6月13日に、ウィーン再々演版ダンス・オブ・ヴァンパイアのキャスト発表がありました!

初演から20周年を記念する公演は、2017年9月末よりロングラン上演となります。現時点では2018年3月までチケットが発売されています。



記者会見の詳細な内容はまた後でまとめますが、ひとまず、キャストだけ先にまとめておきます。

クロロック役はDrew Sarich、マーク・ザイベルト、トーマス・ボルヒャートとの三人がリレー形式で演じます。

クロロック:Drew Sarich(9/20-11/9), Mark Seibert(11/10/12/31), Thomas Borchert (1/2-)
サラ:Diana Schnierer
アルフレート:Raphael Groß
アブロンシウス教授:Sebastian Brandmeir
シャガール:Nicolas Tenerani
ヘルベルト:Charles Kreische
マグダ:Marle Martens
レベッカ:Dawn Bullock
クコール:Florian Resetarits


写真、ロゴはVBW公式より

記者会見の詳細や映像は次回以降の記事でご紹介しますー。

ウィーンミュージカル チケット代行サービス



関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2094-9b912a86