2015-11-11 06:38 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド

ウィーンミュージカル専門店、ウィーン・ミュージカル・ワールドでは、現在ウィーンで上演中の新演出版モーツァルト!関連商品も続々お取り扱いしています。

 

 

前回は、「モーツァルト!」の特集号と公演プログラムをご紹介しましたが、今回は特集号の方をじっくり解説してみます。

 

 

「モーツァルト!」特集号 世界各国公演写真集

 

 

解説というか、私個人のファン目線からの実況レポなので、客観性には欠けますが(苦笑)、臨場感と興奮は伝わるかと思います(笑)

 

<掲載インタビューと舞台写真>

 

掲載インタビューは、クンツェ氏、リーヴァイ氏、ウード・カイパース、トーマス・ボルヒャート、イングヴェ、イーサン・フリーマン、Felix Martin、Angelika Milster、Martha Kunicki(元子役アマデ)、パトリック・スタンケ、Marc Ckear、井上芳雄。

 

マイク・ザイベルトを含むウィーン新演出版のメインキャストは、それぞれテーマインタビューもあります。

 

掲載舞台はウィーン初演、ハンブルク(独)、ウィーンコンサート版、テクレンブルク(独)、Plauen&Zwickau版(独)、カールスタッド(スウェ)、日本、ブダペスト(ハンガリー)、ブルノ(チェコ)韓国。

 

<ウィーン版・ドイツ版>

 

過去の公演は第一部として、こちら側の表紙にまとめられています。

 

 

もちろんウィーン初演版も写真たっぷり!トーマス若ー。コロレドセカンドまでやってたのか!Rob Pelzerがヴォルフとシカネーダーのセカンドだったなんて!ヴォルフの方は聞いてはいたけど写真で見るまで信じられなかったよ。プロデューサーズのカルメン・ギアしか見たことなかったもんねwセカンドも含めた全キャストの扮装写真が貴重!みんな若いよ。。

 

ウィーン初演、ハンブルク、ウィーン新演出版は場面解説が詳細に載ってるんだけど、2001年ハンブルク版で既に「赤いコート」の歌はなくなってるみたい。(2006年ウィーンコンサート版で復活)

 

ハンブルク版、Felix Martinコロレドww ヴォルフセカンドがなんとFritz SchmidtとFernand Derolsch!! 再演エリザでルドルフセカンドとルキーニセカンドをやっていた馴染みのあの二人が、何とヴォルフガングしてたとはね!!!写真が残ってないのが残念ー!ああもう、キャスト表見るだけでワクワク!

 

個人的には、ラスムス主演のウィーンコンサート版がたっぷり写真で見れて、めっちゃ嬉しい!ラスムスヴォルフほんと好きだったなー!Uwe胸筋写真もしっかりあります♪この時点(2006年)では赤いコートまだあった!

 

ウィーンコンサート版は自分で見たけど、ラスムスヴォルフガング大好きー!!更に初演キャストのCaroナンネ、Uweコロレドが♪Carin男爵夫人、Andreパパも初演後半キャストだから、ほんと馴染みな感じ。ほんとようこれだけ集めたわ。。

 

(参考:ウィーンコンサート版レポ)

  • 2015/01/21 モーツァルト!ウィーン10周年記念コンサートレポ(2006年)④ストーリー&演出編後編
  • 2015/01/19 モーツァルト!ウィーン10周年記念コンサートレポ(2006年)⑤出待ち編
  • 2015/01/17 モーツァルト!ウィーン10周年記念コンサートレポ(2006年)③ストーリー&演出編前編
  • 2015/01/15 モーツァルト!ウィーン10周年記念コンサートレポ(2006年)②キャスト編後半
  • 2015/01/13 モーツァルト!ウィーン10周年記念コンサートレポ(2006年)①全体の感想&キャスト編前半
  •  

    テクレンブルク版、写真めちゃくちゃ多いぞ。。野外劇場だから雰囲気が結構違う。キャストも一新。イーサン・フリーマンのパパはちょっと気になる。Plauen&Zwickauは初めて聞いたけど、演出がかなり面白い!キャストは知らない人ばかり。

     

    <各国版>

     

