FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-09-29 16:41 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド

 

 

この雑誌にはたとえば、こんな最新情報も載っています。

 

●晩年のシシィの珍しい写真はニセモノだった! 

 

50代のシシィ(右)を写した、エリザベートの写真。一緒に写っている左の人物は、お付きのIda Ferenczyとされています。色々なシシィの本や資料に出ているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。この写真が、最近の研究でニセモノであると判明しました。

 

 

 

写真のオリジナルが二年前に発見され、場所がホールブルクのIdaの居室でなかったことが判明しました。窓の形が違う上、机の上のシシィの写真は全部ノリで貼り付けてあることが、オリジナルを見て初めて分かったのです。

 

この部屋はIdaがシシィの死後住んだウィーン3区の部屋で、ここにシシィが訪れるのは、時系列的にも不可能でした。写真を偽造した人物は、撮影場所がホーフブルクにみえるよう、シシィの写真を大量に貼り付けたと推測されます。写真の右の女性は、おそらくIdaの秘書ではないかと言われています。

 

 

この写真、シシィ関連の本にはだいたい載ってる有名な写真ですが(50歳中頃のシシィの唯一の写真とされてきた)、なんかシシィっぽくない、なんか目を背けたい変な感じがしていたんです。いくら50代でもこんなに老けないだろうと思っていたので、別人の偽物写真ときいて、なんだかほっとしました。

 

シシィは31歳以降、写真を撮られるのを嫌ったので、後年は今で言うコラが大量に作られました。年相応の服の写真に、昔の顔写真を貼り付けて、新聞社に売りつける、みたいな事が往々に行われていたんです。これは顔コラじゃなくて、部屋コラですね(笑) 長らく世間は騙されていましたが、オリジナル写真見つかったら真相も明らかになった、という記事でした。

 

現代になっても、資料が新しく発見されることで、歴史が塗り替えられていく、というのは興味深いものですね。 

 

この雑誌、さらになんと、最後にリーヴァイ夫人のインタビューもあります!

 

●ショップでのお取り扱い

 

というわけで、全文ドイツ語ですが、エリザベートや歴史の研究されている方のお役に立てれればいいなと思い、限定数ショップに並べさせていただきました。6月に発売されたものですので、現在新規入荷の当てがなく、当店の在庫限りとなります。

 

「シシィの星」のアクセサリ、スパイや陰謀疑惑、ハンガリーでのシシィの生活、シシィの愛した犬たち、エリザベートと写真など、興味深いテーマ満載です。

 

エリザベート戴冠150年記念特集号

 

また、エリザベート特集号ご高評につき、急遽同シリーズのフランツヨーゼフ、ルドルフ、マリア・テレジアの特集号も品揃えに加えました。歴史好き垂涎のこのラインアップ。この機会に是非どうぞ!

 

装丁はとても豪華で高級感があり、最新の研究を反映した資料的価値の高い特集号となっています。

 

各特集号の内容(目次)は、リンク先のショップサイトからご覧ください。

 

 

皇帝フランツ・ヨーゼフ没後100周年記念特集号

 

皇太子ルドルフとマイヤーリンク事件特集号

 

マリア・テレジア生誕300周年記念特集号

 

現時点では、フランツ・ヨーゼフ、マイヤーリンク、マリア・テレジアはまだ新規入荷が可能ですが、出版社の方で在庫が切れ次第、入手不可能になります。お悩みの方はお早めにどうぞ。

 

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2119-03dfbcc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。