FC2ブログ
2018-02-27 16:11 | カテゴリ:モーツァルトの歴史

以下の記事は、2017年4月にシカネーダーを見た帰りに、懐かしいレストランでディナーして、帰宅途中に見た景色です。

 

これを記事に残しておきたかったのは、この日の夜の散歩がきっかけて、モーツァルトゆかりの地の調査熱に火が付いたから。フラフラ街を歩くだけで、こんなに歴史に出会えるんだ!って感動した夜の記録です。

 

===

 

魔法にかけられたような不思議な出会いのある夜。気まぐれにいつもと違う道でウィーン旧市街を歩いてたら、モーツァルトゆかりの建物に二つも遭遇。片方は前から知ってた建物だったけど、もう一つは全くの偶然。ウィーンの夜の魔法。

 

この小道を通ったら、魔法にかかった。アムホーフからアムホーフ教会の裏に通じる道。この小道の脇に、モーツァルトが演奏した現存の建物があることは、フィアカーの御者のおじさんから聞いてい知ってた。

 

C9Pk5wRXoAEZjwB

 

夜のウィーンでこんな小路に迷い込んでみる。 

 

C9P7PaQWAAEss3n

 

ちょっと女性一人で歩くのは危険な感じ。誰かと一緒に歩いた方がよさそう。

 

これも同じ一角。アムホーフ教会はファサードが堂々としてるのに、裏に回ると細い石畳のクネクネ道。教会の裏にこんな掘っ立て小屋みたいなの(昼間はレトロな雑貨屋かなにか)がくっついてて、なんの時代にいるのか本当にわからなくなる。 

 

C9P77uWXsAAEtQJ 

 

夜のペーター教会。 この左側の建物を歩いていたら、一緒にいた人が「ここにもモーツァルトって書いてあるけど?」と言い出した。史跡パネルを読むと、「ここにモーツァルトが住んでいた」って書いてある!さっきモーツァルトのパネル一個見たところなのに?モーツァルト神出鬼没じゃない?

 

C9P82B2XgAQua2K

 

 

一時期毎週のようにここにある溜まり場に通ってた。グラーベンから続きの細い小道Naglergasseは思い出たっぷり。 

 

C9P9V0fWAAQgTc4 

 

Naglergasseからエステルハージーケラーを覗いて。

 

 C9P9nqbXcAQgPUR

 

グラーベンとペスト記念塔。

この時は知らなかったけど、グラーベンにもモーツァルトは二か所に済んだことがある。

 

C9P8tylXgAAIq9w

 

日本のテレビでもよく紹介される、チョコレート屋さんレシャンツの閉店後のショーウィンドウ。ボタン屋だった店をチョコレート屋さんとして使っている内装はとってもカワイイ。イースターの飾り付けも華やか。

 

C9UWE6yW0AAERXB

 

C9UWHZ1WsAAwfLi

 

●まとめ

 

というわけで、何気ない10分ほどの夜の散歩でしたが、私にとっては驚きの発見の連続でした。普段から劇場以外のところを夜フラフラすることもあまりないので、10年住んだ町でもかなり新鮮な体験でした。

 

この夜がきっかけで始まった調査も、ほぼ1年越しでほぼ終わりに近づいてきました。これから少しずつ、このブログでもウィーンのモーツァルトゆかりの地をご紹介していけたらと思います。

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

 
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2168-8439159b