2015-05-09 05:55 | カテゴリ:未分類

今日は、海外在住者の一時帰国に便利な情報をお届けします。

 

海外在住者として年に2回は日本に一時帰国していますが、いつも困るのは、日本の携帯&スマホ事情。

 

ヨーロッパだと現地でプリペイドSIMカードを買って、手持ちの携帯にほりこむだけで、旅先でも安く携帯やネットを利用できるんですが、日本の形態やWIFI環境は非常に閉鎖的で、一時帰国や旅行者にとっては、かなり不便です。

 

例えばWifi一つを取ってても、ウィーンのカフェはほとんどどこでも無料Wifiが飛んでいて簡単に利用できますが、日本のカフェだとなんだか携帯会社の縛りがあって、「Wifiあります」ってシールが貼ってあっても、実質利用できないんですよね。。あれ不便すぎですよね。。

 

それに、東京オリンピックとか、観光に力を入れるとか言っておいて、あのWifi環境とATM環境(外国のクレジットカードで引き出せる機械がほとんどない)は、旅行者にものすごく不親切です。苦労してきた外国人、沢山知ってるので、この機会に使いやすく整備してほしいところです。

 

 

私はウィーンではアンドロイドのスマホ(SIMフリー)とタブレット持ちなので、これは日本でも利用したい!

 

というわけで、前回の帰国から導入して、とっても気に入っている格安データSIMをご紹介します。(っていうか、自分用メモを貼り付けてるだけなんですがw)

 

私のスマホ(Xperia)はマイクロSIMなので、こちら↓

 

標準SIM版↓

 

ナノSIM版↓

 

今使っているスマホのSIMカードを抜いて、これを差し込んで、開通手続きするだけ。

 

30日1GBで3000円強。実家にはWifiがあるので、一か月で1GB使い切らず、ちょうどいいです。

 

実家にWifiがない、動画をたくさん見るなどで、1GBじゃ足りない方は、3GB版(30日)もあります。値段は500円くらいしか変わりませんね。

 

 

一つだけご注意!開通手続きには携帯電話からの通話が必要です。旅行者が使うのに携帯からの通話が必要って本末転倒な気がしますが、日本のご家族や友達に一瞬だけ携帯を貸してもらってくださいね。

 

携帯の方にこのデータSIMを入れると、いざという時にはタブレットやPCもテザリングで使えるので、これでネット環境は完璧!

 

 

さらに、日本ではSoftbankのプリペイド専用のガラケーも持ち歩いています。これはもう5年くらい、帰国の時だけ使ってる携帯なんですが、基本料はかからず、帰国した時にプリペイドカードを買ってチャージして使ってます。

 

これで携帯番号と携帯メールがいつも同じものに保てるので、友達との連絡に便利!(1年以内にチャージしないと、番号は取り直しになります)

 

カードの購入自体はネットからでもできますが(プリペイドカードお申し込み 商品選択|ソフトバンク オンラインショップ)、一番安い3000円のやつは2枚からしか購入できない上、代引きなので、コンビニ(ロッピーで手続きなど)で買う方が便利かも。

 

と言うわけで、一時帰国を考えている海外在住の方、日本への旅行者でネット環境を心配している知り合いがいらっしゃる方は、この格安データSIM、超おすすめです!

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1778-22a41c9f