FC2ブログ
2019-04-18 16:55 | カテゴリ:ウィーン
ウィーンから鬼龍院さんに、令和泣き止みツイートが届いた記念(一つ前の記事参照)に、音楽家たちから刺激を受けるべく、初海外で2011年にウィーンに来られた時の、鬼龍院さんのブログを検証します。2011年と言えば、ゴールデンボンバーが有名になり始めたけれど(メガシャキのCMとか「僕クエスト」が遊戯王のエンディングテーマになったり)、紅白は2012年だからまだそこまで浸透はしていないという時期。

まず、ウィーンに関するブログはこんな感じ。

このブログを読むのはもう3,4回目なんだけど、以前読んだ時より、見慣れた写真が多い!前は定番の観光ルート以外の街並みは、これどこだろ?って感じだったのが、だいたいどこかわかる!これは、ウィーンロケ地特定班としては、色々と場所の特定ができるかも!と、うずうずしてしまったわけです。

というわけで、鬼龍院さんが訪れたウィーン、ロケ地(?)特定していきます!

まず、ウィーンの写真が出てくるのは、こちらのブログ

この教会が、チェックインを済ませてから夜に行ってみた教会。おそらくホテルから近かったんでしょう。

(出典鬼龍院さんブログ)

これは、Nestroyplatz駅から近いJohann-Nepomuk教会。実物はこちら。(このブログ検証した翌日に、偶然近くを通ったので、現地で同じ角度で撮りに行きましたw)


これは、Praterstrasseに面してるし、よく前を通るので、見てすぐにわかった。正面から撮れる場所はここだけ!あー、指も写りこませるべきだったw Johann-Nepomukは橋の聖人。この辺りにドナウ支流の橋があった名残です。

鬼龍院さんはこのまま、この教会の前を通って、Schwedenplatzまで一駅分歩きます。

こういう写真は、Schwedenplatzで撮ったもの。

(出典、上記ブログ)

こちらの地下鉄駅も、Schwedenplatz駅ですね。
(出典、上記ブログ)

そして翌日、ウィーンの街の散策に出かけます。

(出典、上記ブログ)

こちらは、グラーベンですね。ユリウス・マイヌル前あたりから、Josefの泉の像が手前、奥がペスト記念塔。

(出典、上記ブログ)

こちらはペスト記念塔。さっきの写真の奥に写っていたものです。

(出典、上記ブログ)

これに至っては「えーっと、なんだっけコレ」って書いてる鬼龍院さんw ホーフブルクのミヒャエル門です。ムキムキの四人のヘラクレス像があります。

そして、スーパーBILLAに入った鬼龍院さん。ビールはOttakringer派のようです♪

(出典、上記ブログ)

続いて、シュテファン大聖堂

(出典、上記ブログ)

中に入って、パイプオルガンやろうそく立てを眺めます。

続いて、その横にいた馬車の写真を撮り、、

(出典、上記ブログ)

Rotenturm通りの方に向かいかけますが、、

急遽方向転換し、ペーター教会へ。

(出典、上記ブログ)

15時からパイプオルガンが聴けるとのことで、コンサートを聞きに行きます。

この教会については、こちらの記事(オーストリア/ウィーン旧市街、知られざる最古の教会探索 )で書いたので、興味がある方はどうぞ読んでみてください。

次に立ち寄ったのが、定番のホテルザッハで、ザッハトルテ。

(出典、上記ブログ)

ザッハのザッハトルテについて、以前私が書いた記事へのリンクも貼っておきます。

更に、日が暮れてくると、ブルク庭園のモーツァルト像を見に行きます。

(出典、上記ブログ)

そして、ウィーン国立オペラ座で、バレエの「こうもり」を見ます。写真の感じからして、5階席のBalkon辺りの席だったのではないかと思われます。モーツァルトの衣装を着たおじさんからチケットを買ったところ、21ユーロのチケットが70ユーロしたそうです。この辺りの座席なら、そのくらいの値段でしょうね。私はこの辺りのBalkonの立ち見に何度か立ったことがありますが、上の階の立ち見より音はいまいちだったと記憶しています。

(出典、上記ブログ)

まあ、この日は定番の観光地巡りなので、特定班としては簡単すぎですが、一応軽く場所をおさらいしてみました。実は次のブログ辺りから、特定がいい感じに難易度が上がり、かなり楽しい作業になりました。続きをお楽しみに!

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2209-0f832ad3