doncamillos

 

 

●観劇直後のつぶやき

 

ドンカミッロやばい。。ヤバイよ。。この幸福感、喜びで涙が溢れる。。マヤさんの声聞いたら涙、演技見たら涙。。

 

気持ちがいっぱい。暑い夏の日にドンカミッロを見ると、冷たい川に足をつけたくなる。観劇後にはイタリアン食べることにしたw

 

三回目なのに、メモA4 4枚分!初見の新作でも、2,3枚なのに!リクエストあったので、ちゃんと説明書くつもり。時間が。。w

 

(今回は三回目レポと言うこともあり、ネタバレ解禁してます)

 

●全体のまとめ

 

ドンカミッロ3.5回目(MMO含む)にして自分楽。見れば見るほど好きになる。いくつか前回からの宿題だった謎も解けて、これで疑問点はすべて解消したので、ストーリーのことならなんでも聞いてー!(笑)神父と市長の他にも、資本家パパと労働者パパが二人共カッコよすぎた。おじさん万歳!

 

ジーナとマリオリーノはロミジュリ意識してると何度か語ったけど、これはどっちかと言うとウェストサイドストーリーだわ。「いつかどこかの島で」の歌は、Somewhereそのまま。最初これ聞いた時、パクリかと思ったけど、伏線だったんだなー。

 

●キャスト

 

神父のAndreas Lichtenbergerは、ほんとに見ててスカッとするwめちゃめちゃ当たり役だわ。Uwe的なキャノンが時々出るんだが、Mein Dorfのサビとか、スト中の「私は常に弱者の見方だ」って叫ぶところとか、資本家をしかりつけるところとか、風圧すごかった。

 

それに、スト後の「ドンカミッロは何でも知ってる」みたいな歌で、葉巻吸うところ、憎らしいほどめっちゃ満足げなのも、見てて嬉しくなるw最後資本家パパと労働者パパがケンカするのを市長と止めるところも、殴り合いのけんかのにイキイキしてるしwそれでいて、神の代弁者に見えることもある不思議。

 

あと、Andreas Lichtenbergerの変顔選手権w多分一番すごかったのは、市長が試験を受けている教室の窓ガラスに顔を押し付けて、変顔したままずり落ちていくところwあれはほんとありえないwガラスにすごい跡ついてたw

 

市長はセカンドのKai Peterson。優しいおじちゃん役が多い中、今回めっちゃダミ声(普段は美声)で、役作りにビックリ。Frankの破天荒っぷりにはかなわないけど、とても良かった!本人楽日なのか、カテコでキャストに深々と礼をしてた。

 

資本家パパとがバルジャン役者のBrusmann氏で、労働者パパがレオポルトセカンドのThorsten。Thorstenは神父セカンドで見て以来なんか気になってて、声がすごくいいし、表情もとてもいい。ハンサム系なルックスなのに、荒くれ者の演技が似合う!かなり好みかもしれない。。

 

あとセカンドは、ノンノとジーナかな。ジーナは声きれいのに、なぜかよく音外してた。ノンノはファーストの人が芸達者すぎるけど(すごい役者で歌手の人)、セカンドの人も顔が丸くて、背が小さくてかわいかった。ファーストがオラフ、セカンドがテディベアって感じ。

 

 

二幕始めのマヤさんのパントマイム、今日は今までで一番の拍手で、水から上がるとこ(ハンカチの敷き方と畳み方が几帳面でおばあちゃん!)、ハンカチ取るとこ、靴に届かなくて手をピョコピョコするとこ、靴を足で立たせるところと、爆笑&拍手の嵐。腰さする後ろ姿にも笑えて泣ける!