    日本版。キャスト表に間違いが多すぎて笑ったww育三郎さん苗字ないしwユイチロ・ヤマグチロww他も結構ひどいwけど、井上君のインタビューちゃんと日本語で載ってるから、全部帳消しw

     

    井上くんは、ミュージカル「モーツァルト!」との出会いや第一印象、クンツェ氏やリーヴァイ氏と一緒に仕事をした感想、日本初演時の経験、ヴォルフガングの人物像、「モーツァルト!」の作品としての特別さに関する質問に答えています。

     

    ブダペスト版。井上君のさわやかインタビューからページめくったら、アツい血まみれのアルピで爆笑wwwwわかってらっしゃるwwなぜか目につくヴォルフはアルピばかりwドルハイいないっぽい?ほかに二人もヴォルフいたんだー。シルヴェスターさん唯一の写真がトイレですかwwwww

     

    Kataさんは男爵夫人の方でよく登場。Zsuzai Vagoのコンス見たから嬉しいわー。まだあの大回転が目に焼き付いてるwwまた見たいなー!けど、ヴォルフ若手二人も育ってるとは。。Tamas VerebとDenes Kocsis。アルピで見たいよー!

     

    (参考:ブダペスト版レポ)

  • 2015/02/04 ♪モーツァルト!@ブダペスト版(2005年)レポ⑤カテコ編&まとめ
  • 2015/02/02 ♪モーツァルト!@ブダペスト版(2005年)レポ④ストーリー編2幕
  • 2015/01/31 ♪モーツァルト!@ブダペスト版(2005年)レポ③ストーリー編1幕
  • 2015/01/29 ♪モーツァルト!@ブダペスト版(2005年)レポ②キャスト編
  • 2015/01/27 ♪モーツァルト!@ブダペスト版(2005年)レポ①全体の感想編
  •  

    ブルノ(チェコ)版。うわー。ブルノでこんな最近やってたなんて未チェックだったー!何となく方向性はブダペストと似てる感じ。アマデが最年長?普通に大人の女の人がやってて、中世的な高校生くらいに見える。ヴォルフは赤バンダナに長髪で、海賊みたいww

     

    あー、ブルノ版は三人ヴォルフがいて、バンダナの色で見分けられるんだ。黒バンダナはロッカー風Lukas、赤バンダナがへろっとしたAlesで、バンダナナシがオッサンDusan。全然雰囲気が違って全部見たくなってきたー!

     

    <ウィーン新演出版>

     

    ウィーン新演出版は第二部として、こちらの表紙から読み進めます。

     

    ウィーン新演出版。ここからは第二部で、裏表紙からスタートして読みます。第一部をずっと読んでいると、途中でページの上下が逆になるので、ちょっとビックリ。

     

    舞台写真が多すぎてもう幸せ―♪マークなんでこんなに写真あるのwwけど胸筋見える写真はない。(胸筋写真はプログラムにデカデカとありますのでご安心をw)やっぱりゲネプロ写真なので、コンスの髪型が違う。プレビュー初日には既に短髪だった。

     

    マークを含む全メインキャストにインタビューがあるんだけど、この作品との出会い、難しいところ、オーディション、役の準備、好きな歌、好きなせりふ、作品のメッセージについて色んなコメントが読めます。これも読み込みたいなー!

     

    (参考:モーツァルト!新演出版レポ)

    舞台はウィーン! モーツァルト!Mozart!

     

     

    というわけで、モーツァルト!特集号読みながら実況感想つぶやきでした(笑)資料としても本当に一級品。あー入手して幸せ。。エリザとレベッカと並べてうっとりしよう。。

     

    この「モーツァルト!特集号」、当店ではこちらのページからご購入いただけます。

     

     

    「モーツァルト!」特集号 世界各国公演写真集

     

    他、関連商品やほかの特集号もお取り扱いしています♪

     

    「エリザベート」特集号 世界各国公演写真集

     

    「レベッカ」特集号 世界各国公演写真集

     

    モーツァルト!ウィーン版キャストアルバムCD

     

    モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

     

    モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

     

    応援クリック ありがとうございます!

     

    関連記事
    秘密

    トラックバックURL
    →http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1869-1cecb134