2015-09-10 06:35 | カテゴリ:欧州難民流入問題・移民政策

さて、欧州難民流入問題についてのつぶやきまとめがしばらく続きます。

 

難民問題は欧州難民流入問題・移民政策カテゴリにまとめています。

 

<9月1日難民問題が世界的に取り上げられるようになる>

 

(ドイツ国境でミニバンが発見された事件を受けて)

この1-5歳の子供三人を含むミニバン事件、ブラウナウだって。ドイツとの国境からすぐ。シリア人、アフガン人、バングラデシュ人が乗ってて、運転手はルーマニア人。子供達はほぼ意識不明だったのに、家族ごと失踪。

 

ユーロがジリジリ下がってるのは、やっぱり難民流入が理由?1,2ヶ月前から難民関係は毎日テレビでやってるけど(Traiskirchenの難民収容施設が満タンとか)、やっぱりヨーロッパ以外で話題になりだしたのはオーストリアのトラック71人遺体事件からだなー。

 

RTしたNYタイムズの難民問題まとめ、わかりやすいなー。こないだの日曜版でもこんな感じの地図があったけど、この地図一枚で全貌が見えてしまうhttp://www.nytimes.com/interactive/2015/08/28/world/europe/countries-under-strain-from-european-migration-crisis.html?_r=0

 

ちょっと前までは、ハンガリーで壁?セルビアも?どうしちゃったの?って感じだったし、日本語ソースで難民問題がニュースになることもなかったのが、オーストリアのトラック事件で急に危機レベルや関心がぐんと上った感じ。ニュースが国境を越えるタイミングって、こんな感じなのね。

 

難民系記事をRTしまくってますが、ドイツ語ソースが極端に少ないのは、私のフォロー対象が悪いから?2つの新聞とウィーン市ニュースもフォローしてるのに、なんで入ってこないんだ?英語はBBCとCNNとオーストリアローカルニュースの3つフォローで十分なのに。

 

今までは、入ってきた難民をどうやって収容するか(収容所の人数、熱波への対応)がメインだったのが、キャパを超えた2週間ほど前から東欧の入り口で壁を作るようになり、トラック事件以降、大規模人身売買組織の存在が明らかになったことで、中欧の入り口での取り締まりが強化されたって感じか。

 

当時を知らないけど、ユーゴスラビア紛争のあった頃(1991)も、こんな感じで難民が流入してきたのかな。その時の子供達が住み着いて、今30代位になってるはず。15年後には、今のシリア難民の子供達が、うちの子と同じ高校に行ったりするのかしら。難民移民ってその時だけの事じゃないんだね。

 

(オーストリアでの状況を質問され)ハンガリー等と比べると落ち着いている方だと思います。難民流入より、取り調べて逮捕の方がよく聞きます。難民はもう一ヶ月くらい毎日ニュースで言っていますし。知人の旦那さんが、ブダペスト出張から帰宅できなくて困った話なら聞きました。

 

しかし、なぜ難民が、近くて失業率の低いオーストリアより、ドイツに行きたがるのかが謎です。知名度低いからでしょうか?オーストリアのマイナーさが、微妙にましな結果になるのかもしれません(苦笑)。しかし知人の旦那さん撮影のブダペスト東駅の写真は凄まじかったです。その後閉鎖されたそうです。

 

<この辺りで以下の記事を読み、衝撃をうける>

 

この記事を読んで相当衝撃を受ける

ドイツまで歩いたシリア難民の証言 : 中東ウオッチ by 川上泰徳

 

こちらもシリア難民の足跡

[FT]遠い欧州 あるシリア人エリート夫婦の足跡  :日本経済新聞

 

シリア人弁護士が難民となり、ドイツやスウェーデンを目指す道すがら、ブダペストの駅で足止めを食らうお話。日経がFTを買収して、こういう記事が上がるようになったね

 

<9月3日(木)から4日(金)ブダペスト駅の状況が悪化する>

 

もうなかなか記事読む時間もないけど、難民系記事RTはする。匿う側の話も興味深い。

 

在ウィーン大使館からは、難民問題に関する注意喚起の緊急メールが。ブダペストウィーン間の直通列車は事実上停止。ブダペストになるべく行かないように、行くなら迂回ルートを取ること、国境を越えるときは検問があるので時間的余裕をみること、難民の集まるあたりに行かないように、とのこと。

 

11年住んでて、ブダペストがこんなに遠いのは初めて。冷戦時代はこんな感じで、ブダペストなんて用事がないと行かない別世界だったのかも。最近行けてないけど、私の精神的オアシスのブダペストに気軽に行けないという状況は奇妙な感じ。

 

一方で、東からの電車がどの駅に何時に入り、それぞれの駅でどんな難民救援物資が必要かが一目でわかるサイトも(http://www.refugee.at)。英語と日本語のママさんネットワーク両方で、難民ボランティアのリストも回ってきた。すごいイニシアチブだなー!

 

ウィーン西駅の様子ライブ RT viennaonline: LIVE: So ist die momentane Situation am #Westbahnhof. http://fb.me/3vk2VkiwP@fu8el

 

こんなのあるのね。 RT TheLocalAustria: Have you taken a refugee into your home in #Austria? Please contact us - we want to hear your story

 

一日で2円も下がったの?!目を疑ったよ。両替しようと思ったら明日金曜日だし。。(翌営業日に入金のため、週末挟むと状況が読めない) RT 1ユーロ 133.51円

 

<ミュージカルスターAnn MandrellaとDrew Sarichが動き出す>

 

Drew Sarichはアメリカ人で、ドイツ語圏ミュージカルスター。奥さんのAnn Mandrellaさんも有名作品で主役を張る大スター。この二人はこの後、ブダペストに援助活動に向かいます。

 

DrewのRT!? RT jamesmatesitv: Railway station in #Budapest reopening. 2 day stand off ending. Hundreds flooding in.

 

Annさん何かしたのか? RT DSarich: I married Joan Of Arc. I'm proud. And nervous.

 

Annさんブダペストへ難民ボランティアに行ったって!そうではないかと思ったけど、偉い! RT DSarich: My badass wife is off to Budapest to save some lives, and I hope she comes back ok!

 

「私の妻はジャンヌ・ダルクだ。誇りに思う。そして心配」ブダペストに支援物資を届けに行くと決めた妻Ann Mandrellaについてドイツ語圏ミュージカルスターDrewのツイート。 https://twitter.com/DSarich/status/639524052995080192

 

「俺のケシカラン妻は、人の命を救うため、ブダペストに行った。無事戻ってきてくれるといいけど!」ちょっと乱暴な言葉遣いの中に、妻を送り出す夫の気持ちがにじみ出ている、Drewのツイート。Annさん本人はどこにもこの事を書いてない。 https://twitter.com/DSarich/status/639548424078106624

 

(今後もAnn&Drewツイート、ちょこちょこ出てきます。まさか難民事件とミュージカルが結びつくとはw)

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1836-09e44113