2015-08-30 19:52 | カテゴリ:皇太子ルドルフの歴史

以前マリー・ヴェッツェラとその母を写真でご紹介しましたが、今回は残りの家族、姉Hanna,兄Ladislas、弟Franzをご紹介します。母の他、姉Johanna (Hanna)と弟Franz (Feri)には、最後の手紙が残されていますね。

 

こちらはマリーの姉で仲が良かったJohanna(Hanna)とのツーショット。

 

B10600171T10600176_thumb1

 

前がHannaで後ろがマリー。マリーからHannaへの「別れの手紙」を思い出しながらこの写真を見ると、結構感慨深いです。

 

マリーから「愛のある結婚をしなさい」と言われたHannaは、のちにオランダ人貴族Hendrik graaf van Bylandt氏と結婚し、二人の子をもうけます。van Byland家は古い伯爵家の様なので、一応玉の輿ではありますが、愛のある結婚かどうかは、調べた感じわかりませんでした。

 

曰くつきのマリーの姉と言うことで、嫁ぎ先を見つけるのに苦労したのか、1897年に結婚した時にはもう29歳でした。1899年と1900年に女の子と男の子が産まれますが(女の子は早く亡くなった可能性も)、Hannaも1901年に亡くなっているので、子供が幼いうちにこの世を去ったんですね。

 

 

マリーの一番上の兄Ladislaus (Lazi)は、マイヤーリンク事件より前に亡くなっています。それも、彼の名は意外な歴史的事件で登場します。あの、リンク劇場火災事件です。

 

1881年リンク大通りにあった劇場で、舞台からの火が客席に燃え移り、大火災に発展。客席の通路に置かれたコート類が邪魔になり、内開きの扉に阻まれ、客は客席から逃げることができず、30分から1時間ほどの間に384人の観客や舞台関係者が、劇場に閉じ込められたまま亡くなりました。

 

ring_brand1_thumb[1]

リンク劇場火災の再現絵

 

220px-Carl_Pippich-Ringtheater_thumb[1]

 

この痛ましい事件で教訓を得て、ウィーンでは厳しい劇場法が定められました。ウィーンで劇場に行かれる方は、持ち物をほとんどすべてクロークに預けされられるのが気になっていた方もいらっしゃるかもしれません。これも劇場法で、客席内火災防止の一策です。

 

Ladislas Vetseraはこの場に居合わせ、マイヤーリンク事件の8年前に亡くなっています。

 

参考記事:

ウィーンの劇場のドレスコード③クロークと劇場法

 

 

弟のFranz Albin(Feri)は、彼宛の手紙が今回見つかりましたが、兄弟の中では一番長く生きたという以外はあまり知られていません。

 

 

ルドルフ ウィーン版 全曲ライブ版CD<2枚組み>

 

ルドルフ ウィーン版DVD

 

「皇太子ルドルフ」テレビ映画DVD

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1829-cb6512e6