2015-03-21 07:46 | カテゴリ:ミュージカル・ミーツ・オペラ

毎年恒例、オペラとミュージカルをコラボした、一年一回だけのコンサート「ミュージカル・ミーツ・オペラ」に行ってきました。今年で6回目。2月22日のマチネ公演でした。

 

上演中の作品とオペラ作品とのコラボなので、今年はマンマミーアのキャストの皆さんと、オペラ歌手が集い、クロスオーバーを楽しみました。

 

それでは、当日のレポをどうぞ!

 

===

 

前日熱だったので、もう完全に諦めてた、Musical Meets Opera 6に行ってきた!あーーー!!ほんとにこのコンサートは大好きだー!楽しかったー!それも早めに買ったから、15ユーロで三列目!こんな機会でもないと前に座れないしね(笑)(←全席20ユーロ、会員15ユーロ)

 

DSC03341

マンマミーア仕様のライムント劇場

 

今回はマンマミーアとオペラのコラボ。オペラ歌手側の人集めに苦労したらしく(ドタキャン、ドタ参加、病気など)、運営側の苦労が偲ばれたけど、最終的には何もかもうまく行って、凄くいいコンサートだった!司会のDaenemark氏がいつもほんとに知識豊富で素晴らしい!

 

ミュージカル側はマンマミーアのほぼセカンドキャスト。私が見たことない人がほとんどでラッキー♪オペラ側は苦労の末集まったメンバーだけど、ほんとみんな気さくで楽しくて、最高のメンバーだった!

 

●オペラ組紹介

 

オペラ座組で一番好きなのはやっぱり理髪師なオペラ歌手Morton Frank Larsen!スウィーニーで彼の凄さは思い知ってたけど、ほんと素敵。。シャイで皮肉な感じの人柄もいいわー。

 

フォルクスオーパーでスウィーニー・トッドを怪演した、Larsen氏♪

 

期待したとおりスウィーニー歌ってくれた!それも判事の髭剃る歌Pretty Woman(ぽんぽんぽんの歌w)で、判事が無精髭Robert D Marx!!Larsen氏とデュエットなんて、贅沢過ぎて泣きそう。。

 

Larsen氏もうスウィーニーしてないし、超貴重だよ!あの狂った目つき!歌ったあとで、Larsen氏とRobertがこっそり背中叩きあって称えあってたのが素敵!

 

 

他にLarsen氏はシモン・ボカネグラの娘との再会デュエットを、これまたダンディに。あー素敵。。あと、マンマのOur Last Summerをギター引きつつセカンドのハリーPeterと一緒に歌ってくれて、魅力満点!私、ああいう背が高くて肩幅広くて胸板厚いおじさんが好みらしいw

 

Larsen氏はデンマーク人で北ドイツのドイツ語。言葉少ないながら、いつも笑顔か皮肉な笑顔で、ズバッと切り込むトーク。こういうオペラ歌手の素顔が見れるのもほんと嬉しい。ギターのOur last summerはポップスな歌声が体格に合ってなくて微笑ましかったw

 

彼のスウィーニーの狂気の演技も間近で見れて震えた!髭剃りナイフを愛でる表情。。かっこよすぎる。。剃られるRobert D Marxも貴重だったけど、これは本役のRobert Mayer見ちゃうとね。スケベオヤジ度が足りないw不精髭剃り終わってないし!って突っ込みたくてww

 

あー、最近なんかスウィーニー見たいんだよねー。けどもうLarsen氏じゃないんだよねー。あのソンドハイムのうねうねの音楽に、思いっきり弄ばれて骨抜きにされたい気分。。(←なんか変なストレス溜まってる?w)セカンドもいいかもしれないし、ソンドハイムはソンドハイムだし、行こうかなー。

 

Larsen氏はTdVコラボの回でRobertとクロロックデュエットしたらしいし、ミュージカル好きなのねー。じゃなきゃ、オペラ歌手であのキレキレの演技力は説明できないか(笑)


MMOファンならお馴染み、あのハイテンションバリトンClemens Unterreinerがなかなか出てこないと思ったら、なんと朝国立オペラ座で歌い、1時にドイツ行きの飛行機に飛び乗るので、終焉間際に一曲だけ滑り込み!しかしみんな大好きなので拍手喝采!!

 

「clemens unterreiner」の画像検索結果

Clemens Unterreiner。このいい人そうな笑顔の後ろはカオスww


Clemensが歌ったのは、マンマ映画でピアス・ブロスナンが歌った新曲When all is done and said。舞台にはない曲だけど、この出番のためにわざわざ練習してくれた!ほんとサービス精神旺盛!で、「また来年MMO7で!」とたからかに叫んで、舞台を後にしました。

 

Clemensといえば、去年のMMOで歌ってるときにスーツのボタンがちぎれて飛んでいって爆笑だったんだけど、司会のDaenemark氏はしっかり覚えてて、突っ込んでましたww観客も常連が多いから爆笑wwこういう雰囲気いいわー。

 

 

なかなか人が見つからなかったテノールは、二日前にオファーを受けたというThomas Paul。フォルクスオーパーの人で、主にオペレッタ、時々オペラも歌うらしく、なんとレミズのマリウス経験もあるとか。みんな誰それ?状態だったんだが、めっちゃうまくて気に入った!

