2014-10-09 22:51 | カテゴリ:古城巡り

前回の続きで、ウィーンの森の古城「リヒテンシュタイン城」の内部のご紹介です。

 

こんな扉を通って上に上がって行くと。。

 

IMG_6020_thumb[3]

 

景色のいいテラスに出ました!

 

IMG_6022_thumb[1]

 

ウィーンの森が一望できてしまう、素晴らしい眺望です。

 

アーチの装飾のディテールも細かく、リヒテンシュタイン家のこだわりが垣間見れます。

 

最後に、城のハイライト!とても珍しいルネサンス様式のチャペルを見せてもらいました。

 

 

17世紀に破壊され、19世紀に修復されている城なので、上でご紹介した部分は、ロマネスク様式を保ってはいますが、修復された部分です。それに対して、このチャペルは、中世の時代から使われているものです。

 

入り口ホールかから左に曲がると古いチャペルがあります。

 

IMG_6040_thumb[3]

 

この城はヨーロッパでも数少ない12世紀のロマネスク様式の城塞建築で、城の基礎部分やチャペルに12世紀の様式が残されています。

 

チャペルはとても小さく、後ろ側はこんな感じで木の階段が付いています。

 

IMG_6042_thumb[3]

 

ディテールも中世らしく、少しかわいい感じすらします。

 

IMG_6048_thumb[5]

入り口右側の、聖水を入れる部分。

 

また、城を下からよく見ると、中世の基礎が残っている部分と、修復した部分の差がよく見えます。

 

IMG_5942_thumb[1]

 

城の基礎部分の、ごろっとした石垣は中世のもので、その上に立つつるっとした医師の部分が修復された部分ですね。

 

これで、内部のガイドツアーはおしまいです。最後は、このゴツイ門を通ってお城とお別れです。

 

IMG_0042_thumb[2]

 

 

★内部見学のご案内

 

というわけで、長らくご紹介してきたリヒテンシュタイン城ですが、現在内部見学はガイドツアーのみ可能です。ガイドツアーは夏場の10時から16時まで毎時で、かなり人気のようです。言語はドイツ語ですが、英語でも可能ですし、多国語の説明文を取り揃えています。

 

ガイドツアーの他に、演奏会や演劇祭の会場となることも多く、ナイトツアーや子供向けのツアーなど、内部の紹介にも力を入れています。

 

★古城の現在の利用法

 

というわけで、私がとっても注目している、「古城の現在の活用方法」としては、結構活動を頑張っている方だと思いますよ。

 

過去に別の管理人が管理していた頃は、「中世騎士ディナー」と称してどんちゃん騒ぎの会場に使われたことや、危険なので閉鎖されていた時代もあったと聞きました。

 

今の管理人さんは、この城をとても愛していて、修復に力を注いでいるだけでなく、演劇祭を招致したり、博物館を整備したり、子供向けのイベントを週末に開催したりして、がんばっています。(この城では独自にハチ箱を持っていて、ハチ箱で取れたハチミツの販売なんかもしています。)

 

★まとめ

 

というわけで、このお城の素敵なところを、もう一度まとめておきますね。

 

・リヒテンシュタイン公爵家の出自の城。

・映画「三銃士」のロケ地になった。

・もう一つのロケ地で、中央ヨーロッパ最大の地下湖ゼーグロッテから10分。

・皇太子ルドルフの心中で有名なマイヤーリンクもここから15分ほど。

・本物の中世のロマネスク様式と、修復後の両方の姿が見られる。

・とにかく見た目がかっこいい!(笑)

 

この記事で、このお城に興味を持った方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度訪れてみてください♪

 

取材、グループツアーなどで、管理人に直接コンタクトを取りたい方は、私宛にご連絡を頂けても対応可能です(WienMusical@gmail.com )

 

オフィシャルサイトはこちら→Liechtenstein Castle - Welcome (英語とドイツ語。日本語サイトもそのうち作るかもしれません)

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1702-f98dc295