2016-02-22 16:35 | カテゴリ:モーツァルトの歴史

12月くらいに、中世騎士祭りがあって、Schwechat方面にあるSchloss Rothmuehleというお城に行ってきました。

 

Rothmuehle_Main01

お城外観(公式サイトよりRothmühle

 

そしたらなんと、入り口に、「1773年9月22日に、ここに住んでいたメスマー博士を訪ねて、モーツァルトが逗留したことがある」ってて書いてあるじゃないですか!

 

IMG_7708

お城の入口。ひょろ撮影。

 

IMG_7709-crop

お城の入口に貼ってある、モーツァルト滞在の記念プレート。ひょろ撮影

 

●お城について

 

このSchloss Rothmuehle、昔メスマー教授の妻が所有していて、二人はここに住んでいたとか。モーツァルトがここに住むメスマーを訪れているなんて!中世騎士祭りに来て、モーツァルトの足跡を見つけるとはね。

 

お城はこんな感じで、まあ、ちょっと田舎の宮殿って感じ。すごい豪華とか派手派手しいこともなく、身の丈サイズ。

 

330px-Rothmühle

Wikipediaより

 

Rothmuehle_Main02

中庭。公式サイトより。

 

結婚式とかセミナーにも使えるし、宿泊もできる。この規模のお城らしく、宿泊も全然高くない(二人部屋100ユーロ以下)。ウィーンからの距離も程よく、結婚式して朝まで踊って、泊まって帰るのにはぴったり。周辺に見所がないので、泊まるだけのために来るのは面白く無いかもだけど。(←城マニアなので、城がビジネスにどう生かされてるか、いちいち調べてしまうw)

 

今回は中庭が中世騎士祭りの会場をにもなってたし、色々とイベントに貸し出してるっぽい(お祭りも楽しかったので、また機会があれば記事にします)

 

 

●メスマー博士って誰?

 

メスマー博士ってだれ?って人のために、軽く解説ー。モーツァルトの時代の人で、動物磁気やら催眠術やらを使って治療をしていた、当時のハイテク医者。

 

FranzMesmer

フランツ・メスマー。顔調べたら、ウィーン版モーツァルト!のメスマーの人とそっくりでビックリしたw

 

まあ、今から考えたらインチキだったわけですが、いろんな病気を直したりしたので、一躍ウィーンでは時の人。

 

今では、メスメライズMesmerizeという英語の単語は「催眠術にかける」「幻惑してうっとりさせる」って意味で、単語にまで名前が残ってしまうような人なんです!

 

(次回は、史実上のモーツァルトとメスマーの親交について、その次からミュージカルの中に出てくるメスマーを検証してみます)

 

モーツァルト!に関する記事は、モーツァルト!カテゴリからどうぞ。

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1913-912f6a7d