FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-04-24 16:39 | カテゴリ:電車・乗り物

前回に引き続き、ウィーン市電150周年記念パレードの様子を、写真と共にお届けしています。

 

ウィーン市電150周年記念パレード①馬車トラム

ウィーン市電150周年記念パレード②蒸気機関トラム

ウィーン市電150周年記念パレード③ハプスブルク時代のトラム

ウィーン市電150周年記念パレード④皇室専用列車

ウィーン市電150周年記念パレード⑤戦中戦後のトラム

ウィーン市電150周年記念パレード⑥50年代のかわいいトラム

ウィーン市電150周年記念パレード⑦70,80年代の車両

 

今回の記事に登場する市電は、ほとんどが現役車両です。しかし、現役とは言っても、道を走らない乗り物も出てきます。

 

●2000年のバス

 

さて、この辺りからもう現役のバスと市電のみになりますので、パレードと言っても珍しさが落ちてきます。

 

IMG_6410_thumb_thumb

 

今でも普通に乗っているバスですね。

 

IMG_6412_thumb_thumb

 

●1995年の市電

 

E型の引退で、ウィーンで走っている市電の中では一番古いタイプの市電がこれです。初めての床が低い市電で、バリアフリー対応です。ちょっとでも床が高いように見せようと、ちょっと前から見たら下駄を履かせたデザインになっていますね。

 

IMG_6415_thumb_thumb

 

●2012年のCitybus

 

旧市街用のミニバスCitybusです。2012年にできた当時は結構話題になりました。

 

 

IMG_6423_thumb_thumb

 

 

ElectriCITYBUSと書いてあるのが見えますか?電気自動車のバスなんです。街角で電気を充電している姿をよく見かけますよ。

 

●2013年の新型市電

 

今普通にウィーンで走っている市電です。これもできた当時はおお!!!と思いましたが、もう普通に見慣れてしまいました(笑)

 

IMG_6427_thumb_thumb

 

●2015年のバス

 

これも見慣れてしまいましたが、このパレードの時点では最新のバスでした。

 

IMG_6432_thumb[1]_thumb

 

側面にsicher-sauber-ökologisch(安全で清潔でエコ)と書かれています。

 

IMG_6434_thumb_thumb

 

●2014年のバス

 

これも普通に走っているバスですが、初めてのハイブリッドバスです。

 

IMG_6445_thumb_thumb

 

救急隊が、セグウェイでのんびり見回りしていました。

 

IMG_6439_thumb_thumb

 

 

●リングトラム

 

颯爽とリングトラムがやってきました。観光用にリングを一周するトラムです。

 

IMG_6456_thumb_thumb

 

参考記事:座ったままでウィーンのリンク大通りを一気に楽しむ!ウィーン・リングトラム | たびこふれ

 

●U6

 

さて、見慣れた車体が続き、もうパレードっぽさもあまりなくなってきました。そろそろ帰ろうかな・・と思った頃。。

 

私の三回目のハイライトがやってきました!!!

 

これ!!!!

これは鳥肌モノです!!!!

 

IMG_6467_thumb_thumb

 

U6です!!!!!地下鉄が道路を走ってる!!!!

 

IMG_6475_thumb_thumb

 

上でも一度ご紹介しましたが、昔Stadtbahnと呼ばれたU6は、今は地下鉄ですが、軌道は市電のものを使っているので、市電の線路を走ることができると、知識として知っていました。

 

しかし、普段地下鉄U6の駅でしか見かけない、地下鉄の車体だと脳に刷り込まれていたものが、普通に公道を走っていることに、鳥肌が立ちました。

 

知識として知っていたものが、突然目の前に現れたので、とてもビックリしました。理論上だけじゃなくて、実際にも可能なんだ!って。

 

とにかく、このU6登場は、私の中では馬車トラム、蒸気機関トラムに次ぐ衝撃でした。

 

●工事車両まとめて

 

このあとは、工事車両が何台か続いて、パレードはおしまいです。

 

IMG_6486_thumb_thumb

 

IMG_6495_thumb_thumb

 

IMG_6498_thumb_thumb

 

●まとめ

 

というわけで、手元の公式資料を見ながら、ウィーン市電150周年記念パレードを写真で追いかけてみました。いかがだったでしょうか?

 

私にとっては、ウィーン人のウィーンへの愛、歴史的パレードに立ち会う交通機関関係者の輝いた顔、歴史を重んじながら時代に適応していく交通機関の姿など、色々と考えさせられたパレードでした。

 

特に、初期トラムは、実際に走らせてみるまでの準備や苦労が忍ばれます。ハプスブルク時代の電気で動くトラムは、それこそ当時は革命的なテクノロジーだったはずで、緊張の面持ちでハンドルを握る運転手さんたちは、当時の運転の職人技を復活させたのでしょう。

 

こうやって写真でまとめてみると、時代によってデザインも色々ですし、最近ではエネルギーやバリアフリーにも考慮している点がよくわかりますね。

 

こうやって、150年の市電の歴史を巡り、歴史の中で変わっていくこと、変わらないこと、色々と感じました。ウィーン人の足となって街を支えてきた交通機関。今まで以上に感謝して行こうと思った一日でした。

 

最後にもう一度、ウィーン市電150周年記念パレードの記事を目次にしておきますね。

 

ウィーン市電150周年記念パレード①馬車トラム

ウィーン市電150周年記念パレード②蒸気機関トラム

ウィーン市電150周年記念パレード③ハプスブルク時代のトラム

ウィーン市電150周年記念パレード④皇室専用列車

ウィーン市電150周年記念パレード⑤戦中戦後のトラム

ウィーン市電150周年記念パレード⑥50年代のかわいいトラム

ウィーン市電150周年記念パレード⑦70,80年代の車両

ウィーン市電150周年記念パレード⑧現役車両続々登場&U6(当記事)

 

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版DVD

 

 

ルドルフ ウィーン版 全曲ライブ版CD<2枚組み>

 

ルドルフ ウィーン版DVD

 

アイ・アム・フロム・オーストリア ウィーン版キャストアルバム<2枚組みCD>

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2185-7b5449cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。