2015-03-07 07:29 | カテゴリ:映画

メアリーポピンズ絡みで「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr Banksを見てみました。

 

感想つぶやきをまとめておきます。

 

==

 

ちょこちょこ見てた「ウォルト・ディズニーの約束」やっと見終わった。いい映画だったなー。見てよかった。特にメアリー・ポピンズブームの今がタイムリー。

 

けど、これタイトルはSaving Mr Banksじゃないと、映画に期待するものが全然違うんじゃない?

 

第一、メアリー・ポピンズ知らずにこの映画見ても、三分の一くらいしか楽しめないんじゃないかな?あれだけ歌がいっぱい出てきたら、MP知らなかったら退屈じゃない?逆にMPの歌歌えるレベルなら、もう嬉しすぎるよね。2ペンスとか凧の歌とか聞こえてきただけで泣けるし。

 

トム・ハンクスとエマ・トンプソンとコリン・ファレルと運転手の人が素晴らしすぎ。トム・ハンクスもコリン・ファレルもそんなに好きじゃなかったけど、見直した。

 

トム・ハンクスは目の吊り上がったメイクしてて、イメージ変わったー。あの話し方も印象的。コリン・ファレルも存在感抜群!

 

あと、地味に作詞作曲兄弟がいい味出してたwあんな風にミュージカルって作曲したりするのねー。

 

デザイン画とか色々、作品のイメージを決める会議の内部が見れて面白かった。おじさんが子役の声やったり、楽しそうだな。あんなミュージカル作成現場に携われるなんて、一度経験してみたい!

 

しかし、MP映画も舞台も見てたから、初見でも小ネタわかったしクスッてできたけど、見てなかったり忘れてたりしたら見逃してたかもしれなくて、勿体なくなるところだったわ。

 

小ネタかなり色々面白かった。そしてペンギン!やっぱり重要でしょ!(笑)メリーゴーランド、桜の木などのモチーフも。

 

それでも、原作手元にあるけどまだ読めてない。原作→映画→Saving Mr Banks→舞台の順番で見たらよかったんだが、映画→舞台→Saving Mr Banks→原作の順番だとちょっとカオスかも。昔原作読んだ感じでは、映画の方が好きだった記憶があるけど。

 

正直ミュージカルなディズニー映画は好きだけど、ディズニーランドはそんなに燃えない(着ぐるみが苦手w)私としては、ディズニーランドに行って冷めてるトラヴァース夫人は結構共感できた。ディズニーランドに連れて行ってもらって気持ちが変わるのかと思ったら、きっかけはそれじゃなかったのね。

 

映画のバンクス氏とゴフ氏(パパ)はずいぶんイメージ違うけど、あの映画の堅物バンクス氏、結構好きだな。凧があそこまで重要アイテムだとは。映画はもちろんラスト凧だからいいけど、舞台は凧はそこまで重要じゃないのがもったいないな。原作読んでみなきゃだけど。

 

舞台の凧は2幕始めに軽く凧揚げする以外は、2幕後半バンクス氏が床に落ちてるのを拾ったりするんだったけど、どの場面だったかあまり覚えてない。銀行行く前だよね?で、帰って来てから子供部屋で家族4人集まって、凧をじゃじゃーんって出すだけだっけ?で、最後はMPが去っておしまい。うーむ。

 

Saving Mr Banksの映画見ても、トラヴァース夫人がそこまで映画版MPを気に入ってるとは思えないんだよね。あの映画見て、原作の続編の映画化は拒否し続けたらしいし、舞台化もイギリス人スタッフを使うように厳命したらしいし、そこまで出来に喜んでるわけでもなさそうかも。

 

けど、ウォルトが説得に押し掛けるところのシーンは素晴らしかった。あの場面でこの映画とMPの映画がすべて説明されてる。

 

あと、過去と現在と作成風景の3段構成が、個人的には結構好きだった。銀行の歌とパパの演説が重なるところがすごいよかった!けど舞台版は銀行の歌ないんだよね。。

 

あと、MPのモデルになったおばさん、セリフ一つ一つがMPそのままで、まじめなシーンなのに笑ったwSpit-Spot!とか有名なせりふオンパレードw

 

あとママの抱いてる赤ちゃんがうちの子と同じくらいで、苦労がしのばれたよ。。見た目がウィーン版のママと結構似てる。

 

舞台版MPのママは、映画みたいな活動家じゃなくて、元女優の主婦なの。で、調べたら、トラヴァース夫人も元女優。

 

トラヴァース夫人は父はアイルランド、母はスコットランド人で、オーストラリアに移住。父の死後22歳でイギリスへ戻り、叔母が育ての親なんだって。映画で、詩で賞を取ってたのも伏線だね。

 

あー。MP知ってれば知ってるほど、この映画色々小ネタや伏線があって面白い!もう一度最初から見直したいわ。そして原作読み終わったら、映画、舞台、原作、どれが一番好きか考えてみよう。

 

しかしディズニー映画ってどれもミュージカル的には大好きだけど、原作者になってって言われたら困ると思うわ。。だって、原作は枠組みになるくらいで、ストーリーは全然原作尊重してないんだもん。アナ雪でもリトル・マーメイドでもノートルダムでも。プーさんも原作の方が絵がかわいいし。

 

(ネタバレ)そうか、映画MPの前半の怖いパパは、守銭奴で厳しいウォルトのパパで、解雇されてからのパパはパメラ・トラヴァースのパパなのか。でもちろん、最後の凧揚げのパパは救われた二人のパパというわけ。

 

舞台MPでは厳しさも優しさも振れ幅が少なくて、キャラも薄いな。映画MPの方が極端で、パメラとウォルト二人の父親の両方を併せ持つMr Banksという側面がはっきりしていたと思う。

 

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1763-12a02c4a