2015-01-09 23:07 | カテゴリ:記事紹介

今回の記事では、阪急交通社の現地情報ブログに隔週で執筆している記事を紹介しますね。

 

今日紹介する記事は2013年11月前半に掲載された、ザルツブルク版「サウンド・オブ・ミュージック」の記事です。阪急の方にもミュージカル記事が時々登場してますね(笑)。UweとWietskeのトラップ大佐とマリアが素敵でした。

 

=====

 


 
ザルツブルクと言えば、モーツァルトの生まれ育った地である他に、有名なミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となったことでもよく知られています。 ザルツブルクのシンボル、ホーエンザルツブルク城。手前のドームは大聖堂。 この映画、日本やアメリカでは知らない人はいないと言ってもいいくらい有名で、「ドレミの歌」や「エーデルワイス」などの歌も聞いたことがある人は多いで...  (続きはリンク先記事へ)

 
=====

 

AT_20131101_1.jpg

劇場の前からザルツブルクがこんな風に見えます。

 

AT_20131101_4.jpg

劇場は古風でいい雰囲気。席はなんと最前列ど真ん中でした。

 

=====

 

オーストリア/本場(?)ザルツブルクで観る「サウンド・オブ・ミュージック」



 

=====

 

最新記事の更新は月2回「阪急交通社ブログ現地情報オーストリア」記事にて。2014年8月以前のバックナンバー旧ブログの「オーストリア」記事へどうぞ。

 

関連記事:

 

 

サウンド・オブ・ミュージック オーストリア初演フォルクスオーパー版CD

 

サウンド・オブ・ミュージック ザルツブルク版CD

 

応援クリック ありがとうございます!

 


ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1689-9be0f7aa