FC2ブログ
2019-04-29 16:12 | カテゴリ:ウィーン
もう2年近く探している、ウィーン旧市街にあるトルコ包囲の砲弾ですが、やっと三つ全部見つけることができたので、まとめておきます。

注:ドイツ語ではTürkische Belagerung(トルコ包囲)というので、当ブログでもよくこの表現を使いますが、日本の世界史で習う用語としては「ウィーン包囲」です。
また、トルコ包囲は第一次(1529年)と第二次(1683年)の二度あります。今回の記事でも、両方のトルコ包囲が登場します。

まずはこちらの三つの玉。これは、ウィーン最古のレストラン「グリーヒェンバイスル」の入り口に飾ってあります。


「1529年にここは『金の鷲亭』という食事処があり、市壁の一部となっていました。1963年の修復時にこの三つの玉が発見され、この建物の過去を示すため、ここに掲示します」

ただし、この玉が本当に当時のものだったかは疑問視されていて、第二次トルコ包囲の時のものだったという説もあります。

また、グリーヒェンバイスルについては、こちらの記事をどうぞ。



次の二つは、第二次トルコ包囲のものです。

一つは観光地からは少し引っ込んだところにある、Sterngasseの一角にあります。

これは、旧市街で最大の砲弾であるだけでなく、唯一のオリジナルとわかっているものです。



説明書きはとても読みにくいですが、「1683年7月20日にLeopoldstadtの方から飛んできた。79ポンド(約40kg)」と書いてあります。

三つ目の、アムホーフ広場の奥の建物のファサードにある金色の玉は、1683年第二次トルコ包囲の時の砲弾です。その後金色に塗られて、1686年にここにあった建物にかけられ、「金の玉亭」という店の名前の由来にもなったそうです。

ここにあった建物は、1882年に取り壊され、新しい建物が建てられます。その翌年の1883年がトルコ包囲200周年だったこともあり、この金の玉は新しい建物のファサードにも取り付けられ、現在に至ります。



こちらの説明書きは新しいですが、「1683年のトルコの砲弾。後年壁に埋め込まれて金に塗られた。ここには過去に、その名を掲げた店あった」とあります。

というわけで、ウィーン旧市街にある三つのトルコの砲弾をまとめてみました。

トルコ包囲に関する記念碑は、ほかにもたくさんありますので、またまとめていきますね。

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2213-6cbd1957