2015-12-05 07:10 | カテゴリ:ウィーンを舞台にした映画

さて、しばらく映画「黄金のアデーレ」と実際にウィーンで起きた「アデーレ騒ぎ」について比較してまとめています。

 

「アデーレ事件」関連記事はクリムトの歴史カテゴリからどうぞ。この記事だけ、「オーストリアを舞台にした映画」カテゴリに入れています。

 

話は少し変わりますが、映画に登場するオーストリアを調べるのが趣味な私としては、街角で知ってる景色が出てくると、一応気になる。

 

 

ビデオのタイトルをここに入力します

日本語版「黄金のアデーレ」トレイラー

 

ウィーンへやってくるところで、ホーフブルクの新宮が映る。「ウェルカム・トゥ・オーストリア」と話しかけられるシーンは、オペラ座横のアルカディアのあるところだね。

 

結婚式の場面は、ユダヤ人の結婚式だー。屋根の上のバイオリン弾きもこれだねー!

 

内装の撮影は、パレ・アウアースペルクかー。ゲイの舞踏会Rosenballで何度か入ったな。コンチータに遭遇したのもここw

 

あとは、昔のアデーレの絵が飾ってあったベルヴェデーレを再現してある(涙)

 

しかし、ウィーン市庁舎にナチスの旗垂らさせたって、どんだけ傷をえぐるんだ、このロケハンは。

 

しかし、オーストリアよくこの映画のロケ許したな。。自分が悪者になる映画のロケ。。

 

こちらが、ロケのレポ

Vienna with a Woman in Gold | Association of Film Commissioners International

ウィーンでは2014年の5月に3週間撮影したそうな。

 

ロケ写真いっぱい!こういうのワクワクする!

"Woman in Gold" in Vienna - News Archive - News & Press - VIENNA FILM COMMISSION

 

ロケ現場は以下の通り

St. Ulrichs-, Juden- und Rooseveltplatz, the City Hall, the Semperdepot, the Academy of Fine Arts, Kaiserwiese, Hotel Sacher, the Konzerthaus, the Opera House, Palais Auersberg and the Belvedere.

 

まあ、ユダヤ人地区ってことで2区も多いですねー。よく見たら、市庁舎はあの正面の所にナチの旗を掲げたわけじゃなく、横の通りと中庭みたい。あーよかった。この場面、トレイラーでも出てきます。

 

ロケ写真、上のサイトから引用します。

 

市庁舎の横の道。一般人いっぱい見てる。。結構オーストリア人にとってはトラウマだな。。

 

これも市庁舎ですが、中庭なので、一般人には見られません。あーよかった。

 

 

これ、トレイラーで見える階段の新旧のシーンね。

 

これも階段のシーン。

 

ベルヴェデーレは外せません。

 

お馴染みカフェ・ザッハ前。オペラ座横のシーンかな。

 

まあ、ホロコースト記念碑のユーデンプラッツも入れないわけにはいかないでしょうね。

 

なぜかプラーターも

 

ロケ当時の新聞記事。

"The Woman in Gold": Mirren, Reynolds, Brühl und Holmes drehen in Wien - KURIER.at

 

ウィーン側の受け入れは、おおむね好意的だったそうです。当初は3,4日のロケの予定が、あまりにウィーンの場面が重要な為、できるだけ長く撮影することになったとか。

 

出演者の中にジョナサン・プライスがいる。あと、ケイティ・ホームズがウィーンで撮影したみたいだけど(弁護士の妻役なのになぜ?)、トム・クルーズも一緒に来たりしたんだろうか。彼のミッションインポッシブルのロケ時期も結構近かった気がする。

 

 

 

グスタフ・クリムトCD

 

グスタフ・クリムトDVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1865-0fad1120