FC2ブログ
2019-03-12 16:55 | カテゴリ:記事紹介

前回に引き続き、サライ.jpで連載している記事のご紹介です。今回は鉄道以外の記事色々です。


現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選

WS000023


まずこちらは、オーストリアの古城マニアが送る、お城の蘊蓄三昧の記事です。一言で「城」と言っても、廃墟から宮殿までいろいろ。その種類と、いくつかの実例を挙げてご紹介します。


タイトルには「めぐってみたい名城」とありますが、このタイトルは編集の人が付けたもので、ちょっと記事の内容とは異なります(個人的には、〇選!的なあおるようなタイトルは、あまり自分では多用しないのですが。。)


別にこの6つが私のお勧めというわけではなく(上の写真のコルミッツ城はお勧めですが)、それぞれのカテゴリに合ったものを選んだだけですので、誤解を招くタイトルになってしまってすみません。私の好きな城は、それぞれ単独記事になっていたり、ブログで取り上げたりしています。


実在した「魔女狩り」の謎|岩山の上に建つキリスト教界で最強の古城・リーガースブルク城(オーストリア)

WS000026


こちらは私が好きなお城として、サライに単独記事で書かせていただいたものです。「謎解き風味」という注文がありましたので、「魔女」のテーマを軸に、ちょっといつもとは違う感じで書いてみました。とはいっても結局史実に基づいて、「魔女伝説」を検証した記事ですので、あまり怪談とかホラーの要素はありません。


これを書いていて気が付いたのですが、オーストリアって日本みたいなこわーーい怪談はあまりなく、どちらかというと、史実を淡々と書き連ねたものが多く、その方が変に妄想をあおらないので、個人的には好きです。オカルトとかそっちの路線とは正反対というか、根拠のない妄想を、史実でぶった切っていくスタイルですw


オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫

WS000022


こちらは、大人向けのワイン記事。私のブログや過去の記事をお読みの方はすでにご存じの、「モストとシュトルム」「クシュプリツター」などの、オーストリアワイン独特の楽しみ方をご紹介しています。


音楽と芸術の都ウィーンにある小さなユニーク博物館3つ

WS000024


取材はしたものの、単独記事にするには小さめの三つの博物館をまとめた記事です。「演劇博物館」「地球儀博物館」「ローマ博物館」の三つです。演劇博物館はすでに阪急で単独記事を書きましたし、ローマ博物館は、それ自体で一個の記事にはなるほどおもしろいのですが、あまりウィーンとローマ人の歴史を細かく書いても、興味のある人は少ないかな、と思って、コンパクトにまとめてみました。


ウィーンには小さな博物館がそれこそ大量にあるので、またこういう記事を書けたらと思います。


サライの記事は、毎月25日ごろに更新しています。こちらから私(ペンネーム御影実)が書いた記事がまとめて読めますので、更新時期にはチェックしてみてくださいね。


サライ.jp御影実執筆記事


また、いろんな媒体で書く話が出てきています。連載、単発を問わず、記事を書いたらブログでもご紹介しますね。ブログのマニア向け話題だけでなく、一般向けの読みやすい記事も取り混ぜ、オーストリアの魅力を発信していければと思います。


また、こんな記事が読んでみたい!といったリクエストがありましたら、コメントや拍手コメントなどで教えていただけると嬉しいです。媒体で書けるかどうかはタイミングにもよりますが、書こうと思って温めていた話題でしたら、優先順位を上げてブログの記事化できるかもしれません。


応援クリック ありがとうございます!


関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2201-65d2317a