2017-04-21 16:05 | カテゴリ:ウィーン

こないだ取材がてら調べたので、シュテファン大聖堂の有料エリアの入り方や価格などを、メモがてら記事にしてみます。


ネットをどこ探しても載ってなくて、たぶん直接現地で聞かないと教えてくれない情報です。ご参考までにどうぞー。

 

IMG_2561

シュテファン大聖堂

 

●無料エリア


シュテファン大聖堂に無料で入れるのは、入り口付近と左翼のみ。中央の会衆・主祭壇エリアと右翼、宝物殿、カタコンベ、北塔と南塔はそれぞれ有料。

 

IMG_1654

シュテファン大聖堂の主祭壇エリア

 

●中央の会衆・主祭壇エリアと右翼


このエリアに入るには、

 

①入場料を支払う(4.5ユーロ)

②オーディオガイド付き入場料を支払う(5.5ユーロ、日本語を含む20ヶ国語、9:00-10:45と13:00-15:45)

③ガイドツアー(5.5ユーロ、独語15時、英語10:30)

④ミサに参加する(無料だがチェック有り)

 

のうちのどれか。①と②は基本自由に歩き回れます。

 

無料で入れるのは、左翼のこの部分。この柵から右は有料です。

 

どの入り方をする場合でも、一旦大聖堂に入り、主祭壇に向かって左の方に歩いていったら、鉄柵の入り口にカウンターがありますので、そこでお金を払ったり、オーディオガイドを借りたりします。


ガイドツアーのスタート地点は、そのカウンターの少し後方の立て看板が立っているところです。


個人的には、時間制限はあるものの、オーディオガイドが一番手軽なのではないかな、と思います。もしオーディオガイドが使えない時間帯なら、①の自由に歩き回る、でもいいかもしれませんが、ちょっと4.5ユーロは高いですね。。以前無料で入れたエリアなので、せっかくならちゃんと歴史を学びたいものです。


ミサは誰でも入れますが、入り口で一応チェックがありますので、観光客がタダで中に入ろうとしている場合は、見破られることが多いと思います。逆に、ちゃんと座ってミサに参加する場合は、歴史的建造物でミサを受け、音楽も聞けて、素晴らしい体験ができると思いますよ。


ミサを受けるにはキリスト教徒である必要はありませんが、聖体拝領の時は並んでもパンをもらうことはできません。起立、着席などは周りを見ていればわかりますし、歌や詠唱は黙って聞いているだけで大丈夫です。周りの人と挨拶する儀式や、献金の儀式は、日本のミサと変わりませんが、タイミングなどは周りの人を見て合わせましょう。


●この有料内部見学以外の、4つの有料エリア

 

・宝物殿(入口近くの塔、5.5ユーロ)

・カタコンベ(30分~一時間ごとにガイドツアー。カタコンベ入り口で集合。5.5ユーロ)

・北塔(低い方の塔。エレベーター+自由見学、5.5ユーロ。大聖堂入って左翼)

・南塔(高い方の塔。階段+自由見学、4.5ユーロ。入り口は大聖堂の外)

 

内部見学のオーディオガイド、カタコンベ、2つの塔と宝物殿のセットで13.90ユーロ。

 

●おまけとかお勧めとか

 

無料エリアだけでも全体が見渡せ、あの空気感を感じることはできますが、主祭壇エリアはやはり入っておいたほうがいい気がします。主祭壇に近づけるかどうかで、かなり満足度が違うので。

 

例えば、顔を覗かせる有名な像があるこの螺旋階段は、無料エリアからだとこんなふうに見えて、肝心の顔は有料エリアからでないと見えません。

 

他の有料エリアとしては、個人的には、エレベーターのある方の塔(北塔)はお勧めです。南塔のほうが高いし、階段は上り甲斐がありますが、当時工事中だったからか、景色はあまり開けず、狭い穴から覗いてた感じでした。エレベーターの方は外に出ることができて、あの屋根を間近で見ることができて感動。見下ろすとフィアカーの駐車場もあり、見ごたえもあります。プンメルン(鐘)があるのもこちら側。

 

カタコンベは大昔行ったっきりだけど、かなり見ごたえあるので、こういう暗がりでちょっと怖いのが好きな人は、相当ゾクゾクすると思います。個人的には、年に何回か夜に入るチャンスがあるときに行くのが、もっと怖くてドキドキしそうですが、まだ実現してません。。

 

あと、シュテファン大聖堂にある像やステンドグラスの殆どがレプリカです。本物はウィーン博物館にありますので、こちらも見てみたい方は、とってもおすすめです♪

 

参考:【オーストリア】ウィーンの歴史と芸術を一石二鳥で楽しめるウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ | 海外現地情報ブログ | 阪急交通社

 

●まとめ

 

というわけで、シュテファン大聖堂の有料エリアのご案内と、入場料でしたー。

 

この記事は、2017年3月時点で、シュテファン大聖堂のガイドツアーのデスクで聞き取り取材をした話をまとめたものです。

 

ちょっと前まで、主祭壇エリアは無料で入れたので、ここが結構な有料エリアになってしまったのはびっくりですね。入場料は年々上がっていますので、これからどんな風に上がっていくのか、ちょっと怖い気がしますが。。

 

 

エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2063-a5423bee