 

 

●泣き所

 

泣き所が多すぎて覚えてるかな。マヤさんの第一声。Mein Dorf(一番好きな歌)、最初の若者デュエットの後でマリオリーノをハグしかけて微笑み、ジーナに手をかざす老ジーナ、二幕始めのパントマイム、初キスの時のすれ違う老ジーナ(号泣)、自転車キス、カテコの三人ではね回るマヤさん。

 

●色々単発の気づいたこと

 

最後老ジーナとのキスの後で、若ジーナがなんと自転車に乗れず、クロシュも斜めに倒れそうになる自転車支えるのに必死w結局乗れないまま、ジーナは徒歩で退場w カテコでワイワイ楽しくて気にならなかったけどねw

 

もちろんスタオベなんだが、カテコのマヤさんが出てくるところでみんな立ち上がった!あれは体が勝手に立ち上がるよね。マヤさんって知らない人も、アレはすごいって分かるもん!後でシシィやってた人だって知ったら、もっと驚くだろうなw

 

先生のキャラが一貫してて好きw 最後ノンノと結婚するって言うのも、神父じゃなくて市長に言うのね。教会式じゃなくて、役所での式優先なのね。あの二人くっついてほんと嬉しい。 劇場近くのレストランでディナーしてたら、先生役の役者さんが横通って帰ってたw

 

神父が2回、背中で指をクロスする場面があるんだが、独語圏では「守るべき約束を守ってないよ、へへーん」って意味。1回目はマニフェストのスペルチェック(したふりしてしてない)、2回目はテストの時試験官に「神父ですよ!嘘つくわけないです!」って言った時だったと思う。

 

●老ジーナについて

 

なんとなく自転車キスの後で老ジーナは成仏したのかな、と今日感じたけど、カテコで3人で水バシャバシャしてはね回って、ジーナと抱き合って踊って、マリオリーノにカジュアルにキスしてもらってて、幸せすぎて泣いた。。

 

老ジーナはナレーターなので見えない設定だけど、結婚式の後で喜び絶頂の神父に話しかけられ「あなたはまさか。。」と聞かれて思わず「私はあのジーナなんです!」って打ち明けるところも号泣。

 

老ジーナは語り手という意味では、ルキーニにも重なる。シシィ役者のマヤさんが語り手として気持ちを込めて語る対象が、ルキーニ役者のクロシュ演じるマリオリーノってところに、不思議な逆転を感じるよね。

 

●ヒトラーの扱いについて

 

ドンカミッロは終戦直後のイタリアを舞台にしているんだが、二曲目で歴史背景の説明の歌がある。ここでムッソリーニやヒトラーの話も出てこざるを得なくて、舞台に鉤十字の旗、アンサンブルが入るヒトラーのポーズを30秒ほどするところがある。舞台上部にはヒトラー本人役も。

 

どれも劇場の外では違法行為なので、客席は氷のように固まり、居心地の悪さから早くこの場面終わってくれと願う場面。「この支配も終わり」と言う歌詞で、雷が鳴り、稲妻が光り、ヒトラーも民衆も地面に倒れるという収め方は、観客が見てもほっとするもので、とても難しいけど絶妙だと思う。

 

更に気が付いたんだけど、ヒトラー役の人、顔は帽子と逆光で見えないんだけど、すごく背が低かったし華奢だった。多分あれ、女性の役者がやってたんだ。いつも教会にいる二人の黒服の夫人のうち、小さい方と背格好も服も似てる。女性にヒトラー役をさせるなんて、ひねってるなー。

 

あとこれは完全に推測なんだけど、ノンノが一回目に死にかけるシーンで、二階に老ジーナと黒服の女性がいて、下をじっと見てるんだよね。深読みかもしれないけど、二人は死後の世界(女性はノンノの妻?)から、死にかけノンノを見てるのかなと思った。個人的には老ジーナは生きてると思いたいけど。

 

●老ジーナの考察

 

で、老ジーナって結局何?と言う疑問が残る。これは答えずにおいておきたいけど、一応推測する。①今90歳くらいで生きていて、タイムトリップ的に当時の事を語ってくれている。②90歳くらいで亡くなったばかりで、魂として語っている。③実は心中事件で死んでいて、「もしあの時死なずに発見されていたら」と言う設定で語っている と三つくらいかな。

 

