2016-06-09 16:14 | カテゴリ:ウィーン生活

リアル脱出ゲーム行ってきた!大昔結構ネットの脱出ゲームは好きでやってたけど、まさかウィーンでリアル脱出ゲームができるとは!

 

今回行ったリアル脱出ゲームはwww.logikeller.at。フンデルトヴァッサーハウスの目と鼻の先の地下室。MI6のスパイになりきり、1時間でKGBに閉じ込められた部屋から逃げ出すというもの。

 

ケラーの名の通り、閉じ込められる部屋は地下室。

 

プレゼントにチケットもらって、友達誘って遊びに行った。独身時代みたいw 同行者はロシア人エコノミスト(女)、マインドリーダー(有名な舞台とかでショーをやっている昔からの友人(男))、法律家(男)、元脱出ゲーム好きの私の4名。

 

ネットの脱出ゲーム経験者は私1人で、ほかのみんなは脱出ゲームが何かすら全く知らない状態で、コンセプトから説明。

 

法律家はなんだよこれって感じで怪しんでるし、ロシア人エコノミストは数字とにらめっこだし、マインドリーダーはいきなりマジシャンのテクニックを駆使して錠前ピッキングしようとするし、私は大興奮してるしカオスw

 

部屋には監視カメラがついてて、行き詰まってたらヒントがもらえる画面があるのが心強い。オーナーのおじさんも、私たちが素人ってわかってたみたいで、ヒントがかなり丁寧で、ちゃんと脱出できるようリードしてもらえた。

 

部屋は二部屋あって、ちょうど30分で次の部屋に行けた。ネットの脱出ゲームと大きく違うのは、ネットだと見つけたアイテムは無駄なく使うけど、リアルは使わないのもあるので、関係ないものを調べすぎるトラップにはまって時間をとることもあるということ。

 

そして、ネットの脱出ゲームと違ってチームワークなので、ひとりが暗号解読してる間に別の人は探し物ができる。私はネットの脱出ゲームでも探し物や当てはめるのは得意だけど、暗号解読とかパズルは苦手なので、ここは数字の得意な人に任せたのが効率良かった!私は私の得意分野で大活躍。

 

設定上の敵スパイがKGBで、暗号解読の本も最後のコードもロシア語だったけど、ロシア人がチームにいたのでめっちゃ捗ったw 3桁の数字→キリル文字三文字→ロシア語で数字、っていう暗号解読は、最初のキリル文字がわかったら、どの数字か分かってしまうというネイティブの早業でかなり時間節約。

 

マインドリーダーと法律家は専門知識を活かせなかったけど、無駄にスマホに頼ってたw いつもスマホを手放せない私が一度もスマホ触らず探し物しまくってたのと対象的。

 

しかし2人の男どもは結構手作業が得意で、小道具のタブレットを使ってのロボット操作とか、積み木とか磁石と砂鉄の暗号解読とか小さい作業を上手くやってた。

 

私はこの中では一番脱出ゲーム慣れしてるので、まず部屋を探しまくる→見つけた物の使い道を考える→手作業系は男どもに、数字系はロシア人に任せる→探し物に戻る、って感じでやってた。ルンバ的な物を操作して暗号を手に入れたり、ゴキブリ玩具を使って狭い溝のメモを取ったり、アイデアが面白い!

 

●ネタバレ!

 

ウィーンのリアル脱出ゲームなんて行く人いないと思うので、自分メモでネタバレ。

 

部屋1。紙に書かれた暗号解読。紫外線ランプで文字が浮き上がるも、難しすぎてスクリーンでヒント。私はトラップに時間取られる。積み木を積んで天井のボタンを押すと引き出しが開きタブレットゲット。

 

タブレットのパスワードは積み木の並べ方で数字が浮かび上がる。タブレットを使ってスクリーンのカメラ付きルンバロボットを操作し、壁に書かれた四つの紙を解読。先程の暗号解読の紙を計算して4桁の数字を出し、壁の扉を開けると、隣の部屋に行ける。

 

部屋2。部屋を探しまくると鍵二つ、磁石板、ケーブル発見。ロボットで見つけたコードで巨大金庫をオープン。書類カバンに暗号解読のヒントが。法律家に磁石板とロシア人名の書かれたIDカードを渡すと、砂鉄で数字が浮かび上がることを発見。金庫にあったゴキブリ玩具を管に走らせると、メモ発見。

 

メモにはロシア人名三つからヒントを得た数字を足せと。法律家がIDカードから見つけた二つと、あと一つは書類鞄の中の暗号をロシア語の本を使って解く。ここは本物のロシア人大活躍w すごく早く解読できた!4桁の数字を入力すると、レーザー光が。この光を鏡に当てて壁の絵に当てると、がちゃんと音がして秘密の引き出しが開く。

 

引き出しにはケーブル。部屋で既に見つけていたほかのケーブルと合わせて4本繋げ、壁の穴に差すと!ガチャン!と音がして扉が開いた!残り時間9分!なんか最後めっちゃガチャンガチャンと部屋中の機器が繋がって、メッチャテンション上がった!ケーブルの配置で何となく予想できたけど、少し違った!

 

一つ目の部屋は数字系の謎解きが多くて苦手だったけど、二つ目の部屋はロジック系のが多くて楽しかった!まさかKGBの敵の我々の仲間に、本物のロシア人がいるとは思わなかっただろうねw 大勝利!

 

あと部屋はボロボロの地下室なのに、最後はレーザー光は飛ぶし、ケーブル配線すると予期せぬところが反応するしで、相当ハイテクだったのが鳥肌モノだった!

 

●まとめ

 

このLogikellerはもう一つリアル脱出ゲームやってるので、また行ってみたいなー。今日のメンバーめっちゃ良かったし、またやりたい。久々に脱出ゲーム好きの血が騒いだわ。ネットの脱出ゲームも攻略の助けを借りることが多いけど、ここもリアルタイムのヒント貰えるのがよかった。

 

あと、やっぱり私の一番苦手な謎解き(謎解き苦手で脱出ゲームが好きっていうのもアレだがw)を、得意な人に任せられたのがほんと良かった!一人でやるネットの脱出ゲームより、向いてるかもしれないなー。

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1959-e8fdbc46