2016-06-17 16:26 | カテゴリ:シカネーダー Schikaneder

前回の記事では、ウィーン劇場協会新作「シカネーダー」の記者会見で発表されたキャストをご紹介しました。今回は、クリエイティブスタッフとセカンドキャストを解説しますね。

 

(前記事を含む「シカネーダー」関連記事は シカネーダー Schikanederカテゴリからどうぞ。)

 

Schikaneder Old Logo_thumb[3]

 

 

 

●スタッフ紹介

 

この作品のクリエイティブティーム(製作スタッフ)をご紹介します。

 

Kreativteam

    Musik und Liedtexte        Stephen Schwartz
    Buch        Christian Struppeck
    Deutsche Fassung        Michael Kunze
    Regie        Trevor Nunn
    Choreografie        Anthony van Laast
    Bühne und Kostüme        Anthony Ward
    Licht        Paul Pyant
    Sound        Gareth Owen

 

2517_thumb[4]

 

作曲家のシュワーツ氏は左から三人目。

 

・作曲&作詞:スティーブン・シュワーツ

 

アメリカ人。ウィキッドの作曲家。Godspell、ピピン、The Bakers Wife等の代表作品も。アカデミー賞散開、グラミー賞4回受賞。

 

・脚本:クリスティアン・シュトルッペック

 

現ウィーン劇場協会ミュージカル部門総監督。脚本家としては、「ニューヨークに行きたい!!」「貴婦人の訪問」に続いてのVBW作品。

 

・独語訳:ミヒャエル・クンツェ

 

ウィーンミュージカルでは言わずと知れた、エリザベート、モーツァルト!、レベッカの作詞、脚本家。そのほかにもオペラ座の怪人、エビータ等数々のALW作品を訳してきた。ミュージカルに限らず数々のドイツ語圏歌謡曲(ウド・ユルゲンスなど)の作曲を手掛ける。

 

・演出:トレヴァー・ナン

 

イギリス人。ロンドンミュージカル界では知らない人のいない超有名演出家。キャッツ、スターライトエクスプレス、レミゼラブル、チェス、アスペクツ・オブ・ラブ、サンセット大通りなどの演出を手掛けた大御所中の大御所。

 

・振り付け:Anthony van Laast

 

イギリス人。マンマミーア、ヨセフと不思議なドリームコート、JCS、ヘアーなどの振り付けを担当。ドイツ語圏では、三銃士等の演出も。映画版マンマミーア、ヨセフ、JCSのフィル付けも。

 

・舞台美術、衣装:Anthony Ward

 

イギリス人。イギリスで主に活躍する舞台デザイナー。ミュージカル(マイ・フェア・レディ、チキチキバンバン、スウィーニー・トッドなどを手掛ける。

 

・照明:Paul Pyant

 

イギリス人。主にヨーロッパのオペラ作品を手掛ける。

 

・音響:Gareth Owen

 

世界的に活躍する音響デザイナー。最近では北米版ノートルダムの鐘、BW版春のめざめ、リトルマーメイド、シスターアクト、美女と野獣、等々。

 

(ひとこと)

 

スティーブン・シュワーツにトレバー・ナンとか凄過ぎませんか!といまだに信じられない感じなんですが、こうやって全部見てみると、トレバー・ナンがイギリスから舞台美術、衣装、照明、振り付けとビジュアル面のチームを率いて、スティーブン・シュワーツがアメリカから音響の人を連れてきて、英米墺の共同作品と言った感じか。

 

スタッフにドイツ語話す人が脚本家のStruppeck氏と翻訳者のクンツェ氏しかいないというのが、めちゃくちゃ違和感あるけど。。

 

そして、こんなに英米のスタッフ巻き込むなら、やはりBWやWE進出本気で考えてる?けど、シカネーダーって人物がマイナーだからな。。別の題材だったらもうちょっと話題性あったかもなのに。。

 

●セカンドキャストを含む全キャスト

 

何と、ワクワクのセカンドキャスト情報も上がってました!!!と言うわけで、気になる所だけご紹介。

 

    Emanuel Schikaneder        Mark Seibert,
(Ricardo Baudisch Frenzel)
(Oliver Floris)

    Eleonore Schikaneder        Milica Jovanovic,
(Marle Martens)←ドイツツアー版エリザベートでシシィやってました。ルキーニ役のクロシュの彼女。
(Franziska Schuster)←モーツァルト!のコンスタンツェで、本作ではBarbara Gerlの本役もやってます。

    Johann Friedl        Florian Peters,
(Andreas Bongard)
(Tobias Joch)

    Anna Maria Miller        Katie Hall,
(Lillian Maandag)
(Andreja Zidaric)

    Josef von Bauernfeld        Hardy Rudolz,
(Fernand Delosch)←お馴染みサルキーニ!再演版ルキーニセカンドからレベッカなどずーーーっとアンサンブルにいる。
(Ulrich Talle)

    Franz Moser        Hardy Rudolz,
(Jon Geoffrey Goldsworthy)
(Ulrich Talle)

    Karl Marinelli        Reinwald Kranner,
(Fernand Delosch)
(Stefan Poslovski)

    Barbara Gerl        Franziska Schuster,
(Karoline Gable)
(Jana Stelley)

    Benedikt Schack        Armin Kahl,
(Andreas Bongard)
(Stefan Poslovski)

    Josepha Hofer        Katja Reichert,
(Daniela Braun)
(Jil Clesse)

 

    Ensemble       

Ricardo Baudisch Frenzel
Oliver Floris
Marle Martens
Tobias Joch
Andreas Bongard
Lillian Maandag
Andreja Zidaric
Ulrich Talle
Fernand Delosch
Jon Geoffrey Goldsworthy
Jana Stelley
Karoline Gable
Daniela Braun
Jil Clesse
Stefan Poslovski
Peter Kratochvil
Jill Tessa Brockhoff

    Swings       

Shari Lynn Stewen
Rebecca Soumagné
Livia Wrede
Shane Dickson
Ronnie Veró Wagner
Stef van Gelder

 

musicalzentrale - Schikaneder - Raimund Theater Wien

 

(次回はお待ちかね!キャストのビジュアル紹介です。)

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1962-489bfbe9