2016-06-12 16:16 | カテゴリ:ウィーン生活

 

●リアル脱出ゲームの起源は日本!

 

なんと驚いたことに、ネットの脱出ゲームはアメリカ起源ながら、火付け役は日本人。更にリアル脱出ゲームは日本発!道理で私だけが知ってて、ほかのメンバーは脱出ゲームの「だ」も知らなかったわけだわ。そんな後発のウィーンでリアル脱出ゲームできるなんてラッキー!

 

ビジネス的に考えると、リアル脱出ゲームはかなり悪くない。ウィーンで数あるボロボロの地下室を安く買取り、改装もそこそこに(今日の所もボロボロのレンガ剥き出し)、家具と怪しげなアイテム、ハイテクな配線、監視カメラ、スクリーン、タブレットを置けば完成。電気工事のプロがいれば楽勝。

 

1時間70-100ユーロで、スタッフが張り付きでカメラから見て、適宜ヒントを出す。多分普段はオーナーのおじさんが一人で切り盛りしてる。平日は夕方に4グループ、週末は一日中。初期投資以外ほとんどかからないので、人さえ集まればかなり悪くない。もっと増えて盛り上がれば嬉しいな!

 

●ウィーンのリアル脱出ゲーム事情

 

なんて思って、ウィーンで他にリアル脱出ゲームできるところないかなーと調べてみたら。。

 

おおー!リアル脱出ゲーム、ウィーンで他にもあるぞ!Escape Game wienで検索してみたら結構沢山見つけた!また昨日のメンバーでやりたいなー。しかしこれ以上趣味を増やしても時間が足りない。。

 

ウィーンのリアル脱出ゲームはだいたい2-6人用で1時間。人数多めだと一人13-20ユーロくらいとお手軽。人数によって総額が変わるので、人数が多いほうが一人当たりの負担は少なめだが、2人で参加しても一人35ユーロくらい。子連れOK。13歳以上なら子供だけでもOK。

 

 

テーマは、スパイや泥棒が定番ながら、鉱山、迷路、屋外なんかも楽しそう。あとホラー系のゾンビ、狂人とかもあるけど、怖いのは苦手かも。。

 

ウィーンのリアル脱出ゲームランキングサイト。めっちゃ多い!

Escape the Room Games — Bewertungen – Wien — Lenina01.at

 

このリアル脱出ゲームランキングサイトによると、今回行ったLogikellerは第4位!やはりハイテクのサプライズが面白いとのこと。一回目にして既にかなりレベルの高いところだったんだなー。それにここは比較的高いので、他の安いところも挑戦してみたいなー。

 

それも、ウィーン初のリアル脱出ゲームは2013年。日本では一説では2004年にはあったそうだから、スタートはずいぶん遅れてるのに、流行りの爆発は結構すごいなー。流行やブームにあまり流されない町で、ここまで爆発的に広がるとはね。

 

というわけで、リアル脱出ゲーム、ウィーンでハマっても結構楽しめそうな感じで、これからも楽しみ!

 

(おまけ)

 

念願のリアル脱出ゲームをクリアしてスゴイ気持ちが盛り上がってたので、その後も色々と友達とウィーンをウロウロして楽しみました。

 

観劇以外の夜のウィーン結構久々なので、少しだけ写真でご紹介。

 

 

 

まず、脱出ゲーム会場がフンデルトヴァッサーハウスのすぐそば。久々に見たけどめっちゃ入りたかった!

 

終わったら、マインドリーダーの友達がジャズクラブ、ポーギー&ベスでコンサートすると言うので、同行。ギターとチェロのモダンな曲は、興奮した頭をヘッドマッサージのように解きほぐしてくれた。めっちゃ気持ち良かった。

 

 

ウィーン一のジャズバー、ポーギー&ベス、雰囲気良すぎ!客席はテーブル席で、飲みながら楽しめる。二階席も大人な雰囲気がめっちゃカッコいい。

 

終わって久々にDanieliにてウィーンで一番美味しいピザ。

 

 

私が勝手にウィーン一のピザを出すレストランと思っているDanieliの内装。ちょっと素敵なレストランだけど、ふらっと入れて豪華な気分で、観劇帰りにオススメ。Ronacherやオペラ座の近く。 

 

12年以上の友達と四人で話してると、10年前の話題がすぐに蘇る。最近あまり子供無しで友達に会う機会がないけど、こうやって顔を合わせてもすぐに昔みたいに話せるのはいいなー。

 

と言うわけで、脱出ゲームでかなり興奮して盛り上がった一夜でした♪

 

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1960-b9496160