2015-09-16 06:38 | カテゴリ:欧州難民流入問題・移民政策

欧州難民流入問題についてのつぶやきまとめがしばらく続きます。

 

難民問題は欧州難民流入問題・移民政策カテゴリにまとめています。

 

<9月6日昼 指導者の発言>

 

この記事とても良くまとまっていて、読みやすくておすすめ。 European migrant crisis: Austria, Germany near capacity - CNN.com

 

ローマ教皇は、すべてのカトリックの教区で難民を分担して受け入れるべきだと表明。カトリック国(イタリア、オーストリア、ドイツの一部、フランス、スペイン)辺りへのメッセージ。バチカンでも受け容れるとのこと。

 

欧州に来た難民は、比較的裕福で体力もある人達。貧しい人や弱者は、現地から動けない。紛争地の隣国に難民受け入れ施設を作り、そこで行きたい国に難民登録するシステムを国際機関主導で作るのはどうか。墺クルツ外相の提案 https://twitter.com/DiePressecom/status/640443159734960129

 

<9月6日夕方>

 

オーストリアのファイマン首相「超法規的手段を用いる緊急事態は終わり、法の支配の元に戻る時が来た」と非常事態収束宣言。ブダペストからの電車も動き出したし、混乱なく難民が動けるようになった感じ。 https://twitter.com/DiePressecom/status/640535797003874306

 

別に難民が落ち着いたわけではなく、まだまだ押し寄せてはいる。今週末でハンガリーをオーストリアの国境を越えたのが1万五千人。うち一万三千人は既にドイツへ向かった。ドラマチックな展開は終わり、難民の流入すら日常になっていくのかな。

 

(ミュージカルスター夫婦がブダペストまで支援活動に行った話のフォローアップ)

 

Annさん男前過ぎる。。ほぼすっぴんで、この寒いのにタンクトップ。Drewがファンの男の子みたい(笑)あんなに背が高いのに、なんでこんなに小さく見えるの?(笑)とにかく、難民支援お疲れ様でした!

 

RT @DSarich What a day yesterday!! We got to know Hungary in a very unexpected way! Met and helped wonderful people!

埋め込み画像への固定リンク

 

複数の方が、私の難民関係のツイートをまとめて下さっています。本当にありがとうございます。自分でもブログにまとめるつもりですが、少し先になるかもしれず、タイムリーさには欠けると思うので、素早くまとめていただいた方々には感謝しています。

 

しかしかなりの量の日独英の新聞記事を斜め読みして、要旨をつぶやいてるので、細部まで正確じゃなかったらすみません。育児の合間のスピード勝負だったので。。しかしこの二日、寝不足が酷いよ。。

 

<車列とスマグラー>

 

車列で難民を迎えに行くのは、違法スレスレだし、スマグラーとして逮捕されてもおかしくないので、慎重にって言われてたのに、実行したんだ。。政府がバスや電車を走らせる動機にはなったと思うけど、これは微妙。 https://twitter.com/nekoya_3/status/640529698037080064

 

あと今RTした記事(https://twitter.com/DiePressecom/status/640535797003874306)に、ちょこっとだけ車列のこと書いてあった。150台弱の車がハンガリーとの国境を超えたが、拾えた難民の数は少なかった(nur wenig)とのこと。警察発表のみの一パラグラフ。

 

スマグリングは「人や物の密輸」の事なので、国境を越えなければスマグラーではないという定義になります。シェンゲンでパスポートチェックがなくても、密輸は密輸なんですね

 

スマグラーに詳しい法律関係者にきいた所、車列はグレー過ぎて賛成できないとのことです。今日オーストリアのファイマン首相も「超法規的手段を用いる緊急事態は終わり、法の支配の元に戻る時が来た」と発表していますしハンガリーとの外交関係が冷えきっている中、刺激するのは得策ではないかと。。

 

ほかに交通手段がなかった時は、画期的かと思われましたが。。一応警察が警備はしたようですが、不思議にオーストリアのメディアで全く取り上げていないです。後追いを避けるためかと。

 

政府が「車列みたいなグレーなことやられたらややこしいから、先手を取ってバスを出そう」というきっかけになったのではと、私は勘ぐっています。バスや電車が動いている中、車列にどの位のイニシアチブとしての影響力があるのかわかりませんけどね。

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1841-80daa012