2016-08-25 16:00 | カテゴリ:ポケモンGO

前回の記事で、ウィーンのでポケモンGOを楽しむ準備について紹介しましたが、その情報に基づいて、定番の観光ルートをポケモンGOを片手に歩いてみました。

 

まずは、この日のポケモンハント後の感想ツイートはこんな感じでした。ウィーンを観光する時には必ず通る定番ルートですので、ウィーンで観光がてらポケモンGOする人は、まずこのつぶやきまとめを参考にしてルートを組んでみてください。

 

==

 

まとまった時間1人でポケモンハントしたのは初めてだけど、ウィーンでやるのはメチャ楽しいな!おまけに一眼持ち歩いて、原稿用の取材や撮影もしたので一石二鳥。しかし防寒着(長袖+春用ジャケット+スカーフ)着てたのに寒すぎた。。8月中旬に10度以下での長時間屋外ハントは無理だよ。。

 

ウィーン観光ルートのポケストップやジムはかなり調べたし、公園も歩き回った。観光地背景でポケモン写真撮るの楽しい!鳥ポケモンは飛んでるから背景が入りやすいけど、虫ポケモンは地面に張り付いてて、建物入らないw レアというほどのポケモンは捕まらなかったと思うけど、図鑑は結構埋まった。

 

今日のルートは、シュテファン大聖堂→グラーベン→コールマルクト→ホーフブルク→フォルクス庭園→ブルク劇場→市庁舎前広場→ラントマン→トラムでオペラ座の王道観光ルート。

 

5時半-8時の二時間半で55匹かな。ルアーあるとこ少なかったから、基本徒歩で遭遇して集めた感じ。

 

とは言っても、この外出の主目的は、次の原稿のための写真撮影と取材だから、そっちもしながらだったけど、実質ポケモンしてる時間の方が長かったな。それもハント目的でバトルはするつもりなかったから、観光名所で記念撮影バトルを何件かやっただけw

 

流石にウィーンは記念碑多すぎて、厳選した感じではあったけど、名前が重複したり、英語とドイツ語混じってたり、そばに重要な史跡があるのにどうでもいい落書きや体重計がポケストップになってたりしてたけど、地味モニュメントも結構発見できてワクワク。有名な像に変な名前つけたの誰だww

 

移動は、地下鉄とトラム以外は徒歩かキックボード。街中は観光客多くて、キックボードは押して歩いてたけど、公園の中やリンクの移動には重宝した。全力で走ると速すぎるけど、公園を軽く乗ったり、公園間の移動に使うなら、ポケモンゴーとすごく相性がいい。

 

あともちろんトラムもポケモンゴーとすごく相性がいい。ウィーンのリンクなんて、史跡オンパレードだし、すぐ停留所や信号で停るので、スピードもぴったり。ポケモンの巣のほとんどもリンク沿いにあるので、公園と公園の移動中もハントしまくれる。


ウィーン旧市街のジムは意外に少なくて、競争率が近所のへっぽこじむよりは高い印象。今日通ったルートでは、シュテファン大聖堂(聖堂のど真ん中で外からアクセス出来ないので、中に入るしかないのが難点)、ヘルデンプラッツに二個国会議事堂、市庁舎、自然史博物館前の象の像、オペラ座横のピンクのうさぎ


シュテファン広場周辺やグラーベン、ミヒャエル広場などの広場や歩行者天国は、歩くだけでポケストップは5個位ある。ヘルデンプラッツ、フォルクス庭園、市庁舎前広場、マリア・テレジア広場などの広い公園は、10個以上。ベンチや芝生もあるので、のんびりハントを楽しめる。

 

このくらいの情報があれば、ウィーンでのポケモンハントの雰囲気わかるかなー。

 

それでは次回から、実際に写真付きで、ジムやポケストップをご紹介していきますので、お楽しみに!

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン ブロードウェー版CD

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(ミュージカル版) 楽譜

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1995-cbb93946