2015-12-03 07:05 | カテゴリ:クリムトの歴史

映画「黄金のアデーレ」ががどこまで真実なのか、オーストリア視点で追及した記事をいくつか書いてきました。調べれば調べるほど、この映画の「いやらしい」ところが発掘されて、記事がどんどん増えて行ってしまうのですが、特にこの映画レビューがあまりに私の気持ちを代弁していたので、ご紹介します。

 

Varietyによるこの映画のレビュー。相当酷い書きよう。いや、このレビュー読んでちょっとスカッとしたよw

 

それも、オーストリア人が書いたレビューじゃないのに、とてもオーストリアに好意的(というか、映画の美談に懐疑的)な内容。やっぱり見る人た見たら変だと思うよね。。

 

「『黄金のアデーレ』は傑作映画なんかじゃ全然ない」ってタイトル。内容も相当皮肉が利いていて、それでいて的確。

 

‘Woman in Gold’ Review: No Masterpiece for Helen Mirren | Variety

 

まず、このレビューでは、映画の概要を説明してます。見ていない人でもこの映画の方向性がよくわかるようになっています。

 

この映画において、現代のオーストリア人は、「法律に縛られ、芸術を盗んでばかりのモンスターのように、悪意を持って風刺されている(noxious caricature of modern Austrians as law-bending, art-thieving monsters.」とのこと。おまけに、「オーストリア人はみんな、残忍で欲深く意地悪な、典型的な悪者として描いている(presenting all Austrians as cardboard villains — cruel, greedy and staunchly unhelpful)」とのこと。

 

映画見てないけど、そんな感じだろうと思った。ナチス時代のオーストリア人を悪者にするのは仕方ないにしても、だからってなんで現代のオーストリア人が悪者なわけ?

 

更に、この批評を引用しつつ訳していきます。頷くことばっかりだったので、訳すのもすかっとした!

 

「クリムトは映画の最後で、アルトマンの訴訟の結果を受けて微笑みを浮かべて登場する。しかしながら事実は、オーストリア政府はアデーレの遺志をしっかり称え、誇らしく「アデーレ」を60年もベルヴェデーレ宮殿に展示していたのだ」

 

    • He (Klimt) will resurface at the end to smile approvingly upon the outcome of Altmann’s case, despite the fact that the Austrian government had effectively honored the wording of Adele’s will, proudly displaying “Portrait of Adele Bloch-Bauer I” for some 60 years in Vienna’s Belvedere Palace.

 

つまり、オーストリア政府が悪いことをしたわけではなく、普通にアデーレの遺志を継いで展示していたにすぎないのに、何をクリムトを引き合いに出してまで、寄ってたかって悪者にするのか、という意味。

 

まけに、オーストリア政府的にはアデーレの遺言を無効にする他の文書も事実も見つからなかったわけだから、別にマリア・アルトマンをだましていたわけでもない。あとから色々理由付けて、アルトマン側が屁理屈こねれば取り返せそうな文書を引っ張り出してきたのは、1998年になってからです。

 

次の引用。

 

「この映画が全く触れない、とても重要な問題がある。『芸術は誰かに所有されるものなのか?』音楽や映画が自らの所有権のコントロールを失った現代において、世界で最も価値のある絵画たちが、個人所有である意味があるのだろうか?」

 

there’s a monumental issue at stake here that the film scarcely acknowledges: Does (or should) anyone really own art? At a moment when the music and movie industries have all but lost control of their own product and the public feels more entitled than ever to access such media for free, what does it mean for the world’s most valuable paintings to remain in private hands?

 

これ、とっても重要!!!!芸術は芸術として生まれた時から、誰かの所有物なのか?って、芸術を題材にした映画では永遠の命題じゃないですか!!!それを「この名画は私の物!返して!!!」って必死で戦うおばちゃん(後で売っちゃうしw)を美談にしちゃうなんて。。芸術論議完全に間違ってるよ。。

 

おまけに、このアデーレの2枚の絵は、クリムトが同じ人をモデルに2枚描いた唯一の絵で、たった5年の間に大きな絵画スタイルの変化が見られるという点でも非常に貴重。つまり、バラバラに所有されてバラバラに展示されるより、同じところで展示される方が、比較しやすく、芸術的価値も高いとされるということ。

 

なのに、せっかく勝ち取ったのにバラバラにして売っちゃうとか、芸術的価値観0、作品知識0、芸術への敬意0、おまけに自分の叔母さんへの思慕の気持ち0!!!!!(←相当怒ってます!)

 

 

次の引用行きます。

 

「この映画では、この訴訟はお金が問題なのではないと言っている。アルトマンは、洗濯機を買うのもいいわね、と発言も。しかし一方、映画製作者がこの映画を作ったのは、あの意地悪なオーストリア人の顔を見てやるためである。かつてベルヴェデーレに『黄金のレディ』が展示されていた場所が映る場面を思い描くがいい。それこそプライスレス。」

 

The film goes out of its way to stress that her fight was not about the money. It would be nice to buy a new washer machine, she admits at one point. As for the filmmakers, they’re doing it to see the looks on the faces of all those nasty Austrians. Picture a screengrab of that moment, displayed in the Belvedere where “The Lady in Gold” once hung. Priceless.

 

そうなんだよ。もうこのレベルの大金持ち(おばちゃん、弁護士、買い取った社長)になると、どう考えてもお金の問題じゃなくて、誰に赤っ恥をかかせるか、誰に思い知らせるか、っていうのが問題なんだよ。

 

だから、「アデーレ」を取られて悲しい思いをしている、おばちゃんに何も悪い事なんてしていない、現代の一般のオーストリア人を見て、名画奪還チームは「ざまーみろ」と勝利感に酔ってるわけだよ。

 

丸でオーストリア政府がおばちゃんをだまして不当に絵を所有していたみたいに取られるじゃないか。実際は「解釈によっては所有権がおばちゃんにあるかもしれない」と思される文書が発見されたのは1998年で、それまではオーストリア政府は何の問題も疑問もなく、普通に展示してただけだったのに。

 

そもそもこの人たちにとって、芸術品なんて、自分たちがいい気分になるための戦利品でしかないし、芸術の真の価値(公の場に展示され、沢山の人の心を感動させること)なんてどうでもいいんだよね。

 

自分たちの私利私欲で買い取って、5枚のうち3枚は美術館に飾られることもなく個人所有になって地下に潜ってしまうという悲劇を招いた。「5枚とも一般に展示されることを希望する」なんて言ってたくせに、おばちゃん自身がバラバラにオークションにかけ、匿名の人に売っちゃったせいで、貴重な絵画3枚ももう生で見れなくなっちゃったんだよ!!世界にとってものすごい損失じゃないですか!!!!

 

そのうち一枚は、私も生で見て大好きな「リンゴの木」だし、もう一枚も思い出深い「アッター湖」の絵。私が生きているうちに世界のどこかの美術館で見ることができる可能性は、ないかもしれない。

 

そう思うと、やっぱりこの訴訟について憤りを感じるし、いくら映画が美談にしようとも、その訴訟で嫌な思いをしている人たちがいることを完全になかったことにしたうえ、その人たちを悪者扱いして世界中に言いふらすなんて、とっても卑怯だと思う!!!!

 

と、めっちゃアツくなっちゃいましたが、やっぱり納得いかないこの映画。お金払ってまで見たくもない。あー、私みたいにぷりぷり怒ってる人が、アメリカのレビューアーに一人でもいてよかったよ。

 

 

 

グスタフ・クリムトCD

 

グスタフ・クリムトDVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1866-824641cc