2016-11-19 16:45 | カテゴリ:シカネーダー Schikaneder

ウィーンミュージカル新作「シカネーダー」に関する記事や、プレビューレポを記事にしてきましたが、今回は初日後のレビューや舞台写真をまとめておきます。

 

過去のシカネーダー関連記事はこちらから→シカネーダー Schikaneder

 

<舞台写真サイト>

 

シカネーダーのメディア向け制作発表の写真あります

Exklusive Einblicke in das neue Musical SCHIKANEDER - Musical1

 

こちらにもシカネーダーの初日制作発表(的なもの)の写真あります
musicalcocktail - 写真 | Facebook

 

 

<舞台映像レポ>

シカネーダー初日のニュース映像が、オーストリア国営放送で流れました。内容は、以下の通り。

 

・225年前のこの日に魔笛が初演された。

・マークが楽屋でページめくるシーンが一瞬だけど胸キュンw 稽古とかマークがなかなかイキイキした動画です♪

・シカネーダー夫婦はこの話の後もずっと一緒に暮らした上、シカネーダーと愛人の間の子供もすべて引き取って育ててたそうな(私が知ってる中で二人だけど、実際持っといたのかも)。

・レポーターによると、音楽、演出はとてもよく、脚本は平凡だけど、とても楽しい作品とのこと。

・無名な歴史上の人物を主役にするのはちょっとリスキーだけど、Traeum Groessはファンもお気に入りの主題歌。

 

 

===

 

<オーストリアの新聞のレビュー>

 

各紙ちょこちょこシカネーダー初日レビューが出てきてますが、手放して褒めてもいないけど、貶してもいないという感じ。音楽、演出は褒めてる場合が多いし、キャストも全体的に好評。脚本はノーコメントか平凡かと言ったところ。後はモーツァルトとの関係や歴史の説明をしっかり目にしてる感じ。

 

インテリ系2紙に共通して、ジャンルの議論があったのが興味深い。「ミュージカルというよりジングシュビール」「アリアというよりレチタティーヴォ」とはなかなか的を得てるな。大きなナンバーや見せ場が少なめで、歌う会話で話が進む感じが、日常生活感があってドラマチック感に欠ける。

 

チェンバロぽろろんでレチタティーヴォ始まり始まりって曲のイントロ、5曲はあったもん。1,2曲ならモーツァルトやオペラのパロディ感があって面白いけど、ちょっと多用しすぎだったしな。しかし音楽がいいのはみんな認めてる!けどなぜかレベッカを思い出して、めっちゃ見たくなった(笑)

 

あと、この作品はいいけど、Ronacherの短めの公演で良くない?ってレビューが、ミュージカルレビューアーから出てて、めっちゃ私の意見と被ったw ほんと、小さめのアットホームな劇場の方が絶対合うと思うよ。ライムントではもっと派手でドラマチックな作品やろうよ。

 

<英語圏のレビュー>

 

作曲家がアメリカ人(ウィキッドの作曲者のStephen Schwartz)なので、BW進出が視野に入っているのか、ウィーンミューにしては珍しく、英語のレビュー記事が何本か上がっています。

 

Playbill紙での英語でのシカネーダーの紹介記事。作曲家とSchwarz氏とStruppeck氏の馴れ初めは意外!S氏の俳優時代の映像見たいw ラストにはサプライズがあるんだとか。いつも言ってるけどどんなサプライズなんだろ? A Look at Stephen Schwartz窶冱 New Musical Schikaneder | Playbill

 

 

ニューヨーク・ポストの英語記事。褒めすぎで歯が浮くわ。。「キスミーケイト・ミーツ・アマデウス」は確かにい言えて妙。けど私キスミーケイト苦手w BW主演候補はヒュー・ジャックマンって噂なのか本気なのかw http://nypost.com/2016/10/06/theater-owners-are-vying-for-wicked-composers-newest-musical/

 

英語記事なので、気になる人はざっと読んでもらうといいんだけど、軽い調子がなんだかイラッと来る。「ヒュー・ジャックマンがやるならザイベルトはNYに連れてこなくていい」とか「ザイベルトはまさに80年代ALW主役タイプ」とか、本人読んだら嬉しいのかこれ?

 

なんか、ウィーン版をベタ褒めしてるくせに、NYはヒュー・ジャックマンだぞ!ウィーン版なんて蹴散らすぞ!みたいな感じが。。NYであのオケの音再現できるんかい!しかし、BW作曲家使ったら、あんな脚本でもBW行けたりしたら、K&Lコンビにケンカ売ってるよ。。

 

 

というわけで、ウィーンでのレビューは、8割方賞賛、英語版レビューは上から目線でべた褒めって感じでした。私のレポと似てる部分も、そうでない部分もあるけど、参考になりましたでしょうか?

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2018-e4cdaa98