2014-09-21 19:34 | カテゴリ:公演情報

前回、フォルクスオーパーの今シーズンのミュージカル公演予定をお知らせしましたが、今回はそのうちの新作「オズの魔法使い」のキャスト情報です。

 

 

これは楽しみ過ぎる!フォルクスオーパーのオズの魔法使い!!キャストも面白そう!

 

キャスト情報記事引用

===

Es spielen unter anderem Johanna Arrouas und Franziska Kemna alternierend als Dorothy, Robert Meyer und Boris Eder alternierend als Zauberer von Oz, Markus Meyer und Martin Bermoser alternierend als Löwen, Tante Em als Die Hexe des Nordens, Wolfgang Gratschmaier und Gernot Kranner alternierend als Onkel Henry, Peter Lesiak als Der Blechmann, Oliver Liebl als Die Vogelscheuche, Christian Graf als Die Hexe des Westens und Daniel Jeroma als Toto.

 

musical_insider: Volksoper Wien zeigt »Der Zauberer von Oz« http://www.musicalinsider.io/?p=5911

 

===


Johannaさんがドロシーなのもお似合いだし、オズの魔法使い役がロベルト・マイヤーとボリス・エダー(M!のシカネーダー)のWキャスト!ボリスの復活としては最高!Krannerさん(TdV教授)やPeter Lasiak(エリザ来日ラウシャー)もブリキ男役で出てるし!リピート間違いなしだね!

 

しかも、トト(犬)役に役者が付いてる。。ホンモノの犬使うわけじゃないのか。。(苦笑)

 

しかし、全く泣かず飛ばすで、モーツァルト!のあと、10年以上もミュージカル役者ですらなかったBoris Ederがここに来て突然の復活。個人的にはとっても嬉しい。去年のキスミーケイトでチョイ役やって存在感を見せたからか、オズでは超大御所ロベルト・マイヤーのセカンドとか!がんばれ!


フォルクスオーパーはほんと、実力も名声もあるのに、しばらく埋もれてた人を復活させるのが上手い!Falco Meets Amadeusでファルコ役だったAxel Herrigを拾ったのも、フォルクスオーパーのガイズアンドドールズだった。彼はその後自力で良作を掴んでる。

 

オズの魔法使いは12月6日に初日を迎え、12,1,2月と上演されます。

 

●あの人がフォルクスオーパーでオペレッタに主演!

 

さらに、フォルクスオーパーの今シーズンの公演予定を見ていたら、面白そうな公演が!

 

あの、ウィーン版ロミオ&ジュリエットでキレキレマキューシオを演じ、去年はキャッチミー・イフユーキャンでチャーミングな詐欺師を演じたRasmus Borkowskiが、フォルクスオーパーで主演します!

 

 

それも、作品はオッフェンバックのオペレッタ「パリの生活」Parieser Leben!!ミュージカルじゃないけどめちゃくちゃ見たい!!

 

こちらは来年2月に初日を迎え、2,3,4月と上演されます。

●フォルクスオーパーでミュージカルを見たくなったら?

 

ウィーンミュージカル専門店「ウィーン・ミュージカル・ワールドでは、フォルクスオーパーで上演中の作品(ミュージカルに限らず、オペラ、オペレッタ等も)の予約代行も承っております。

 

今シーズンのフォルクスオーパー上演作品リストはこちら

 

様々な角度から観劇し、フォルクスオーパーを知り尽くした私が、自信をもって最適なお席をお勧めさせていただきますので、自分で予約するのがご不安な方は、ぜひご利用ください。

 

 

 

しかし、フォルクスオーパーもっとキャストアルバム出して欲しいよー。サウンド・オブ・ミュージックと南太平洋くらいしかないし。。スウィーニートッドとローマで起こった不思議な出来事は、キャストからしてもCD出して、世界に素晴らしさを伝えるべきだよ!

 

 

サウンド・オブ・ミュージック 
オーストリア初演フォルクスオーパー版CD

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1710-14bb982a