2015-05-26 19:56 | カテゴリ:料理・酒

オーストリアに住んで10年余り。もう最近は戸惑うこともなくなりましたが、最初の一年は色んな食に関するカルチャーショックがありました。

 

阪急交通社の方の記事でNG行動集をまとめた時に、字数の関係で足りなかった分を合わせて、ロングバージョンの記事にしてみました。

 

オーストリアのレストランで食事をする際の注意事項や、オーストリア人の友達と一緒のテーブルにつくときの常識など、知っていたら色々スムーズに行くかもしれないTipsをご紹介します。

 

DSC05569

田舎風が素敵な、お気に入りレストラン。

 

ちなみに、他のヨーロッパ諸国でも全く同じルールがある場合と、オーストリアローカルな場合と、ハプスブルク帝国&南ドイツ文化圏特有なものと、色々混ざっています。これは○○の国でも見たよー!っていう体験談がありましたら、教えていただけたら嬉しいです♪

 

食事のルールは、豆知識としても、文化や歴史としても面白いですね。

 

まずは乾杯のルールから。

 

オーストリアでの乾杯の第一のルールは、乾杯する相手の目を見ること。日本人だとつい、グラスの方を見ながら乾杯しがちですが、必ず相手の目をしっかり見つめてProst(プロースト)といいましょう。

 

IMG_2749

オーストリアのビールはとっても美味しいです♪

 

ちなみに、乾杯の音頭は、Prosit(プロージット), zum Wohl!(ツム・ヴォール。健康に乾杯!)などは少し堅めのイメージですので、通常はあまり使いません。また、シュトルムを飲む場合はProstではなくMahlzeit!(通常「いただきます」の意味で使われる)という掛け声を例外的に使います。 

 

また、乾杯の第二ルールは、手や腕をクロスさせないこと。これは皆さんうるさく言う上、ミスると結構目立つので、気をつけましょう。

 

目の前で左右二人の人が乾杯している時に、その二人の腕を乗り越える形で、向かい側にいる人と乾杯すると、4人の腕が「+」の形になりますよね?これが「腕をクロスする乾杯」としてNGになります。

 

IMG_1739 (3)

これがNGの乾杯の例。腕がクロスされて、同時に2組の乾杯が行われていますね。

 

目の前で乾杯している人がいたら、終わるまで待ってから、向かいの人としっかり目を見て乾杯しましょう。

 

ちなみに、腕をクロスしそうになったら、オーストリア人はNicht ueberkreuzen!(クロスしちゃだめ!)と言って警告します。最初は「え?何がダメ?」って思いますよね。

 

この2つのルールを守らないと、「7年間不幸と悪い性生活に祟られる」と言われています。それはたまったもんではないですね(笑)。

 

少し調べたところ、このルールはドイツではある地域とない地域があるようです。また、チェコでもあるルール(守らなかったときの祟りルールも同じ)なので、ハプスブルク帝国ルールなのかもしれませんし、若しかしたらビールの国チェコからオーストリアにやってきたルールかもしれませんね。

 

飲み物の注文

 

ワイン・ビール等は通常通り注文できますが、オーストリアが他のヨーロッパ諸国と違うのは、日本のように水道水が無料で飲めて、とても美味しいことです。

 

通常のレストランでは、水道水はLeitungswatter(ライトゥングスヴァッサー)と注文すると、水道から汲んで入れてきてくれます。

 

コーヒーを注文すると必ず水道水が付いてくるのがウィーン流ですし、余程の高級レストラン以外では、水道水を注文することは、別に恥ずかしいことでもなんでもありません。(逆に一部の高級レストランやアジアレストラン等では、水道水でもお金を取るところもありますので、ご注意ください。)

 

また、普通Wasser(水)と注文すると、水道水か瓶入りかわからず、瓶入りを持ってこられる場合もあります。瓶詰めのガス水が欲しい場合はMineralwasser(ミネラルヴァッサー)、瓶詰めのガス抜きの水が欲しい場合にはMineralwasser ohne Gas(ミネラルヴァッサー・オーネ・ガス)と注文します。

 

さらに細かく言うと、瓶詰ガス水でも、Pricklend(プリックレンド・ガス多め)とMild(ミルド・ガス少な目)の二種類があります。

 

また、白ワインやりんごジュースなどを水割りで飲む事が多いですので、是非挑戦してみてください。白ワインのガス水割りはWeiss Wein g’sprizt(ヴァイス・ヴァイン・クシュプリツト)、りんごジュースのガス水割りはApfelsaft g’sprizt(アプフェルサフト・クシュプリツト)です。

 

IMG_3843

これは白ワインとは関係ない、確かグレープフルーツだったかな?のジュースです。

 

(次は、メニュー、注文の仕方、テーブルチャージなど) 

 

 

モーツァルト!ウィーン版キャストアルバムCD

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1770-b5c82265