FC2ブログ
2017-09-26 16:10 | カテゴリ:記事紹介

既に5年以上、阪急交通社現地情報ブログとして、隔週で連載をさせていただいておりますが、この度この連載記事のサイトが引っ越しました。

 

「たびこふれ」オーストリア ひょろ執筆記事一覧

 

引っ越し先は「たびこふれ」という国内海外旅行サイトで、同じ阪急交通社さんの傘下のサイトです。8月から新サイトに移行したので、これからどんどん記事が増えていくと思います。

 

過去に二回引っ越ししているので、以前の連載記事もリンクを張っておきますね。

 

阪急交通社 現地情報ブログ「オーストリア」(2014/9~2017/8)
阪急交通社 現地情報ブログ「オーストリア」(2011~2014)

 

ひょろが書いた記事で、〇〇について書いてあったのどこだっけ?と思ったら、「ひょろ 〇〇」でググっていただければ、結構すぐに出てきます。私自身も、結構忘れたら自分でググって思い出したりしています(笑)

 

それでは、新サイトで既に上がっている記事を、軽くご紹介しますね。

 

モーツァルトが眠るザンクト・マルクス墓地

 

ミュージカル「モーツァルト!」のプロローグでお馴染みの、ザンクト・マルクス墓地。10年ぶりくらいに行ってきたので、記事にしてみました。モーツァルトの埋葬地というだけではなく、この独特な雰囲気は、多分世界でもここだけなのでは?墓地の博物館みたいな不思議な場所です。

 

ウィーン最古のレストラン「グリーヒェンバイスル」

 

このレストラン、ミュージカルファン必見です!記事にある「サインの間」には、日本の有名ミュージカル俳優のサインもいっぱいありました!

 

ウィーンの新名所「タイム・トラベル・ヴィエナ」

 

特に、タイム・トラベル・ヴィエナは、私がかなりビックリして感動したウィーンの新名所です。おそらく日本語でメディア的なものに記事になったのは今回が初めてですので、気合が入っています(笑)。

 

簡単にいうと、ウィーンの歴史を、UFJのアトラクション感覚でリアル体験できる場所です。8つのアトラクションがあるんですが、そのうちの3つに私はものすごく感動しました。まさか二回も泣くとは思いませんでした。。

 

私がツイッターで「タイム・トラベル・ヴィエナすごかった!入り口で尻込みせず、ぜひ体験してみて!」と書いたら、その後ウィーンに来られた方が二人も「行ったよ!」とご報告いただきました。

 

特にウィーンが好きな方、歴史好きでリピートされている方は、ぜひ入ってみてください!本で読んだり、映画で見たり、舞台で見たりした、お馴染みのはずのウィーンの歴史が、手で触れるほどリアルに体感できます。

 

って、私の記事紹介じゃなくて、タイムトラベルの紹介になってしまいましたね(笑)。

 

それでは、今後とも新生「たびこふれ」のひょろ執筆記事、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2115-720dfeef