2016-07-15 16:10 | カテゴリ:シカネーダー Schikaneder

さて、ウィーンミュージカル新作「シカネーダー」のルックスについての検証記事が続いていますが、今回はシカネーダーと彼の当たり役「魔笛」のパパゲーノ像の比較です。

 

その前に、今までのシカネーダールックス比較をおさらいしてみましょう。

 

●今までのおさらい

 

まずは、今回の新作ミュージカルでシカネーダーを演じる、マーク・ザイベルト。

 

2438

 

次に、シカネーダー最も有名な肖像画。

 

2088

 

二番目に有名な、パパゲーノを演じるシカネーダーの肖像画。

 

Papageno

 

なんだかもうこの三人があまりに違いすぎて収集つかなくなりそうなんですが、何とか前記事と前々記事で共通点を見つけたところです。

 

●シカネーダー演じるパパゲーノ像(アン・デア・ヴィーン劇場)

 

それでは今度は、肖像画ではなく像で検証です!!

 

シカネーダーの像と言えば、ウィーンミュージカルファンにはおなじみ、こちらですね!!!

 

theater-an-der-wien-_z-0-7_400_300

 

アン・デア・ウィーン劇場の側面にあるシカネーダー演じるパパゲーノ像

 

この顔をよーく見てみても、やはり丸顔、たれ目、彫りが深いというシカネーダーの特徴がありますし、何より上のパパゲーノの絵にそっくりな衣装と風貌です。

 

実際に「魔笛」が初演されたのは、アウフ・デア・ヴィーデン劇場の方なんですが、この劇場では魔笛の続編「迷宮」が上演され、シカネーダーがパパゲーノ役で登場したこともあり、こちらの作品をモデルに作られた像です。

 

ちなみにこの続編「迷宮」の方でも、パパゲーノと夜の女王が出てきます。この二人は初演版魔笛と同じ、シカネーダーとJosepha Hofer(コンスタンツェの姉)。

 

また、同じ劇団のフランクフルト公演の夜の女王は、モーツァルトが最初に惚れた、コンスタンツェの一番上の姉のアロイズヤでした。アロイズヤはJoseph Langeと結婚していましたが、このLangeはモーツァルトの未完の横顔の肖像画(以下)を描いた人です。

 

Mozart-Lange

Joseph Lange画モーツァルトの未完の肖像画

 

あとアロイジア・ランゲ(旧姓ウェーバー)の肖像画は結構残っています。

 

330px-Aloysia_weber

 

330px-Aloysia_Weber_as_Zemire

 

モーツァルトが、ウェーバー姉妹のうちジョゼファかアロイジアと結婚していたら、夜の女王の夫だったかもしれなかったんですね。。

 

 

●ザルツブルクのパパゲーノ像

 

いきなり像比較から話がずれてしまいましたが、オーストリアにはもう一つパパゲーノ像がありました!

 

それがこちらです。ザルツブルクのパパゲーノの泉にあるもの。

 

 

675px-Papageno-Brunnen_thumb[1]

 

妙に神経質そうで、触ったら折れそうにヒョロヒョロです。まあ、この像はシカネーダーが演じるパパゲーノ像ではなく、一般的なパパゲーノの姿を像にしただけなので、わざとシカネーダーらしさはそぎ落としているのかもしれません。

 

 

Papageno_statue_in_Kurpark_Oberlaa_thumb[1]

 

横から見た感じ。鳥より楽器の方に重点を置かれていますね。足元に鳥の像があるのがちょっといい感じです。

 

しかし、ヒョロヒョロすぎて生気がないというか、ロボットみたいでイマイチ親しみがわきません。。やっぱりパパゲーノはイキイキしてる方がいいですね♪

 

●ベルギーの謎の鳥男

 

あと、ベルギーのブルージュにもなぜかパパゲーノ像がありました。

 

Stadsschouwburg Theatreと言う歴史的な劇場の前に立っているということですので、演劇史代表と言ったところでしょうか。

 

52894806_thumb[1]

 

しかし、鳥男とは言っても、鳥を捕まえるのが仕事で、鳥の被り物をかぶるのはちょっとやり過ぎでは。。(笑)

 

一応後ろに鳥かご持ってますが、それより何よりその頭のツルみたいなやつと、背中のトンボみたいなやつが、全然実用的じゃないですよ。。

 

おまけになぜかパンツ一丁だし。。どうやったって鳥は怖がって逃げていきますよ。。おまけにタミーノやパパゲーナだって逃げていきますよ。。(苦笑)

 

と言うわけで、後半二つはシカネーダーとはあまり関係のない、一般的なパパゲーノ像でしたが、この3つのパパゲーノ像を比較しただけでも、衣装や役作りが全然違うとわかって面白いですね。

 

個人的には、このブルージュ版の鳥男像の、ツルのクチバシを頭に付けたパパゲーノをマークにやってもらえたら面白いのに。。と思うのですが。。(笑)

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1974-a3535554