2017-01-03 16:02 | カテゴリ:フォルクスオーパーVolksoper作品

フォルクスオーパーで上演されたAxel an der Himmelstuerのレポ第3段です。今回はキャストについてです。

 

この作品の以前のレポを含む、フォルクスオーパー作品のレポはこちら

フォルクスオーパーVolksoper作品

 

●キャスト

 

あらすじ書く前に、キャストレポ。まずしがない芸能レポーターのアクセル役がAndy Bieber。コメディのテンポと表情や動きが絶妙で、フォルクスオーパー初出演なのに客席を爆笑の渦に巻き込んでた。あんな大舞台でも、いつもの魅力的なアンディが暴れてて、それだけで幸せ。。

 

タンゴ踊るシーンがあるんだけど、普通にめちゃくちゃ上手くて、ほんとこの人は何でもできるなーと。。あのパーフェクトボディのBettinaとあんなに素敵に踊るなんてね。。プロデューサーズ以来だし、しかと目に焼き付けたよ。

 

フォルクスオーパーのオペレッタにはよくミュージカル畑の人が出るんだけど、生声のオペレッタ歌手に比べると声量が足りないことが多かった。今回はマイク着用だったし、全体の発声がポップスよりだったからか、全く違和感なくいつものアンディだった。

 

他にも見所多くて、アンディばっかり見てるわけにはいかなかったんだが、魅力たっぷりだったのは、色々コソコソ隠れる役で、隠れたところで色々細かく演技したり遊んだりしてるところ。丸い鏡の後ろに隠れて、両手と顔だけぴょこんと出して、そのまま鏡の縁をぐるーっと弧を描いて回るところが爆笑w

 

あと、女優をパジャマに着替えさせようと、なぜか銃で脅して「脱げよ、キレイなお嬢さん」って言うところがかっこよかったwなんであんな展開になったのか今思うと謎wそして停電後のタンゴが最高!!

 

大女優役のBettina Moenchは素晴らしいの一言。絶対ハマり役だと前から思ってたけど、思ったよりもっとよかった。エビータより絶対この役だよ!大女優の貫禄、ちょっと変な人感、人間らしさ、キュートさ、ラストのどんでん返し。どれをとっても説得力あったわー!

 

大女優の悲しみがテーマの「縛られた手」というソロがそりゃもう素晴らしくて、舞台見てこんなに鳥肌立って感動したソロはいつ以来かな。。と思った。オペレッタに慣れて耳の肥えたフォルクスオーパーの常連おばあちゃんたちも惜しみない拍手!至福の音楽体験。。

 

そんな名曲「縛られた手」が、二幕後半二回リプライズされるんだが、二回とも大爆笑w 女優がなりゆきで椅子に縛られた時と、アクセルが手錠かけられた時にリプライズは、脚本的にも絶妙すぎるww

 

アクセル彼女の秘書役は、普段はJohannaさんなんだが、今日はセカンドの人だった。Johannaさんならこう演技しただろうなーというのが透けて見えたけど、それでも新彼氏と超お似合いで、とてもチャーミングでした。

 

アクセルの親友で、彼女の新彼氏に収まる、美容師のテオドアは、あの!初演モーツァルトのシカネーダー役Boris Eder!最近フォルクスオーパーに出始めてたけど、こんなソロの多い目立つ美味しい役とは!元々コメディアンで、笑いとるのも歌も上手いので注目してたけど、超ハマリ役!

 

初代ルドルフと初代シカネーダーが親友役で、一人の女性を取り合うシーンがあるとか、それも初演エリザも初演モーツァルトも15年以上前とか、なんか妙に感動したよ。。

 

Dirigent: Lorenz C. Aichner
Regie: Peter Lund
Stückbearbeitung: Peter Lund
Bühnenbild: Sam Madwar
Video: Andreas Ivancsics
Kostüme: Daria Kornysheva
Choreographie: Andrea Heil

 

Gloria Mills, Filmstar: Bettina Mönch
Axel Swift, Reporter: Andreas Bieber
Jessie Leyland, Sekretärin: Juliette Khalil
Theodor Herlinger, Friseur: Boris Eder
Cecil McScott, Filmproduzent: Kurt Schreibmayer
Kriminalinspektor MortonGerhard Ernst
1. Herr / Autor / Randy Racebottom, KlatschreporterStefan Bischoff
2. Herr / Aufnahmeleiter / Ausstatter / Bab Peppermint, RechtsanwaltJakob Semotan
3. Herr / Komponist / Beleuchter / Tommy, PolizistOliver Liebl
4. Herr / Regisseur / Meredith, Butler / Clark, Glorias ChauffeurRoman Martin
5. Herr / Tonmeister / Prinz Tino TacianoMaximilian Klakow

 

(あらすじ編に続きます)

 

アンディと言えばまずは初演版エリザベートのルドルフ

エリザベート ウィーン初演1992年版キャストアルバムCD

 

Bettinaとアンディの共演は、あの爆笑作品プロデューサーズ!

プロデューサーズ ウィーン版オリジナルキャスト ライブ版CD

 

アンディはこちらでも大活躍

ニューヨークに行きたい!!ウィーン版ライブCD

 

親友役のBoris Ederはこのシカネーダーを聞いてから、生でなかなか見れないオリジナルキャストで、探し求めてたので、今回しっかり舞台上で堪能で来て感動!

モーツァルト!ウィーン初演版キャストアルバムCD

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2033-857783e6