2016-12-19 16:37 | カテゴリ:クリスマス

前回の記事で、ウィーンのクリスマスツリー(生木)の買い方をご紹介しました。

 

●クリスマスツリーはどうやって持って帰るの?

 

クリスマスツリーやさんには、必ず大きなメガホンのような謎の大きな道具が置いてあります。今回はそれを使った、ツリーの包みかたを見せてもらいました。

 

まず、このメガホンの大きいほうに、木の幹から先に突っ込みます。

 

 

下が、反対側から見た感じ。メガホンの細い方には、ネットがかけられています。

 

 

このネットと木を一緒に持って引っ張ると。。

 

 

こんな風に木が包まれて出てきます。

 

 

こうやって包まれた木を、自宅まで持って帰るわけです。クリスマスイブが近づくと、自分の身長より大きな木を持って帰る、スーツ姿の男性もよく見かけます。

 

我が家のツリーはこんな感じに包んでもらいました。ネットの真ん中に穴をあけて、手をずぼっとツッコむと、ちょうど幹を握って持つことができ、思ったより持ちやすいです。

 

 

グラーベンでは、既に包まれたものも売っていました。

 

2016-12-15 12.11.43_thumb[1]

 

●ツリーはどうやって立てるの?

 

ツリーを立てるための道具は、とってもシンプルです。これが我が家にあるKreuz(十字架)と呼ばれる、ツリーを立てる道具です。40cm程の木を組み合わせて、真ん中が丸くくりぬいてあるだけです。

 

 

最初にツリーを買ったときに、ツリーやさんで10ユーロで買って、その後はずっとこれを使っています。おそらくオーストリアのほぼ全ての家庭に常備してあると思います。

 

ツリーやさんで買うツリーは、このくりぬかれた丸の形に幹が削られているので、持ち帰って簡単に差し込んで立てることができます。ツリーの幹の太さが規格化されているなんて、合理的ですよね!

 

と言うわけで、簡単に押し込んで立てることができました。しっかり押し込めば、バランスを崩すこともほとんどありませんし、何よりKreuzが全く目立たないが便利でいいですよね。

 

 

アメリカなどでツリーのスカートを別売しているのを見たことがありますが、こうやってKreuzで立っている方が、自然な感じがして私は好きです。

 

後は飾り付けるだけ。我が家は子供の工作を飾るので、お見せできる代物ではないですが(笑)、伝統的なオーストリアのツリーは、火を点けたキャンドルと、藁の飾りが主役です。

 

AT_20141202_4.jpg

 

飾りとしてはとてもシンプルで素朴ですが、キャンドルの火でガラッと雰囲気が変わります。

 

詳しくは、阪急交通社の記事を読んでみてくださいね。

【オーストリア】オーストリアのクリスマスツリーよもやま話 | 海外現地情報ブログ | 阪急交通社

 

●ツリーはいつまで飾るの?

 

オーストリアでは普通クリスマスツリーは1月6日のエピファニー(三聖王の祝日)まで飾る伝統となっています。その頃には同じく街角に、ツリー捨て場が特設されます。

 

12月24日に初披露され、1月6日で役割を終えるオーストリアのクリスマスツリー。こんなに短い命なのに、やっぱりオーストリア人にとってはとても大事な買い物なのですね。

 

 

ミュージカル・クリスマス2004 ウィーンキャスト コンサートライブCD(マヤ・ハクフォート、ルカス・ペルマン、マジャーン・シャキ出演)

 

ミュージカル・クリスマス2010 ウィーンキャストCD(ウーヴェ・クレーガー出演)

 

ルカス&マジャーンのクリスマスCDブック「サンタクロースが寝過ごしてしまいそうになったので」

 

クリスマスCD「世界中の楽しいクリスマス」Froehliche Weihnacht ueberall

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2029-cb23f72e