して見て欲しい。曲のテーマをわかりやすくコミカルに取り入れる天才。アイデア満載。

Strada del solは、宝塚ではきれいにまとめるんだろうな、上品なバレエ風にw ウィーン版のあのえげつなさがいいのにw 引くほどやりすぎだからこそ、最後いいの?心広いねw ってなるのがねw ちなみに、イタリアの海岸は、オーストリア人の定番の夏の旅行先です。突然イタリア出てくるのはそういうわけ。

で、一幕最後のHaben Sie Wien bei Nacht gesehen(「夜のウィーンを見たことあるか」的な和訳になるかな)、かっこいい歌だよね。。後半の黒服の振り付けがまたカッコイイ。めっちゃわかりにくいけど、Felixの動きに注目。ほんと一幕ダンスシーン多い!どれも好き!

2幕の警察の歌(Razzia)めっちゃ好きw これはこなれればこなれるほど面白いw それもMartin BergerとProhazkaさんとか最高でしょw (前も書いたけど、Martin Berger刑事といえば、キャッチミーだよね!!)ここの振り付け超面白い(注射しながらラリラリダンスw)。主役出ないのに見どころw

スポーツの歌はサッカーと似てるけど、やはり振り付けのアイデアがすごい。っていうか、宝塚はほんとにウィーンとは違う振り付けでやるの?振り付け変わったら、かなりイメージ変わると思うんだが。ここの報道側にMartin BergerもParschingもいて、めっちゃ楽しいw

2幕のかっこいいシーンといえば、Tango Korrupti(「腐敗のタンゴ」)。これは絶対宝塚映えする。フェンドリッヒのアップテンポな曲は、ロックより、サンバ、ルンバ、タンゴなど、オーストリア人ならみんな踊れる社交ダンスのラテンのリズムのものが多いし、これも踊りやすそう。

あとのダンスナンバーは、最後の曲かな。これはもうNYのラストみたいな感じw 幕が降りる時まで踊り狂う系で、ダンサーではないOliverのダンスが見れるチャンスですw なかなか素敵♪ ダンサーではない役者さん(Martin Parschingとか)の踊り見るの好きw 楽しそうなんだもん w

●色々特定
夜のウィーンのシーンがかっこよくて好き。ロケ地特定もした。まずオペラ座裏のソーセージスタンドBitzinger、背景は市庁舎、カールス教会、シュテファン大聖堂。次にクラブはU4、フィアカーの画面に王宮新宮、シュテファン大聖堂など。橋の下はDonaumarinaで、川の向こうにDCタワーが見える。

特定といえば、最後のオペラ座舞踏会の似顔絵は、モーツァルト、シシィ、FJ、フロイト、ファルコ、シュワルツネッガー、クリスティーナ・シュトゥルマー(ルカスの元カノw)、バーバラ・レッツ、ダグマ・コーラー(本人初日見に来てたw)、エルマイヤーだったかな。この演出は絶対日本ではないなw

下から見て初めて気がついたんだけど、舞台の周りの上の方に、オーストリアの州の紋章が並んでる!紋章的な視点で見てもなかなか面白い。双頭の鷲も、ウィーンの十字も出てくる。いろんな柱とかケーキとかが赤白なのも、国旗カラーでいいよね。

(キャスト編に続きます)

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2217-43f4d9a8