2015-03-17 08:27 | カテゴリ:温泉

前回から紹介が続いている、ウィーン市内の温泉施設「テルメ・ウィーン」。今回は、ファミリー向けと大人向けエリアのご紹介です。

 

●ファミリーエリア

 

小さい子供エリアはこんな感じで、人は多かったですが、ものすごく楽しめそうでした。

 

DSC06749_thumb[2]

 

 

DSC06742_thumb[1]

水遊びエリア。泳げない子供たちも思う存分楽しめます。

 

DSC06744_thumb[1]

巨大なウォータースライダーの出口。

 

●大人向けエリア

 

子供を預けて夫婦でのんびりしにきた私たちは、なるべくファミリーを避けて静かに過ごしたいところ。そのために下調べしていたら、こんな素敵なのを見つけました。

 

結局私たちは、巨大なプール施設を一回りした後は、この大人用の洞窟でゆったりと時間を過ごしました。

 

大人用浴槽は二つありました。一つ目は広めの四角い浴槽。

 

DSC06750_thumb[1]

 

二つ目は、洞窟のように細長い浴槽。

 

DSC06752_thumb[2]

 

どちらも入り口に「子供禁止」と書いてあり、中はとっても静かでのんびりできました。個人的には、この洞窟の一番奥(この写真の月当たりから更に左、右に曲がれますので、相当奥行きがあります)が、隠れ家の様でとてもよかったです。

 

このほかにも、別料金でサウナゾーンがありました。通常私は、温水プールは1時間ほどで切り上げて、サウナに行く事にしているんですが、この洞窟があまりに居心地よく、結局洞窟で2時間以上ゆっくり過ごしてしまいましたので、サウナまでは偵察できませんでした。

 

ここは全裸混浴サウナが普通のオーストリアにしては珍しく、女性専用、男性専用、混浴の三種類があるそうです。

 

と言うわけで、駆け足で「テルメ・ウィーン」をご紹介しました。最新の設備と、楽しい仕掛けで、ファミリー連れには絶対楽しいと思います。

 

子供の喧騒を忘れて、静かに過ごしたい大人の需要もしっかり満たしてくれて、水温はそれほど高くないながら(36度が最高)、ゆっくりつかればサウナ不要なくらい体が温まる、この洞窟温泉お勧めです。

 

帰りは、お肌がつるつるでした♪

 

「温泉」カテゴリも合わせてどうぞ♪

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1768-53415c0d