 

 

Thomas Paulのマリウス姿見つけた見つけたwけど、本人的にはミュージカルの経歴は秘密らしいw

 

歌ったのは、オペレッタメドレー(知らない曲)、笑いながら泣くオペラ曲(出典不明、オペラにもエモーショナルな曲があるつながり)とマダム・バタフライの一幕終わりのラブソングデュエット(島国繋がりww)の三曲。最初の二曲は十八番なのか、知らない曲なのに感動した!気持ちの込め方がいい!

 

Thomas Paulの愛の妙薬のあのソロがとても良かった!これ、ヴィラソンでしか聞いたことなかったけど(贅沢すぎw)、元々感動的な歌なのねー。気持ちを乗せるタイプの歌手が歌うとすっごくいいわー!

 

マダム・バタフライはオファーを受けてから二日の練習で歌った(楽譜持参)にしては、ちゃんと出来上がってた。声もいいし、気持ちこもってるし、なかなかいい人見つけたわー。歌の感情を歌い終わっても引きずるタイプらしく、会話のテンションが高くて、酔っぱらいかと思ったw実は普通にいい人。

 

このThomas PaulもClemensも、ミュージカル観客の熱気や拍手、ヒューヒューの多さにビックリ。クラシックよりずっと歓声が大きい!って感動してた。そりゃ、クラシックの観客より若いですから。けど、観客にはオペラファンもいたらしく、珍しくブラボーも聞こえた。

 

あと、前夜にSMSでドタ参加が決まった、国立オペラ座KSのCarlos Alvaresもラストで登場。こちらもラマンチャのImpossible Dreamをわざわざオペラチックに歌ってくれました。めっちゃ楽しい感じのスペイン人のおっちゃん。多分有名だけど知らなかった。

 

「Carlos Alvarez」の画像検索結果

Carlos Alvares

 

女性側はいつも2,3人いるのに、ドタキャンがあったのか、ソプラノIdilko Raimundi一人でした。けど一人でほんとよく頑張ってて見劣りしなかった!ミュージカル大好きなオペラ歌手で、winner takes it all(オペラソプラノ編曲)をドナとデュエット。素敵だった!

 

この人、ミュージカルが大好きなオペラ歌手で、MMO常連さんだけど、ほんと、声が許せばミュージカルの舞台に立ちたかった!っていつも言ってるので、なんか嬉しい♪

 

「Ildiko Raimondi」の画像検索結果

Idilko Raimundi

 

他にもIdilkoはLarsen氏とのシモン・ボカネグラのデュエットの娘役(うっとり。。)、マダム・バタフライ、結婚式メドレーのソロと、オペラの女性パートは出ずっぱり。若者にオペラを聞いてもらう活動に力を入れているらしく、今回のテーマにぴったり。

 

出演者

ミュージカル組

Caroline Frank, Jacqueline Braun, Susa Meyer, Madeleine Lauw, Andreas Wanasek, Kai Peterson, Robert D. Marx, Peter Kratochvil, Susanna Panzner, Isabella Prühs, Franziska Schuster, Raphael Dörr, Ivo Giacomozzi, Benjamin Sommerfeld, Livia Wrede.
オペラ組

Ildiko Raimondi, Morton Frank Larsen, Thomas Paul, Carlos Alvares, Clemens Unterreiner.

 

参考リンク:

2014/09/11 ウィーン版マンマミーア!レポ

 

過去のMMO記事:

個人的にイチオシはMusical Meets Opera 3のミュージカルVSオペラの替え歌♪の記事。この曲最高すぎです!

Musical Meets Opera 3 @ ライムント劇場①全体の感想
Musical Meets Opera 3 @ ライムント劇場②前半
Musical Meets Opera 3 @ ライムント劇場③後半
「Musical Meets Opera 4 - エリザベート・ミーツ・カルメン」レポ
「Musical Meets Opera 4 - エリザベート・ミーツ・カルメン」動画紹介①「私だけに」デュエット
「Musical Meets Opera 4 - エリザベート・ミーツ・カルメン」動画紹介②「最後のダンス」オペラバージョン&マーク三昧
「Musical Meets Opera 4 - エリザベート・ミーツ・カルメン」動画紹介③エリザベート&カルメンの傑作メドレー

Musical Meets Opera5(オペラ&老貴婦人コラボ)レポ①全体の構成、セクシーすぎるオペラ歌手

Musical Meets Opera5(オペラ&老貴婦人コラボ)レポ②インタビュー内容、勝敗の行方は?

Musical Meets Opera5(オペラ&老貴婦人コラボ)映像紹介①オペラチーム

Musical Meets Opera5(オペラ&老貴婦人コラボ)映像紹介①「老貴婦人」チーム

 

(次回はミュージカル組の紹介ですー)

 

 

貴婦人の訪問 ウィーン版全曲ライブCD<2枚組み>

 

ダンス・オブ・ヴァンパイヤ ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組

 

ニューヨークに行きたい!!ウィーン版ライブCD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1774-38044ddf