FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-12-14 16:15 | カテゴリ:ミュージカル・コンサート

Maya Hakvoort, Lukas Perman, Marjan Shaki, Mark Seibert, Missy May, Ramesh Nairの6人が出演する、ミュージカルコンサートVoices of Musicalに、満を持して行ってきました!

 

ウィーン近辺のホールでよくツアーで回っていたのですが、交通の便が悪く、いつかウィーンに来るだろうと待っていました。やっと、待ちに待ったライムント劇場での公演が決まり、交通機関を気にせず行けるようになりました♪


ちょっと以前の写真ですが、I am from Austria仕様のライムント劇場

 

以下は、10月16日のコンサートのレポです。

 

===

 

Voices of Musicalライムント劇場公演に行ってきました!もう五年もツアーやってるのに初めてw めっっっちゃ楽しくて、あたたかくて、ホーム感があって素敵だった!Mayaさん、Lukas、Marjan、Mark, Ramesh, Missyのフルメンバー。魅力たっぷり!

 

いやなんかもうね、マヤさんとルカスとマジャーンとマークが同じ舞台にいたら、もうあの2005年くらいの、再演エリザとロミジュリ並行でやってた頃のウィーンに逆戻りして、当時の曲が聞こえる度に涙出てヤバかった。。


2017-10-16 191608

 

●キャスト編

 

・Maya Hakvoort

 

マヤさんの声はなんか脳みそに不思議な鳥肌が立つ。 ソロでもコーラスでも、マヤさんの歌声が聞こえたら、なんか後頭部側面の頭蓋骨と皮膚と間が、ぞわぞわーってするんだよ。今日何度もこの現象が起きた。脳科学的になにか特殊な周波数なのかな。。

 

ソロコンで見せたあのイタズラっぽい笑顔や、素晴らしいソロで見せる劇場を包み込むエネルギー、元気に歌い踊る様子、nur mirのmiiiiiiiir! この13年のマヤさんを定期的に舞台上で見られて、ほんとに幸せだと思った。ママは僕の鏡だからの久々のシシィ役見れて、泣けたよ。。

 

・Lukas Perman

 

ルカスは、IAFAで声がハスキー気味になって、ロックがよく似合うようになったって感じたけど、今日聞いたらやはりそうだった。めっちゃロックなヘアーのI've got Lifeを、ルカスがあんなにロックにかっこよく歌うなんて!年齢重ねるって素晴らしい!

 

 

ロミジュリのMarjanとのデュエットは、Marjanの声は当時と全く同じなのに、ルカスの声は現在だった。それはそれで素敵なんだけど、うわー当時とは変わったんだーって、時の流れも感じたな。ところがその後の「僕はママの鏡だから」で、突然の昔のルカス声!染み付いてる!すげー!!

 

・Marjan Shaki

 

Marjanの声はほんと変わらない。ずっととても好きな声。ジュリエットで10年以上前と全く同じ声と歌い方で、同じ劇場で、この舞台にルカスとMarjanが立って、ロミジュリ歌って、おまけに今は子供いるとか、なんという奇跡!って思って、そんなことで泣けてきた。とにかくたくさん泣いたw

 

Marjanは、ブエノスアイレス超よかった!彼女のエビータ見れなかったから嬉しい!

 

・Mark Seibert

 

マークは色々ヤバすぎたww マークは作品としてはよく見るけど、ガラコンでこんないろんな種類の今日を歌ったのを聞くのはもしかしたら初めてかも。いろんなマークの知らない表情を見れてよかった。コーラスで歌うマークとルカスとか超レアw なんか二人でノリノリで目を合わせて笑ったりしてるしw

 

マークのダンスで爆笑したw フットルースでダンサーに囲まれて踊りながら歌うナンバーでは、空手してるように見えて、笑いが止まらないw 時々手刀を繰り出すw よく見てたら、手足を動かしても腰が動かないので、四角い板が塊のままで動いて、手足がピョコピョコしてるように見えるんだ。

 

マークはミスサイゴンのLast Night of the Worldのクリスがめちゃくちゃよくて、マークにあまりにぴったりの役と声で、聞き惚れた。ハマり役すぎる。。全く演技しなくて、素のままでできるよこれ!表情とかもすごく良かった!

 

しかし、マークはもっとすごい見せ場があった!!Unstillbare Gier(抑えがたき欲望)がああああー!!!ヤバイヤバイヤバイ!!何このマーク!!スゴすぎる!!あの体から全てのパワー放出して歌ってた!おりゃゃゃぁぁ!俺のフルパワー!!!くらえ!!!みたいな。

 

いや、マークのGierこんなんだとは思ってなかったわ。。傲慢で、頭脳も肉体も完璧で、上から目線で、けどどうしようもない怒りがあって、それが弱点で、そんな自分の弱さにさらに怒る、みたいな。これは、マーククロロック絶対見逃せないわ。。

 

マークのGier見てて、これは本当に体力勝負の歌なんだな、って感じた。もう後半に差し掛かった頃から、常人ならぶっ倒れてる。そこから、まだ三回くらい盛り上がって、最後もあの「予言してやる」ってところ、繊細で全く気が抜けない。マークは筋肉で歌ってた。主に背筋。

 

・Ramesh Nair

 

Rameshは私の大好きな振付家で、久々に歌って踊る彼が見られてとっても嬉しい。彼自身の振付で、彼自身がダンサー従えて踊るなんて、なんて素晴らしいの!キャバレーとか、Moneyとか、アメリカンドリームとか、タップの曲とか、Rameshの魅力満載!歌声も深くて素敵!

 

Rameshが「劇場には、みんなのための場所がある」って言ってたを聞いて、なんか泣いてしまった。ウィーンで活躍するインド人ミュージカルスターRamesh。電話会社のイメージキャラクターとか、振付家とか、色んな仕事を経て、舞台に戻ってきた。歌って踊る彼を見れて嬉しい。

 

・Missy May

 

Missy Mayはあまりウィーンで見ない人だけど、アメリカンな感じの曲が似合う。キューティーブロンドのSo much better歌ってくれて嬉しい!ブロンド大好き!サビでマヤさんとMarjanのコーラス入って鳥肌立って泣いたよ。。ブロンドもっともっと聞きたいよ!!

 

VoMライムント劇場公演、キャスト編の大体のレポはこんな感じかなー。次は気に入った曲とか、取りこぼしを拾っていきます。

 



エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2138-02eeb783
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。