FC2ブログ
2019-03-06 16:45 | カテゴリ:記事紹介

前回に引き続き、2018年に執筆した記事を紹介していきます。今回は「世界のコーヒー」の記事と、三部作として書いた「ザッハとデーメルとザッハトルテ」の記事をご紹介します。


「世界のコーヒー」


【オーストリア】歴史と文化と美味しいコーヒーを楽しむ、ウィーンのカフェハウス

Wien_Kaffeehaus_1


こちらは、ウィーンのカフェ文化全般に関する記事です。カフェの歴史と文化、お勧めのコーヒーなど、初心者向けの記事となっています。カフェ・モーツァルトの動画もあります。


【オーストリア】歴史的なコーヒーを知ろう!最初はメジャーな「メランジュ」、慣れたらコレ

Wien_Kaffeehaus_5


こちらは、ウィーンのカフェで注文できるコーヒーの種類と味、そのネーミングのいわれや歴史など、コーヒーを掘り下げてみた記事です。この記事を片手に、カフェでコーヒーを頼めば、自分の好みのコーヒーに巡り合えること間違いなし!


(ひとこと)

実はもう一つ「ウィーンのカフェの歴史」という、こちらも内容の濃い記事がまだ未更新となっています。この讃記事を合わせて三部作というつもりで書いたので、また更新されたらご紹介しますね。


この三つの記事を書いて、ウィーンのカフェ博士になってしまった私。その後ANAの機内誌のカフェ記事のお話が来た時に、その知識がとても役に立ちました。ANA機内誌取材で、いくつかのカフェのオーナーにインタビューしたんですが、それでさらにカフェの歴史について詳しくなったので、そのあたりのこともまたブログにまとめますね。


===


次に、三部作として書いた、「カフェ・ザッハ」「コンディトライ・デメル」「ザッハトルテ食べ比べ」の三つの記事をご紹介します。


ウィーンで絶対食べたい!カフェ・ザッハのザッハトルテ

AT_20180201_8-thumb-700xauto-43678


ウィーンの皇室御用達カフェ「デメル」で上流階級気分を満喫

AT_20180302_7-thumb-700xauto-54863


オーストリア・ウィーン名物、チョコレートケーキの王様「ザッハトルテ」を食べ比べてみる

AT_20180901_1-thumb-700xauto-79528


(ひとこと)


この三つの記事は、定番ともいえるネタなんですが、やっぱり私独自の話題や蘊蓄を仕込みたくて、日本語記事には載っていない情報を現地で仕入れて入れ込んでいます。やはりせっかく書くからには、定番ネタでも、「自分らしさ」を指紋のようにつけておきたいですからね(笑)


そして、ザッハの記事については、ちょっとしたエピソードがあります。実家の母が知人に頼まれて、カフェ・ザッハの記事をググっていたら、この記事が出てきたので、気になって読んでみたところ、「この記事を書いた人は、娘みたいにハプスブルク家が好きなのねー、娘に教えてあげなくちゃ」と思ったんだそうですw


で、最後の署名「ひょろ」を見て、「え?!この記事界の娘本人?!そりゃ、シシィやフランツヨーゼフがいっぱい登場するわけだわw」ってなったそうです(笑)自分の娘の書いた記事と知らずに読んでたんですね。


(次回は、2018年から新連載をしている小学館サライ.jpの記事のご紹介です)


応援クリック ありがとうございます!


関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2199-8c6d2a6d