2014-08-18 06:26 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド

そろそろ宝塚の方でエリザベートが再演される頃なので、ウィーン・ミュージカル専門店ウィーン・ミュージカル・ワールドでお取り扱いしている、「エリザベート」関連商品を一気にご紹介します。

 

 

 

まずは、ショップの「エリザベート関連カテゴリ」へのリンクをご紹介します。商品の種類が多いので、4つにカテゴリわけしています。

 

エリザベート:CD,DVD,楽譜

エリザベート:公演グッズ

エリザベート:プログラム,書籍

エリザベート:アクセサリ

 

今日は、現時点で発売されているエリザベートのドイツ語圏のCD&DVDについて、時系列にご紹介します。これから作品の予習される方にもわかりやすく、作品の大ファンで大多数のCDをお持ちの方にはマニアック心を刺激する、ちょっとワクワクする記事です♪

 

まずは基本中の基本。ウィーン初演版(1992年)のキャストアルバムです。

 

エリザベート ウィーン初演1992年版キャストアルバムCD

 

ウーヴェ・クレーガーピア・ダウエスと、現在でもドイツ語圏の第一線で活躍するミュージカルスターがトートとシシィ役を演じた、伝説的な初演版です。ルドルフはアンドレアス・ビーバー、ルキーニはイーサン・フリーマンです。

 

昔からのファンの方は、このCDを擦り切れるまで聞いた方も多いでしょう。スタジオ録音ハイライト版です。

 

この初演版は非常にロングランしましたので、1996年にもう一度全曲収録ライブ盤が発売されています。

 

エリザベート ウィーン1996年版全曲ライブCD <2枚組>

 

こちらには全曲分の歌詞カードも付いて非常にお得だったんですが、既に廃盤になり、新品での入荷は非常に難しくなっております。ご希望の方は、中古での入手が可能な場合がございますので、お問い合わせください。

 

 

次は、ウィーンでの公演が終わり、ドイツのエッセンで上演された時のキャストアルバムです。

 

エリザベート エッセン2001年版キャストアルバムCD

 

こちらも初演キャストと同じウーヴェ・クレーガーとピア・ダウエスのコンビで、スタジオ収録ハイライト版となっています。ルドルフはヤスパー・ティデン、ルキーニはカーステン・レッパー。

 

このCDで初めて「私が踊る時」Wenn ich Tanzen will が新曲として追加されました。

 

 

また、2002年にウィーンで、エリザベート初演から10周年を迎え、コンサートが行われた時のCDがあります。

 

 

エリザベート ウィーン10周年記念ガラコンサートライブCD

 

当時のエリザベート歴代キャストをそろえ、オーストリア、ドイツ以外に、日本やハンガリーからもキャストが駆けつけました。(日本からは一路真輝)。珍しいアレンジや組み合わせの歌も楽しめ、ファン必聴の一枚です。

 

 

次に、ウィーンで2003-2005年に再演された時のCDが2種類発売されています。

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

エリザベート ウィーン再演2005年版 全曲ライブCD <2枚組>

 

上がスタジオ収録ハイライト版、下が全曲収録ライブ盤となっていますので、お好みでどうぞ。

 

キャストはシシィがマヤ・ハクフォート、トートがマテ・カマラスと、日本に来日したメンバーですのでお馴染みの方もいらっしゃるかもしれません。ルキーニはどちらもセルカン・カヤが演じていますが、ルドルフのみキャストが異なります。

 

上の2004年版のルドルフは、来日公演でもおなじみルカス・ペルマンですが、下のCDが収録された2005年には別の舞台に出ておりますので、フリッツ・シュミットがルドルフを演じています。ルカスの声を聴きたい方は青いほうがお勧めです。(赤い方は舞台版DVDの音声を切り出したものです)

 

 

そして、2005年にウィーン再演版が閉幕した後、ドイツで再びツアー公演がありました。その時のキャストアルバムがこちらです。

 

エリザベート ドイツ2011/2012年ツアーキャストCD<2枚組>

 

こちらのキャストは、ウィーン再々演キャストとほぼ同じですので、どちらかといえば、次のウィーン2012年版をお勧めします。メインキャストで異なるのは、ルドルフ役のオリヴァー・アーノとなっています。

 

 

そして、2012年から2014年に、20周年記念を兼ねて、エリザベートはウィーンで再々演されました。その時のキャストアルバムがこちらです。

 

