2016-04-29 16:17 | カテゴリ:ミュージカル・コンサート

2/14に観劇した年に一度のイベント、ミュージカル・ミーツ・オペラ7のレポです。このコンサートは、オペラとミュージカルの歌手を集め、テーマを決めて歌い比べるというウィーンならではの企画。

 

 

 

Musical meets Opera 7 © VBW

 

過去のミュージカル・ミーツ・オペラのレポはミュージカル・コンサートカテゴリからどうぞ。

 

●曲目後半

 

<囚われの王子>

次は星金!それも、スーパーレアなファーストとセカンド合同3人バージョン!Anaさんの提案で、普段アンサンブルのセカンドさん2人と一緒に歌った。衣装も三種類(定番、ベール、おっぱい)おっぱいの衣装着た人の胸があまりに柔らかそうで素敵だった。。

 

12688034_1136125779740547_2455589846205306444_n_thumb[1]

 

一番はAnaさんが歌って、2番からセカンド二人が参加。二人とも上手くて雰囲気ある。三人でハモりつつ歌うサビが鳥肌物!星金ってソロじゃなくてコーラスでもホント感動する。最後の、旅にー出るーもハモリ!トリハダ!!!素晴らしかったーー!!

 

942858_1136125809740544_275468524308494167_n_thumb[2]

 

そういえば星金のテーマは、囚われた王子。という事で、魔笛のタミーノも囚われの王子!ナイス着眼点!横綱Schneider氏がタミーノw 背景はさっきの夜の女王の丸屋根に、女王、タミーノ、パパゲーノが映った絵で、もちろんM!舞台でおなじみ。

 

タミーノの後で、アンサンブルのdas wunder Mozartもあったわ。ここの男爵夫人の声、飛んでくるよねー!背景は舞台と同じで、TadW客席から世界のオペラハウス。アンサンブルのインタビューでは、アンサンブルは月2回カバーデーで主要な役を演じることが、月初めに発表される、とのこと。

 

12705234_1136125506407241_380273226179748679_n_thumb[1]

 

「なぜ愛せないの」のオペラとミュージカルデュエット。ウードが一番を歌ってから、二番でオペラ歌手のハッペル氏が入る。同じ音程なのに、ポップスとオペラの発声でここまで感じが違うのは面白い!それにふたりの声がとてもよく合ってる。最後とかユニゾンで歌声聞いて感動した!頑張った!

 

次がパパゲーノだったかな?背景はTadW側面のパパゲーノ像。ちゃんと舞台上でもパンフルート吹いてたのが可愛かったけど、像もこのシーン!背景がピンポイントで上手い!パパゲーナとの掛け合いもかわいくて、ホント微笑ましい歌。ハッペル氏ファンになりそう。

 

<シャンパン>

かなり時間が巻いてきて、解説が短くなってきたけど、コンスのダンスはやめられない。やっぱり上手いし、すごくいい!舞台よりリラックスしてる。そしてシャンパンとパーティーつながりで、ドンジョバンニのシャンパンの歌。めっちゃ速かったw シャンパンの小道具がM!で使ってるやつw

 

<メドレー>

ラストはMMO恒例のメドレー!「モーツァルト!」とモーツアルト(笑)から有名曲を混ぜて、全員が歌うメドレーに。ソロで歌わなかった曲「僕こそ音楽」「神よなぜ許される」最初の曲なども、パーツが聴けたし、オペラも更に有名パーツが登場。

 

12734100_1136125496407242_7240033467716582795_n_thumb[1]

 

このメドレーは毎回直前に練習するだけなので、かなりカオスなのが、今回はスムーズできれいだった。(カオスがデフォルトなので、うまくいくとビックリw)最後は全員で星金大合唱!!やっぱりこの曲コーラスだとソロより凄い!しかもAnaさんの声がしっかりくっきり聴こえてきたのも鳥肌モノ!

 

この後は、ウードの「影を逃れて」(この曲だけピアノは本物のベーゼンドルファーではなく、大道具の偽物ピアノ)と、フィナーレの曲で幕。あー大満足!

 

12717620_1136125503073908_5518340646464791255_n_thumb[1]

 

●まとめ

 

ミュージカルとオペラの共通のテーマを見つけて、それぞれの歌手が歌うこの企画。優劣を付ける訳ではないけど、大体いつもどちらかが頑張って印象に残る。個人的には、相手ジャンルの歌をワザワザ練習して披露してくれるとポイント高いんだが、今回はそんなクロスオーバーが少なかったかなー。

 

基本的にミュー歌手がオペラの有名曲歌うと粗が見えることが多いし、オペラ歌手がミューソン歌うと音域の広さに対応できないので、ミュー歌手がオペラのレア曲を歌うか、オペラ歌手が音程を狭めてミュー曲を歌うかが多いかなー。今回の唯一のクロスオーバー曲「なぜ愛せないの」のオペラパートは歌い方として興味深かった。

 

今回はクロスオーバー少なかったけどClemensが来てれば歌ってくれただろうなー。あとウードがサービス精神出してパパゲーノとか歌って欲しかったな。もちろんシカネーダーの人が歌ってくれたら、新作の宣伝になったのにw ミュー側のオペラ曲聞きたかったなー。けど三人星金とか頑張った!

 

今回はカオスが少なく、綱渡りに慣れたMMOファンにとってはスムーズ過ぎて少し物足りないw アクシデントにあの司会のデーネマーク氏がどう対応するかも含めてのMMOだからねw あと、ミュー組のセカンド率が低かったのも、MMOでセカンド堪能したい邪道ファンとしては残念w

 

というわけで、わかりやすいテーマと良選曲に恵まれ、クロスオーバー少なめだったから勝敗付けにくくはあったけど(引き分けだね)、アンサンブルと本役が一緒に歌ったり、カルテットが初登場したり、背景に愛が満ち溢れてたり、新しい発見が沢山あったMMO7でした♪

 

12715803_1136125839740541_6106359980472422284_n_thumb[1]

 

さて来年はシカネーダーやってる頃なのかな。それならまた魔笛コラボ?それともRonacherでI am from Austriaやってる頃?うー、どっちとコラボするのかなー。今から次が楽しみだー!

 

当記事の舞台写真はVBW公式FB(Gestern fand Musical Meets Opera 7... - Musicalvienna (VBW) | Facebook)より

 

●おまけ

 

モーツァルト!とオペラのコラボ、ミュージカル・ミーツ・オペラ7の映像です!!男爵夫人3人による星金、オペラ歌手とウードの「なぜ愛せないの」デュエット、ラストのモーツァルト!とモーツァルト作曲作品の恒例メドレー、影を逃れて(カテコ)

ビデオのタイトルをここに入力します


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1942-fd5df557