2015-03-15 08:28 | カテゴリ:温泉

久しぶりに、オーストリアで温泉に入って来ました。子供ができる前は結構よく入りに行っていたんですが、最近はもっぱらプールが多くなり、温泉体験は日本限定となっていました。オーストリアの温泉も、また違っていいものです。

 

今回行ったのは、ウィーンから一番近い(と言うか、ウィーン市内にある温泉)「テルメ・ウィーン」。ウィーン10区にあります。

 

多分ウィーンから二番目に近いバーデンよりさらに近いので、観光客の方でも立ち寄りやすいかもしれません。(行き方はU1Reumanplatz駅からバス)

 

とは言っても、天気の悪い冬場の週末は、ウィーンからこぞって家族連れがやってくるので、結構混みます。ねらい目は平日午後16時以降の、子連れの少ない静かな時間帯ですが、そこまで贅沢は言っていられません。

 

このテルメ・ウィーンは2011年に喘鳴改装され、超巨大温泉施設となりました。ウィーンのテルメ好きファミリーの全てを受け入れてやる!という、気合の感じられる巨大設計が頼もしいです。

 

DSC06726

テルメ・ウィーン入り口

 

●入り口と入場料

 

DSC06727

超巨大な入り口ホール。ここでチップをもらって入場します(週末だとここで既に並んだりします)

 

 

DSC06729

 

料金は、大人3時間チケットが17ユーロ(ロッカー付き)。サウナは追加で7.5ユーロ。

 

お勧めは、平日18時以降22時までのアフターワークチケット。20ユーロで5ユーロの食事券付き。

 

更衣室はこちら。

 

DSC06733

 

ロッカールーム自体が広大で、受付で受け取ったロッカーのナンバーを探すだけでも一苦労。着替え用の小部屋で着替えます。

 

●内部の様子

 

この日は、子連れが多く、相当賑わっていました。

 

DSC06734

室内のメインの浴槽は二つ。これはそのうちの一つですが、かなり人が多かったです。

 

DSC06747

こちらはまた別の浴槽

 

DSC06754

 

この浴槽からは、屋外の3つの浴槽につながっているのですが、屋外の方は結構すいていました。露天風呂の方が多少水温が低いので、ちょっと寒かったですが、気持ちよかったです。(暗くなってくると、家族連れが帰るので段々すいてきます)

 

DSC06737

露天風呂と言う表現が正しいのかわかりませんが、野外温泉温水プール。水温は36度ほど。

 

DSC06738

 

DSC06745

冬場は寒くてできそうにないですが、この巨大滑り台も面白そうです。

 

次回は、ファミリー向けと大人向けエリアのご紹介。「温泉」カテゴリもどうぞ。

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1769-e80e1d36