2016-09-18 16:10 | カテゴリ:オーストリアの政治

オーストリアは日本より郵送投票が気軽にできるため、利用者も多いのですが、今回は実際に、日本で1ヶ月長期休暇を過ごしていたオーストリア人の郵送投票を取材してみました。

 

過去のオーストリア選挙戦の記事はこちらからどうぞ

舞台はウィーン! オーストリア大統領選2016 候補者ポスターを見比べてみた

一つ前に書いた、オーストリアの郵送投票に関する記事はこちら→オーストリアの政治

 

 

オーストリアの大統領選がこの度延期されたのも、「郵送投票のノリの粘着力に疑問があるから」と言う理由でしたが、どこをどんなふうに糊で貼るのかも合わせて見ておいてくださいね。

 

当時まさか糊が問題になると思わなかったのですが、まさにこの、5月の郵送投票が大統領選決選投票の勝敗を大きく左右したわけです。更にそのやり直しや延期もこの郵送投票を巡ってのことですので、この郵送投票レポでちょっとはイメージを掴んでいただけるかもしれません。

 

それでは、郵送投票レポ行きます!

 

1.事前にオンライン(マイナンバーのようなものを基準にした公的オンラインシステム)で申請しておいた投票用紙Wahlkarteが、日本の滞在先の住所に届きます。知人の家に居候している場合は、その人の住所にちゃんと届きます。

 

Wahlkarte01-crop

日本の住所に届いたオーストリアの郵送投票用紙。

「2016年5月2日の決選投票のための投票用紙在中」とあります。

 

2.中に説明レターが入っています。

 

Wahlkarte02-crop

この投票用紙を直接投票所に持って行ってもいいし、郵送にしてもかまわない、と書いてあります。どちらの場合も投票当日の17時までに到着必須。

 

3.投票用紙に記入する

 

Wahlkarte03-crop

「決選投票のための投票用紙」とあります。

 

通常投票用紙には候補者の名前が書いてあって、投票したい候補の方にXを付けるのですが、今回はおそらく発送時点で決選投票の二人の候補が書かれた投票用紙の印刷が終わっていなかったため、投票者が記名する方式になっています。

 

4.記名した投票用紙を半分に折って、同封の茶色の封筒に入れ、封をします

 

Wahlkarte05-crop-crop

 

この茶色の封筒ごと投票箱に入れられ、開票されることになります。おそらく、「糊の粘着力に問題がある(からこっそり開封して偽造が可能だ)」とされたのは、この茶色の封筒の事だと思われます。写真でも糊の部分、少し見えますね。

 

5.投票用紙の入った茶色の封筒を、郵送用の封筒に入れ、サインして封をします。

 

Wahlkarte05-crop-crop

 

大きいほうの封筒には「この投票用紙には自分の意思で記入しました」とサインをする欄があります(網掛け部分)。

 

最後にこの封筒に封をしますが、この封の部分が大きめになっていて、投票者の名前とサインが隠されるようになっています。開封者は、投票者の名前を見ることなく投票用紙の入った茶色い袋を取り出すことができるようになっています。

 

6.郵送用封筒の表紙を確認する

 

Wahlkarte07-crop-crop

 

A4弱サイズの郵送用封筒の表面です。この中に、封をされた茶色の封筒に入った投票用紙が入っています。宛先は区の投票所。

 

右上の切手を貼るエリアには、No Stamp Requiredと書かれています。

 

7.郵送する

 

送料無料と書いてあるので、普通の日本のポストに投函してもオーストリアまで届いたとは思いますが、とっても大事な一票だったので(実際ものすごい僅差でしたし。。)、一応送料無料の確認のため、日本の郵便局の窓口で投函してみました。

 

その結果・・無事無料で発送できました!!

 

多分郵便局の局員さんも、オーストリアの郵送投票封筒を見たのは初めてだとは思いますが、それでもちゃんと送れるんですね!なんだかちょっと感動しました。

 

 

というわけで、オーストリアの郵送投票のレポでした!

 

これを見た感じ、簡単でシンプルではありますが、二重に封筒に入れたり、サインや記名者の名前はちゃんと隠されていたり、一通り個人情報は守られ、投票所に向かう手間とほとんど変わらないことがお分かりいただけたかと思います。

 

一方でもちろん、強要して書かされたかどうかは誰も確認できませんし(自分の意思であるとサインする場所はありますが)、もちろんこの茶色の封筒の糊の止め方が弱くて封が開いてしまったらとか、悪意を持って投票用紙をすり替えるとか、疑い出したらキリがありません。

 

少なくとも、この茶色の封筒の糊をペロッとなめて封をする人がほとんどだと思いますが、その粘着力を調査して、大統領選が延期され、あわよくば郵送投票廃止が廃止の危機に陥っているとは、オーストリアの民主主義大混乱です。

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2004-befce217