2016-09-29 16:57 | カテゴリ:ウィーン

●フィアカーの乗り方とルート

 

ウィーンのフィアカー(馬車)の乗り方は、20分コースか40分コースどちらかを選んで御者さんにお任せで観光地を回ってもらう。ルートは御者任三によって違うかもだけど、20分コースは旧市街のみ(アムホーフ、フライウング、ペーター教会、グラーベン辺りかと)、40 分コースはリンク辺りまで。 後述しますが、目的地があってそこまで行って!と言うのもOK。

  

今日は40分コースで、御者さんお任せルート。シュテファン大聖堂→アムホーフ、フライウング→カフェツェントラル→ブルク劇場→市庁舎 →フォルクス庭園→首相官邸→ミヒャエラ門からホーフブルク新宮(美術史美術館)→スペイン乗馬学校→ドロテウム→グラーベン→ペーター教会→シュテファン大聖堂というルート。

 

御者さんは英語やドイツ語で観光地の解説をしてくれるんだけど、まあ私が基本的に日本語で案内してたので、途中からジョークとか豆知識も混ぜてくれるようになった。途中で馬がかみつき合ったりしてたいそうな喧嘩を始めてびっくり。他の御者さんが2人くらい寄って来て慌てて引き離してくれた。

 

 

●馬車から見たウィーンの景色

 

それでは、馬車の席から見たウィーンを一挙にご紹介!

 

DSC00979

御者さんの後ろ姿を眺めながらパカパカ。

 

DSC00997

ホーフブルク入り口のところのミヒャエル教会の尖塔。

 

DSC01005

ホーフブルクの中庭で、別のフィアカーとすれ違って。馬が目の高さ!

 

DSC01007

ホーフブルクの中庭で、振り返ってスイス宮の案内をしてくれる御者さん

 

DSC01013

お馴染みホーフブルク新宮でUターン

 

DSC01018

シシィ博物館辺りを背景に。

 

DSC01025

スペイン乗馬学校が左手に、シシィ博物館が右手にあるホーフブルクの通路から、ミヒャエル広場に出て来る所のこの門。いつもきれいだと思うけど、馬車が写りこんでるとになるとまたさらにウィーンっぽいなー!

 

DSC01036

裏道通ってグラーベン周辺のペーター教会前。この教会はなぜか馬車がとてもよく似合う(前に馬車乗り場あるしね)

 

DSC01038

シュテファン大聖堂の横の馬車乗り場に戻ってきた

 

40分が飛ぶように過ぎました!!

 

(フィアカーのお話ちょっと長くなりそうなので、次の記事に分けます)

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/2000-61007fd5