2016-01-07 16:10 | カテゴリ:モーツァルト!Mozart!

ドイツのZDFで放送している人気番組Helene Fischer Showのクリスマス特番に、ウィーン版モーツァルト!が登場しました。

 

「なぜ愛せないの」「星から降る金」「Wir zwei zusammen」「影を逃れて」の4曲!ウィーン版モーツァルト!気になる人は必見!(演出ネタバレあるけど)

 

 

 

今回の映像の出演者は以下の通り

 

ヴォルフガング・モーツァルト:Oedo Kuipers(ウード・カイパース)ウィーン版ヴォルフガングファーストキャスト

レオポルト・モーツァルト:Andre Bauer(アンドレ・バウアー)ウィーン版レオポルトセカンド(ファーストキャストのトーマス・ボルヒャートは来日中で不在)

ヴァルトシュテッテン男爵夫人:Ana Milva Gomes(ウィーン版ファーストキャスト)

コンスタンツェ:Helene Fischer(この番組の司会者。ウィーン版と関係ありませんw)

 

この番組のタイトルにもなっているHelene Fischerは、ドイツのシュラーガー歌手で人気司会者。元々ミュージカル畑の人で、ミュージカルファンを公言しているだけあり、自分の番組でミュージカルをよく取り上げます。

 

以前のウィーン版エリザベートを受け、世界7か国からシシィ役者を集めて、自分も混じって歌ったこともあります。

 

その時の記事

舞台はウィーン! 7カ国エリザベートが一緒に歌う「私だけに♪」映像

 

(ひとことツッコミ)

 

「なぜ愛せないの」トーマス来日中なのでアンドレパパだ!(ホントは舞台上にいないけどw)ラスト二回ロングトーンは翌日の舞台の方がすごかったわ。しかしアンドレがこんな大舞台にいるなんて嬉しいぞ!

 

次に、男爵夫人の星金!!あー素晴らしいあー素晴らしい!!!ピアノと椅子の演出もそのまま!!しかしヴォルフガングとパパの立ち位置は舞台と違うね。アンドレパパの表情時々映ってて嬉しいよー!アンドレ素敵すぎる。。おお、アレンジ変えたwカメラワークかっこいいー!

 

そしてアンドレいるだけで歌わなかった。。あんなに存在感あってカッコいいのに。。それがアンドレ。。しかしこんな有名な番組に出るなんてそれだけで嬉しいわ。

 

で、三曲目がウードとコンス(ウィーン版本役ではなくこの番組司会のHelene Fischer本人)とのラブソング。ああ、これはこないだYoutubeで紹介したやつね。演出ちょっとビックリするかも。こちらもプラーターね。

 

そして最後「影を逃れて!」ああかっこいい。映写(前の曲も)ウィーンから持ってきたのねー!シュテファン大聖堂の入り口前です。アマデも26日の子と同じ。この子好き。

 

アンサンブルは男爵夫人とパパ以外はウィーン組じゃないです。見覚えのある顔ないし衣装も違う。そしてラストのピアノ引っ張り無し!

 

まあ、歌も短縮バージョンではあったけど、8割方ウィーン版を再現してたね!これは相当嬉しい映像だなー。映像もきれいし、キャストも頑張ってる。演出の再現度も高い!これ見てウィーンで見たくなっても、3月で終わりなんだよ。。(涙)

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1895-367eef1d