エリザベート ウィーン2012年新キャスト版 全曲ライブCD<2枚組>

 

再々演のロゴは紫に黒い扇。公演グッズなどもこのカラーで統一されていますね。

 

キャストは、トート役にマーク・ザイベルト、シシィ役にアンネミーケ・ファン・ダムと、こちらも来日した人気メンバー。ルキーニはクロシュ・アバッシ、ルドルフはアントン・ツェッターホルムとなっています。

 

このCDで初めて「愛と死のロンド」Kein Kommen Ohne Gehenが新曲として収録されています。

 

現在発売されているエリザベートのCDでは、こちらが最新となります。

 

 

●エリザベートDVDはこれで決まり!

 

ウィーン版エリザベートのDVDは、再演版が2枚組みと3枚版コレクターズエディションと2種類発売されています。

 

エリザベート ウィーン2005年版DVD <2枚組DVD>

 

エリザベート ウィーン2005年版 コレクターズエディションDVD <3枚組DVD>

 

断然おすすめなのは、3枚組みの方!装丁が豪華なのと、3枚目のボーナスディスクの内容もとっても充実しています。

 

そして、ウィーン版DVD買うかどうか迷ってる方!これは必見中の必見です!!!

 

何より、初演と再演の会場となり、ウィーンミュージカルファンの心の家ともいえる、アン・デア・ウィーン劇場での「エリザベート」です。

 

あのすばらしい演出と衣装が、永久にDVDの形で残ってくれて、ファンとしては(特に再演ファンの私としては)、とてもうれしく思っています。

 

 

●初心者の方へのオススメ!

 

沢山紹介しましたが、これから初めてエリザベートを見る、もしくは、公演を見たばかりで本場の曲を聴いてみたい!という方へのお勧めCDは?

 

とにかく、主要な歌だけ聞いてみたいという方は↓

 

エリザベート ウィーン初演1992年版キャストアルバムCD

 

やはり、昔からの定番キャストです。私も初めてウィーン版の最初の曲を聴いて鳥肌が立ったのを思い出すと、こちらをお勧めせざるを得ません。

 

全曲通して聞いてみたい!という方は↓

 

エリザベート ウィーン2012年新キャスト版 全曲ライブCD<2枚組>

 

最新キャストアルバムです。全曲収録で、初演時にはなかった「愛と死のロンド」(ウィーン版ではデュエットです)や「私が踊る時」も収録され、現時点で一番曲数も多いCDとなっています。

 

そしてもちろん、再演版DVDは絶対外せません。

 

エリザベート ウィーン2005年版 コレクターズエディションDVD <3枚組DVD>

 

日本で上演されている演出とは全く違った、度肝を抜かれるウィーン版の演出は、一度目に焼き付けておいてください。地面が8分割して空中で回転する装置は、百聞は一見にしかずです!

 

●エリザベートファンの方へのお勧め!

 

既に何枚かCDを持っていて、次はどれを買おうかなー、という作品ファンの方は、この10周年記念コンサートなんていかがでしょう?

 

エリザベート ウィーン10周年記念ガラコンサートライブCD

 

あと、個人的に私がとっても思い入れがあって好きなのは、再演キャストのハイライトCDです。マヤさんシシィがとっても魅力的な上、ルカスのルドルフが聴ける唯一のCDですので、もしお持ちでなければぜひ聞いてみてください。

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

そしてファンの方なら、再演版のDVDはお持ちですよね。伝説のアン・デア・ウィーン劇場では最後となる再演の公演を全編映像で楽しめるのは、本当にファンにとってはありがたい話です。

 

エリザベート ウィーン2005年版 コレクターズエディションDVD <3枚組DVD>

 

 

そのほかにも、当店では、公演グッズ、過去のウィーン公演のプログラム、雑誌の特集号、「シシィの星」の髪飾りなども取りそろえ、本場ウィーンのものなら何でも手に入ります。お気軽にお問い合わせください。

 

Eligoods.jpg

 

★関連記事

WMW:エリザベートのプログラム勢ぞろい!

「エリザベート」特集ミュージカル雑誌入荷しました

エリザベートグッズでなりきりで遊んじゃおう!「ルキーニのヤスリ」「シシィの扇と手鏡」

エリザベート公式グッズでなりきり!「最後通牒の羽ペン」「シシィの星の髪飾り」

(関連記事に登場するグッズは、既に売り切れたものもございますので、ご了承ください)

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1693-05684195