2014-11-25 06:31 | カテゴリ:記事紹介

しばらく通常のブログ更新ができないので、過去記事紹介が続きます。その間に、阪急交通社の現地情報ブログに隔週で執筆している記事を、随時紹介していきますね。

 

今日紹介する記事は2013年6月後半に掲載された、オーストリア出身の芸術家で建築家のフンデルトヴァッサーが設計した、教会のご紹介です。ウィーンから離れたところにありますので、この記事で訪れた感じを味わってみてください。結構奇抜な教会です。

 

=====

 

























 
親日家としても有名な、オーストリア人芸術家で建築家のフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(Friedensreich Hundertwasser)。ウィーンでは、シュピッテラウのごみ焼却場やフンデルトヴァッサーハウス、クンストハウス・ウィーンなど、直線を使わない特徴的な建築が随所に見られます。日本では、大阪のごみ焼却場が彼のデザインによるものとして有名です。 彼の建築...  (続きはリンク先記事へ)

 
=====

 

AT_20130602_1.jpg

こんな変わったデザインの教会です。親日派のフンデルトヴァッサーらしく、日本らしいデザインが所々に見られます。

 

AT_20130602_6.jpg

洗礼盤にもカラフルなステンドグラスが映ります。

 

=====

 

オーストリア/フンデルトヴァッサー建築
聖バルバラ教会



 

=====

 

最新記事の更新は月2回「阪急交通社ブログ現地情報オーストリア」記事にて。2014年8月以前のバックナンバー旧ブログの「オーストリア」記事へどうぞ。

 

関連記事:

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1680-d527ce84