まあ、一番自然なのが①だと思うし、年齢的にもピッタリ。多分、夫マリオリーノが先に亡くなり、夫の記憶を求めて語っているんだと思う。マリオリーノが結婚後すぐに死んだのか、長寿で最近死んだのかは全く語られないけど、個人的には、マリオリーノが亡くなったばかりで、まだ好き過ぎて消化できないので、思い出の中の若かりし頃を振り返っていると思う。もちろん、老ジーナはマリオリーノの死後ボケてしまって、1945年の世界でふらふらしているとも考えられるけど、幕間の老ジーナとかめっちゃユーモラスでしっかりしてて、ボケたとは思えない感じだし。

 

②の死の直後説は、最後の自転車マリオリーノにキスした後サッと消えるところと、死にかけノンノを上から見つめるところがその理由。けど、マリオリーノのキスの後は普通に見たら、夢→現実って感じで、成仏ではないかな。。

 

あと、神父に最後見られてしまうところは何だろう?老ジーナが喜びのあまり、タイムトラベラーなのに姿を見せた(①説)かもしれないし、神父が喜びのあまり一瞬神に近づいて、魂となった老ジーナが見えた(②説)かもしれない。もちろんどちらも混合かもしれない。考える材料としては面白いなー。

 

そして、③のタイムリープ説。これは考え過ぎかなーとも思うけど、あの時は二人は心中して死んでしまったけど、死なない未来もあったはずという物語と言うのも、ありえなくはない。マリオリーノをすり抜けた時にすごく切なそうな表情をしたのとか、結婚式の時に異様に喜んでいた(達成感?)とか、自転車マリオリーノのキスで消えた(やっと願いがかなったので消えた)とか、根拠は一応ある。

 

けど、もし心中で死んでたら、もっと全体的に老ジーナだけ思い詰めてるだろうし、思い出に浸って幸せを感じる、なんてことも少ないんじゃないかな。あと、タイムリープしてるんだったら、あそこまで老けた姿でいる理由がないよね。

 

と考えると、やっぱり①の現代を生きているその辺のおばあちゃんが、亡くなった夫との恋物語を語ってくれている、っていうのが一番矛盾がないし、希望に満ちてるかなー。

 

 

●まとめ

 

というわけで、やっぱり大好きで、いっぱい泣けて、いっぱい笑えるドン・カミッロ&ペッポーネ、見納めでした。

 

正直、ドイツ語や社会背景がわからないと難しい作品かなーと思ったけど、最後の最後で、その辺全然わからなくても超楽しくて大好きな作品!って言ってくれた人に出会えて、ああ!!やっぱり、私が好きって思った作品は、言葉や背景がわからなくても素晴らしい作品だった!って再確認したと同時に、あまり固く考えず、好きなら好きともっと大声で言っておけばよかった。。とちょっと後悔。

 

だって、ツイッターやブログでは、「ちょっとこれは難しめかも。。」なんて書いたから、敬遠した人もいたんじゃないかな、とか思ったり。正直私の中では、シカネーダーよりずっとずっと見るべき作品だったし、シカネーダーは2回見て見過ぎたって気がしたけど(爆)、ドンカミッロは3.5回見て全然見足りない!って感じ!

 

やっぱり、好きな作品は全部理解してるわけじゃなくても、勢いとか感動とかがどーっと押し寄せてきたら、あまり深く考えずに、好きだー!!みんな見て!!!って叫ぶべきだなw言語や知識なんかに遠慮しなくてよかったんだ。。今度からは、好きだったら、細かいことは気にせず、とにかく見て!って言うことにする(笑)

 

それでも、やっぱり背景知識知ってたら10倍面白いと思うので、次の記事で、この作品のエピソード解説していきますー。

 

 

●おまけ

 

昨日劇場のスタッフがこのうちわ持ってたので、どこで貰えますか?って聞いて、教えられたとおりチケットオフィスに行こうとしたら、あとから追いかけてきて、本人が使ってたのくれた!めっちゃいい人♪表はTdV,裏はアイ・アム・フロム・オーストリア。大事に使おう。

 

 

 

ドン・カミッロ&ペッポーネ ウィーン版ライブCD<2枚組CD>

ドン・カミッロ&ペッポーネ ウィーン版プログラム

ドン・カミッロ&ペッポーネ ウィーン版リブレット(台本)

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2102-b93c7709