2016-03-23 16:41 | カテゴリ:ミュージカル系雑談

ORFのマジャーン&ルカスインタビュー番組のご紹介です。2015年12月中旬放送でしたので、クリスマスコンより前です。(かなり前に下書きしてたので、古い情報もありますが、そのまま記事にしちゃいます)

超楽しいじゃないですかこれ!

 

 

貴重な映像も!!RJや2人のソロアルバムLuft und LiebeのPV,10年前のクリスマスコンの映像も流れる!

 

子供が産まれて人生がどう変わったか?という質問に対しては、「人生は美しくなった。喜びも心配も。夜は眠れないし。」とのこと。

 

この辺りは、こちらの記事→舞台はウィーン! ルカス&マジャーンの赤ちゃん6か月!取材記事要約 に詳しいです。合わせてどうぞ。

 

●チャリティ活動について

 

ミュージカル・クリスマスコンについても語ってますが、難民問題、インテグレーションに触れた時は、なんだか私が泣きそうになったよ。Drewといい、みんなちゃんと取り組んでいてほんと偉い。

 

ウィーンフィルも少年合唱団もチャリティコンをやったし、VBWだけしないわけにはいかないよね。DrewとAnnさんの娘さんも登場するとのこと。

 

イブのチャリティー番組Licht ins Dunkelの司会もやるそうで、最後は練習までしてますが、マジャーンとの掛け合いが面白すぎwルカスがボケて、マジャーンがフォローで取り返すw

 

●出演予定

(12月に書いたことなので、ちょっと時間がずれててすみません。。)

 

あと、二人はMetropolの公演に2月に出演するとのこと。ここ、以前BorisとCaroも出てたし、カップルでよく出演するよね。めちゃめちゃ小さい劇場(というよりキャバレー)だけど、MayaさんもMateもここでコンサートやったし、お馴染み。

 

Metropolの作品はDie Wonderboys von Hernois。ああ、Andy Lee Langとの共演か。それはありうるな。私の友達のお母さん(旦那さんは超有名役者で、本人も70歳現役役者)もMetropolでAndy Lee Langと共演してたわ。

 

あ、Die Wonderboys von HernoisのHernoisはウィーン弁で、Hernals(ハーナルス、ウィーンの地名)ね。「ハーナルスのワンダーボーイズ」ウィーンを舞台にしたウィー弁のオリジナルミュージカル。こういうの超楽しいんだよね(ウィーン弁の理解必須w)

 

●ルカスのMBAと将来

 

あとルカスがKremsの大学院でマネジメントの修士号を取得したとのこと。育児の合間に偉いな!

 

チャリティーコンなどを運営するうちに、経営に興味を持つようになり、舞台関係の経営に役立てたいとのこと。王子様キャラの役者が35歳を超え、次のキャリアを探す様子が心強い。

 

ちないに、ルカスが修士号を取ったクレムスの大学院は、MBAの選択肢としてはとてもメジャー。マネジメントのマスターって言ってたけど、普通にMBA取ったのであって、経済学部の修士号取ったわけじゃないはずだよ。それだったらほんとすごいけど。

 

っていうか、普通オーストリアの制度で、こんな短期間で普通の(MBAじゃない)修士号取るのはほぼ無理じゃないかな。この国はまだ、学部と修士課程がほとんど分かれてないので、大学といえば6年かけてマギスタ取るしかない。Oliver Arnoはこれで修士号取ったから、かなりすごい。

 

MBAは知ってのとおり、社会人経験者がビジネスを学問的に学ぶためだから、入試もほぼなしで、コースワークも自宅で出来るものが多い。校舎自体はクレムスだから、ほとんど通学は発生しなかったはず。ルカスは舞台マネジメントを研究したんだとしたら、結構珍しいテーマだったろうなー。

 

色んな話聞いて、ルカスはこれからどんなキャリアを考えてるのかとっても興味がある。Boris Pfeifferは育休を経て3年ほど掛けて芸幅を広げ、舞台復帰。Drewはずっと最前線。(ほか35歳以降で子供がいる人って誰だろ?Robは離婚したから少し別枠)この三人は、奥さんも舞台人という共通点も。

 

ルカスは王子キャラからどっちへ向かうのか。チャリティや社会活動をライフワークとつつ、舞台も声がかかったら出つつ、テレビの仕事を増やすのかな。それとも、舞台とソロ活動メインでテレビは宣伝活動だけなのかな。マテが迷走し始めたのと似た年頃に差し掛かってる。知名度はもっとあるけどね。

 

そして、子供を産んだ有名舞台女優として、マジャーンの今後も注目。こちらも女の子の役から大人の女性の役になってくるし、イメージチェンジを図れるか。オーストリア人と移民二世の夫婦として、インテグレーションのイニシアチブの旗印になるのも、オリジナリティがあっていい。

 

なんでこんなにミュージカル役者の生き方や考え方まで考えちゃうんだろ。やっぱり同世代で、この国で外国人で(ルカスとOliver以外オーストリア人役者ってほとんどいないよね?)、絶賛育児中で、奥さんもバリバリ仕事してて、って、すごく身近に感じちゃうんだよね。

 

だからこそ、こういう2人が育児や仕事、妻と夫の役割分担、大学、社会活動などについてインタビューに答えてると、肯けることや、参考になることも多い。華々しいキャリアの途中で出産して、これから二人でどうやって幸せを築くのか。昔に戻るのか、方向を変えるのか。自分にとっても大きなテーマ。

 

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

マージャン&ルカス Luft und Liebe

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1926-90617db5